UNEVEN BLOG

イベントのお知らせと本日の入荷(2014.01.10)

2014年1月11日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

あけましておめでとうございます。 
 

本年も宜しくお願いいたします。 
 

早速ですが今年一発目となる「Sample Preview」のご案内をさせて頂きます。

日本でかつて当たり前にあった人と自然が有機的かつ生産的な繋がりを持った空間。村落共同体と自然環境が存在し、人間が周りの環境に働きかけその生活から生み出される知恵や技術をベースとした永続可能なコミュニティ文化を持つ日本型パーマカチャーである「Satoyama(里山)」をイメージしたコレクション。ミリタリー、ワーク、また日本のトラディショナルをベースに構築。里山でとれる藍染め、テーチ木染め、泥染めなどの草木染めを多用し、将棋の駒やくしなどに使われるツゲで作ったウッドボタン、屋久杉の樹皮を使った迷彩柄も登場。今期よりコレクションラインに当てはまらないアイテムを展開する「HAGUREMONO」ラインをスタート。
 
「SASQUATCHfabrix Sample Preview 2014 SS Satoyama Woodland Guardian」
 
※1月11日(土曜日)
 

※1月12日(日曜日)
 

※1月13日(月曜日)
 

※1月14日(火曜日)
 

上記の4日間で今期入荷する「SASQUATCHfabrix」春夏商品のサンプルを店頭にてご覧頂けます。全体の雰囲気や「SASQUATCHfabrix」の世界観、作り手の気持ちをじっくりと感じて頂ける機会になればという企画です。すでに入荷済みの秋冬新作商品も合わせてご紹介致しますのでお楽しみに。※当店における「Sample Preview」とは一足先に春夏商品サンプルを確認して頂けるフィッティングイベントです。予約等は一切行っておりません。
 

ここからは新作入荷商品をご紹介致します。
CURLY
一貫したもの作りを目指し、2009AWからスタートしたカットソーブランド。全アイテムにニット地を使用し、カットソーの持つ着心地の良さを生かし様々なアイテム作りにチャレンジしています。デザインからパターンカッティングをアトリエで、生産は可能な限り1967年より続く自社工場で行われ、ぶれないアイテムを創り出している姿勢に注目しています。


「CURLY」 TRACK JACKET 税込み19950yen
ブランド立ち上げ時からマイナーチェンジを加えリリースし続ける定番アイテム。極力ステッチを表に見せない事で素材の持つ柔らかさを活かしたデザイン。Tシャツと同じ縫い方なので縫い糸の張りが無くストレスフリーな着心地。本切羽や前振りに付いた袖などテーラードジャケットのディティールを取り入れながらも、素材の落ち感はカットソーならではのモノ。体にフィットするシルエットも特徴です。(NAVY、BLACKの2色展開)
「CURLY」 TRACK TROUSERS 税込み16590yen
裾にかけてテーパードのかかったスッキリシルエット。ジャケット同様、Tシャツと同じ縫い方なので縫い糸の張りが無くストレスフリーな履き心地。1930年代以前のトラウザーズにみられるバックヨークもポイント。(NAVY、BLACKの2色展開)
 

Bukht
「bukht 2014 SS」 インド/カシミール地方の異色な文化に想いを寄せたコレクション。元イギリス植民地の名残からか、隣接するパキスタンの影響か、文化に独自の流れがあるカシミール。建築物、町並みはイメージの中にあるインドと重ならず、どこかヨーロッパの様な赤レンガ、彫刻が施された木の窓枠。まるで物語の中に迷い込んだ様な、不思議な魅力に溢れた町。

「bukht」 CRAZY FISHERMAN’S 7G COTTON 税込み25200yen
今期もお勧め致します。クレイジー編み切り替えのクルーネックフィッシャーマンニット(コットン100%春夏版)。計算された編みパターンの配置と、若干ゆったりめのラフな仕上げが特徴。上下配色(BLACK×OFF WHITE)が潔い一枚。
 

dekoboko
私たちは主にファッションとライフスタイルを提案し、作り手と売り手、買い手の豊かなコミュニティ創造をテーマにお店を運営しております。その根底には地域のファッション文化発展への貢献という想いがございます。自ら作り手に会いに行き、情熱を持って話し合い、より良い商品やデザインを求めていく作業は、海外も、国内も、ローカルでもプロセスは同じだと考えます。そんな中、ローカルで埋もれる「真っ白で正直なプロダクツ」をお店で取り扱いお客様に自信を持ってお勧めしたい、、、そんな純粋な気持ちから「凸凹空間」プロジェクトは始まりました。作り手の話に耳を傾け尊重し、素材の良さを最大限引き出したデザインを心がけ、楽しみながら生まれた商品の良さを情熱を持って伝える。地理的な距離は関係無く、作り手の心と売り手の心、そして買い手の心の距離間こそが、真の意味でのローカルだと気付くプロジェクトです。

「凸凹空間」 quotidienオリジナルブレンド(愛知県江南市) 税込み735yen
愛知県江南市にてキッシュを中心としたテイクアウト専門店「quotidien」のオリジナルブレンドコーヒー。チョコレートの様な柔らかいコクと豊かな風味が特徴。「AeroPress」用に中挽きで挽いてありますので、お早めにお召し上がり下さい。(内容量 100g)
 

「凸凹空間」 木工/革用ミツロウクリーム(沖縄県名護市) 税込み2625yen
沖縄県名護市を拠点に活動している三浦さんはミツバチを飼い蜜蝋を生産しています。その蜜蝋(沖縄やんばる産)と白ゴマ油をベースに作られた万能クリーム。流木に塗り込めば木目が美しく浮かび上がり、革製品に塗り込めばしっとりと柔らかい手触りに。もちろん天然成分のみで作られていますので、アメリカ製ビーズワックスのような嫌な匂いはしません。人柄も含めて正直なグッドプロダクツです。
 

こちらも久々の入荷です。

「SendUP」 Glass Incense Burner 税込み7980~10500yen
センドアップのインセンスバーナーは、筒状の耐熱ガラスにお香を入れて使用する為、周囲に灰が飛び散ることがありません。また従来品では考えられない、とても不思議な煙の出方をします。使用されているガラスは、ボロシリケイトという耐熱ガラス。約2500℃の炎の中で職人がひとつひとつハンドメイドで金やシルバーなどを吹き付け、独特なデザインに仕上げています。金が吹き付けてある部分はピンク色に見え、銀が吹き付けてある部分は薄い黄色または青色に見えます。それらの色合いは、お香立てを置く場所、背景色などによって雰囲気を変えます。また使い続けるうちに内側が汚れ、ガラス自体の色が変色して見えるようになります。何か物を磨くように、何度もお香立てを使用し&汚し自分だけのお香立てを作り上げていく過程をお楽しみ下さい。
 


「SendUP」 Glass Incense Case 税込み1890yen
お香は過度の乾燥や、直射日光を浴びることで香りが弱まってしまいます。このお香ケースは遮光性のあるガラス製なので、お好きなお香を長時間保存する事が可能です。本体は約30cmありますが、ふた用コルクが差し込まれるので、約29cm以下のお香が入れられます。長いお香の場合、スティックの部分を切って入れてください。お香の太さによって異なりますが、約30本のお香が収納可能です。
 

という内容です。
 

今月は「Sample Preview」が続くので、ざっくりとした1月の予定をお知らせいたします。また予定が変更がある場合もございます。ご了承下さい。
 

※1月11日土曜日~1月14日火曜日 「SASQUATCHfabrix」 Sample Preview
 
※1月17日金曜日~1月20日月曜日 「FACETASM」 Sample Preview
 
※1月25日土曜日 「White Mountaineering」 2014SS 立ち上げ
 

※1月31日金曜日~2月4日月曜日 「SUNSEA」 Sample Preview 
 
となります。
 

今週末は寒くなりそうですが三連休をお楽しみ下さい。では店頭にてお会いしましょう。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

Trackbacks

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 10
  • uneven events