UNEVEN BLOG

イベントのお知らせと本日の入荷(2013.09.27)

2013年9月27日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

先週から開催している「感性と直感、第6感にアプローチする物作り展」ですが、店頭のディスプレイも整え、新商品を追加し、充実した企画展となっております。
 

この機会にお二人の「物作り」と「世界観」を感じてみてくださいね。

情報飽和と言われるノイジーな現代社会の中で、本来人間が持っている直感や第6感にアプローチする、正直で「くもり」や「くるい」の無いプロダクツ。作り手や売り手の「気持ち」や「思い」が乗ったプロダクツ。ビジネス優先の「作り方、広め方、売り方」ではなく、好きな人達と、好きな時、好きな場所で、最善だと思う形でデザインし、関わり合う人達と尊重し合う中で生み出されるプロダクツ。コンテンポラリー(現代的)でもあり、トラディショナル(伝統的)でもあり、アーティスティック(芸術的)でもあり、ファッショナブル(お洒落)でもある、そんな「ファッション」と「クラフト」と「アート」が重なり合うプロダクツ。
 

そんなモノが集まり、それを見抜くお客様がゆるく集まるコミュニティイベント。
 

「感性と直感、第6感にアプローチする物作り展」 9月21日土曜日~ 
 

「THE DAWN B」 長年、「SASQUATCHfabrix/Wonder Worker Guerrilla Band」として活動を続けてきた荒木氏が、東京から福岡に拠点を移して得た視点で、今後日本においての「暮らしの覚醒」というテーマを掲げて立ち上げたプロジェクト。

「AUGUSTE-PRESENTATION」 デザイナー大野氏は現代における衣服デザインの本質を見つめ直し、日々の生活の中で発見する昨日の自分と今日の自分の相違性をデザインに反映させ、新たな衣服の価値観を創造しています。


この企画展の焦点は「作り手の気持ちが乗ったプロダクツ」です。この「作り手の気持ちが乗ったプロダクツ」というキーワードの持つエネルギーは素晴らしく、また美しく、正しく、力強い。作り手や僕ら、またお客さまを含めたコミュニティの損得を超越し、寄り添いあう事ができる。そんな期待感を感じさせます。
 

※ディスプレイ空間演出はボトルガーデン作家の「imo market」が手掛けています。
 
ここからは新作入荷商品のご紹介です。
White Mountaineering
「White Mountaineering 2013A/W」 Pitti Immagine Uomoに招待を受け、イタリア・フィレンツェにて海外初のショーを開催。ブランドコンセプト「服を着るフィールドは全てアウトドア」に基づき、テーマは「White Mountaineering」という設定。
「White Mountaineering」とは何か。登山ウェアを想像させる言葉にはこのような意味がある。「洋服を着るフィールドは全てアウトドア」 山や海だけではない、街も含めたあらゆる場所。ミラノ、フィレンツェ、パリ、ロンドン、NYに東京、どこでも。アウトドアウェアのもつ素晴らしさを引き出し、新しい価値観をどう植えつけるか、ずっと考えてきた。今シーズンのテーマはブランドコンセプトそのもの。ネイビー、グレー、カーキ、ベージュはユニフォームのベーシックカラー。そのベーシックカラーにレッド、オレンジ、グリーン、ブルーをあわせることがアウトドアウェアのベース。私たちは基本に忠実に新しい形のウェアを提案します。

「White Mountaineering」 GORE-TEX POLYESTER TAFFETA LUGGAGE DOWN JK 税込み98700yen 
 


「White Mountaineering」 WINDSTOPPER JAZZ NEP CLOTH QUILTED DUFFLE COAT 税込み78750yen 
 


「White Mountaineering」 MEMORY WEATHER MICRO PEACH QUILTED SHIRT BLOUSON 税込み39900yen 
 

WHOWHAT
「WHOWHAT」 デザイナー 中川純子。ダンスパフォーマンスを学ぶ為に上京後、舞台美術制作会社、アクセサリー制作会社などに所属。1997年アクセサリーブランドとして同ブランドを立ち上げる。1999年頃からはUAなどの衣装制作やスタイリングを手がけながら「SHANTii」メンバーとして加わる。現在もWHOWHATとして定期的にコレクションを開催し、クリエイティブな活動を続けています。


「WHOWHAT」 MIX KURURIN SWEATER 税込み50400yen
ソフトタッチのミックス糸を使用した手編みロールネックセーター。ざっくりとした編地と何とも言えないカラーリングが絶妙のユルさを演出。結構なボリューム感です。 
 


「WHOWHAT」 AFTER PARTY SHIRT 税込み26250yen
しっかりとしたシャツ地を使用して仕立てられたデザインシャツ。その名も「アフターパーティシャツ」。前身のドレープ感と左袖のアンバランスな袖丈が着乱れ感を表現しています。複雑なパターンを上手くボディに乗せた渾身の一枚。 
 

「the Sakaki 2013 A&W COLLECTION」も順調に立ち上がっております。
SAKAKI

「the Sakaki」 COAT 税込み78750yen
オリジナルのウール地にて展開されるソフトな質感のガウンコート。ブランケットステッチや脇部分のドローコード、衿裏の生地変え等、見所満載な一枚。ゆったりとしたリラックスシルエットも特徴です。
 



「the Sakaki」 JACKET 税込み63000yen
同じくオリジナルのウール生地を使用したダブル風ジャケット。思い切った断ち切り使いとふわっとした独特の生地感が特徴。若干着丈長めですが、よく体にフィットするグッドシルエットな逸品。
 



「the Sakaki」 theBang-002 V L/S 税込み13650yen
定番的にリリースしている「theBang」シリーズ最新作。天竺素材のチェック生地を使用し、さらりとした気持ち良い着心地を実現した一枚。着丈と袖丈は長め、身幅はジャストフィットなシルエット。首元の「ツマミ」も気の利いたデザイン。
 

UNUSED

「UNUSED」 US0704 税込み75600yen
独特の毛玉感が特徴となるイタリア製ウール生地を使用したフード付きダブルジップ/ロングコート。フード部分はファスナーにて割る事も可能。
 

SAS13SS
「SASQUATCHfabrix 2013 AUTUMN&WINTER “digable planets”」
ファッションはどうしても歴史と縁を切ることができません。この地上における生活の歴史、それが地層のように積み重なって”名残”として散らばっているのです。縄文時代、聖地として祭事を行っていた場所に、現在の寺や神社が建っていると言います。その周りに花街ができ、それがいわゆる繁華街となっています。花街には歌舞伎者が集まり、そこはストリートファッションの発祥になったと言えましょう。その昔、古墳があった跡地。そこは森林や公園に姿を変え今も存在しています。都会のビルの隙間や屋上には、鳥居や小さな祠が今もひっそりと残されています。このように積み重ねられた歴史が、現在の土地に”名残”として記されているのです。つまり現在にあるものは決して突然現れたのではなく、その名残を掘り起こしてみると、そこには祖先たちの知恵や経験、生活や思想の歴史が積み重なっているのです。衣服にも積み重なった歴史の地層があるのです。暮らしを守るための藍染め。虫を寄せつけないと言われ、野良着やモンペなどにも使われてきました。戦うために作られた軍服、あらゆる風土の下で生み出された民族服。そのようなディティールや機能は必要なくなった今でもファッションの中に”名残”として記されています。もし歴史が後ろに控えていなかったら、私たちは何一つ上手に作ることはできないでしょう。地層に眠る”名残”を掘り起こし、進化させること。

「SASQUATCHfabrix」 DIGABLE SILHOUETTE PANTS 税込み37800yen
ストレートシルエットの裾口を少し広げたノスタルジックなフレアシルエットのコーデュロイパンツ。若干短めの丈と腰周りの複雑なディティールに心躍る一本。
 

NUGGETS

「NuGgETS」 Reversible Hoodie 税込み23100yen
リバーシブル仕様のジップアップパーカー。表面はシンプルな単色/生地は縦使い、裏面はリバースウィーブ仕様/サイドとフード部分は配色/生地は横使いという、よく見て欲しい手の込んだ一枚。
 

という内容です。
 

今週末の入荷予定も多々ございます。ぜひ一度ご来店くださいね。
 

イベントのお知らせ(2013.09.20)

2013年9月20日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

※9月24日に記事追加更新しました。 
 
明日9月21日土曜日より、自分達も楽しみにしていたイベントが始まります。
 
僕たちが常々注目しているお二人の「今」を紐解く大型企画となっております。

情報飽和と言われるノイジーな現代社会の中で、本来人間が持っている直感や第6感にアプローチする、正直で「くもり」や「くるい」の無いプロダクツ。作り手や売り手の「気持ち」や「思い」が乗ったプロダクツ。ビジネス優先の「作り方、広め方、売り方」ではなく、好きな人達と、好きな時、好きな場所で、最善だと思う形でデザインし、関わり合う人達と尊重し合う中で生み出されるプロダクツ。コンテンポラリー(現代的)でもあり、トラディショナル(伝統的)でもあり、アーティスティック(芸術的)でもあり、ファッショナブル(お洒落)でもある、そんな「ファッション」と「クラフト」と「アート」が重なり合うプロダクツ。
 

そんなモノが集まり、それを見抜くお客様がゆるく集まるコミュニティイベント。
 

「感性と直感、第6感にアプローチする物作り展」 9月21日土曜日~ 
 

「THE DAWN B」 長年、「SASQUATCHfabrix/Wonder Worker Guerrilla Band」として活動を続けてきた荒木氏が、東京から福岡に拠点を移して得た視点で、今後日本においての「暮らしの覚醒」というテーマを掲げて立ち上げたプロジェクト。

「AUGUSTE-PRESENTATION」 デザイナー大野氏は現代における衣服デザインの本質を見つめ直し、日々の生活の中で発見する昨日の自分と今日の自分の相違性をデザインに反映させ、新たな衣服の価値観を創造しています。


この企画展の焦点は「作り手の気持ちが乗ったプロダクツ」です。この「作り手の気持ちが乗ったプロダクツ」というキーワードの持つエネルギーは素晴らしく、また美しく、正しく、力強い。作り手や僕ら、またお客さまを含めたコミュニティの損得を超越し、寄り添いあう事ができる。そんな期待感を感じさせます。
 

※ディスプレイ空間演出はボトルガーデン作家の「imo market」に協力して頂きました。
 

ここからは新作入荷商品を駆け足でご紹介致します。(以下9月24日追加しました)
SUN

「SUNSEA」 Klimt Sweater 税込み37800yen
クルーネックのロングニット。サイドには深めのスリットとスルーポケット。どことなくインド風なリラックスして着る一枚。
 


「SUNSEA」 Knit Baseball Cap 税込み9450yen
あえて張りも無くした緩めニットキャップ/ベースボールキャップ型。ホールガーメントにて作られる独特の形状にも注目です。
 


パタンナーとして様々なブランドの服作りを経験し、実力のあるブランドであること。凄い速さで進化する東京のファッションシーンにおいて自分らしい「デザイン」、「抜け感」と「空気感」を表現できるブランドであること。という理由で今期もプッシュしています。


「URU」 13FUC04B 税込み23100yen
クルーネック/プリント入りスエット。ボディとプリントの配色が何とも「URU」らしい。脇のスリット+シェルボタンというディティールにも注目。
 



「URU」 13FUK03 税込み27300yen
カラーリングが独特の存在感を放つシルク100%のクルーネックニット。上品な素材感を生かしたシンプルなディティールでフィニッシュした意欲作。
 


「URU」 13FUM02 税込み12600yen
非常に柔らかいアルパカ/アクリル素材を使用したボンボン付きニットキャップ。こちらも「URU」らしいカラーリングで登場です。
 

WHOWHAT
「WHOWHAT」 デザイナー 中川純子。ダンスパフォーマンスを学ぶ為に上京後、舞台美術制作会社、アクセサリー制作会社などに所属。1997年アクセサリーブランドとして同ブランドを立ち上げる。1999年頃からはUAなどの衣装制作やスタイリングを手がけながら「SHANTii」メンバーとして加わる。現在もWHOWHATとして定期的にコレクションを開催し、クリエイティブな活動を続けています。


「WHOWHAT」 REVERSIBLE CUT SEW 税込み23940yen
起毛した毛足長めのニット素材とカットソー素材をリバーシブル仕様に編集した一枚。若干長めの袖はロールアップがお勧め。 
 


「WHOWHAT」 PUZZLE DENIM 税込み39900yen
パターン数全35パーツにて構成される細身のストレッチデニム。様々なディティールがミックスされ、さらに90度回転という作り手の苦労がにじみ出た一本。 
 

AL13AW
「ALLEGE」 Designer:山口 亮 2011S/Sにスタート。いつもの生活の中にある日常着の可能性を追求。クローゼットの中にいつもあるような普遍的なアイテムを考え、着た人の個性に洋服の個性を加えた時に、自然とプラスになるような洋服作りがコンセプト。

「ALLEGE」 Soutien caller coat 税込み63000yen
ライトメルトンを使用したシルエットの美しいAラインコート。衿部分の生地変え/コットンブロードも非常に上品な仕上がり。着用時の収まりが◎。
 

UNUSED

「UNUSED」 US0729 税込み51450yen 
 


「UNUSED」 UW0297 税込み29400yen 
 


「UNUSED」 US0732 税込み38850yen 
 


「UNUSED」 UW0298 税込み36750yen 
 



「UNUSED」 UW0301 税込み27300yen 
 

SAS13SS
「SASQUATCHfabrix 2013 AUTUMN&WINTER “digable planets”」
ファッションはどうしても歴史と縁を切ることができません。この地上における生活の歴史、それが地層のように積み重なって”名残”として散らばっているのです。縄文時代、聖地として祭事を行っていた場所に、現在の寺や神社が建っていると言います。その周りに花街ができ、それがいわゆる繁華街となっています。花街には歌舞伎者が集まり、そこはストリートファッションの発祥になったと言えましょう。その昔、古墳があった跡地。そこは森林や公園に姿を変え今も存在しています。都会のビルの隙間や屋上には、鳥居や小さな祠が今もひっそりと残されています。このように積み重ねられた歴史が、現在の土地に”名残”として記されているのです。つまり現在にあるものは決して突然現れたのではなく、その名残を掘り起こしてみると、そこには祖先たちの知恵や経験、生活や思想の歴史が積み重なっているのです。衣服にも積み重なった歴史の地層があるのです。暮らしを守るための藍染め。虫を寄せつけないと言われ、野良着やモンペなどにも使われてきました。戦うために作られた軍服、あらゆる風土の下で生み出された民族服。そのようなディティールや機能は必要なくなった今でもファッションの中に”名残”として記されています。もし歴史が後ろに控えていなかったら、私たちは何一つ上手に作ることはできないでしょう。地層に眠る”名残”を掘り起こし、進化させること。

「SASQUATCHfabrix」 DIGABLE PEAKED LAPEL JKT 税込み81900yen
コーデュロイ生地を使用したピークドジャケット。ラペルの裏にカラークロスを使用し襟を立てても楽しい一枚。内側には鳥居の刺繍を施したお守りポケット付き。
 

「SASQUATCHfabrix」 HANIWA SLIPON 税込み46200yen
英国貴族が部屋履きで使っていたルームシューズをモチーフにデザインされた短靴。外履き仕様(ソールはクレープソール)。コーデュロイ素材のアッパーに埴輪の刺繍というインパクトが売り。
 

Niche
「Niche」は決められた概念や生産背景に捉われることなく、その時その時のイメージを重視したブランド。それぞれの生産背景や生産国の良さを理解し振り分ける事で様々な玄人向けの商品を提案しています。

「Niche」 code flor work shirts flower 税込み17640yen
「Niche」お得意の花柄コーデュロイシャツ。
 


「Niche」 HB bombacha de ciudad pants 税込み22050yen
先日ご紹介した「HB Bombacha de ciudad Jacket」とセットアップとなる2タック裾ダブル9分丈パンツ。。
 

White Mountaineering
「White Mountaineering 2013A/W」 Pitti Immagine Uomoに招待を受け、イタリア・フィレンツェにて海外初のショーを開催。ブランドコンセプト「服を着るフィールドは全てアウトドア」に基づき、テーマは「White Mountaineering」という設定。
「White Mountaineering」とは何か。登山ウェアを想像させる言葉にはこのような意味がある。「洋服を着るフィールドは全てアウトドア」 山や海だけではない、街も含めたあらゆる場所。ミラノ、フィレンツェ、パリ、ロンドン、NYに東京、どこでも。アウトドアウェアのもつ素晴らしさを引き出し、新しい価値観をどう植えつけるか、ずっと考えてきた。今シーズンのテーマはブランドコンセプトそのもの。ネイビー、グレー、カーキ、ベージュはユニフォームのベーシックカラー。そのベーシックカラーにレッド、オレンジ、グリーン、ブルーをあわせることがアウトドアウェアのベース。私たちは基本に忠実に新しい形のウェアを提案します。

「White Mountaineering」 WM×TRETORN CAMOUFLAGE RUBBER LONG BOOTS 税込み16800yen 
 

CURLY
一貫したもの作りを目指し、2009AWからスタートしたカットソーブランド。全アイテムにニット地を使用し、カットソーの持つ着心地の良さを生かし様々なアイテム作りにチャレンジしています。デザインからパターンカッティングをアトリエで、生産は可能な限り1967年より続く自社工場で行われ、ぶれないアイテムを創り出している姿勢に注目しています。


「CURLY」 HORIZON MARBLE CARDE 税込み17850yen
超長綿と繊維の短い落ち綿をブレンドし、マーブル模様のようなスラブ感を表現。ざっくりニット風ボタンレスカーディガン。京都の着物染め職人が吊るし染めでグラデーションを施しています。
 

という内容です。
 

この時期入荷が多い事もあり、商品の入荷とブログ更新に多少のズレが生じる事をご理解下さい。
 

では、引き続き宜しくお願い致します。

本日の入荷(2013.09.13)

2013年9月13日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

3連休前の更新です。
 

※連休中の新入荷商品に関しましては随時追加していきます。宜しくお願い致します。
White Mountaineering
「White Mountaineering 2013A/W」 Pitti Immagine Uomoに招待を受け、イタリア・フィレンツェにて海外初のショーを開催。ブランドコンセプト「服を着るフィールドは全てアウトドア」に基づき、テーマは「White Mountaineering」という設定。
「White Mountaineering」とは何か。登山ウェアを想像させる言葉にはこのような意味がある。「洋服を着るフィールドは全てアウトドア」 山や海だけではない、街も含めたあらゆる場所。ミラノ、フィレンツェ、パリ、ロンドン、NYに東京、どこでも。アウトドアウェアのもつ素晴らしさを引き出し、新しい価値観をどう植えつけるか、ずっと考えてきた。今シーズンのテーマはブランドコンセプトそのもの。ネイビー、グレー、カーキ、ベージュはユニフォームのベーシックカラー。そのベーシックカラーにレッド、オレンジ、グリーン、ブルーをあわせることがアウトドアウェアのベース。私たちは基本に忠実に新しい形のウェアを提案します。

「White Mountaineering」 CABLE PATTERN ROUND YOKE ROUND NECK KNIT SWEATER 税込み42000yen 
 


「White Mountaineering」 NORDIC PATTERN ROUND YOKE JACQUARD ROUND NECK KNIT SWEATER 税込み30450yen 
 


「White Mountaineering」 NORDIC PATTERN ROUND YOKE JACQUARD KNIT CARDIGAN 税込み34650yen 
 



「White Mountaineering」 NATURAL HAIR COLOR ROUND NECK KNIT SWEATER 税込み33600yen 
 




「White Mountaineering」 WM×SAUCONY SUEDE SNEAKERS 税込み33600yen 
 

こちらからも順調に秋物新作商品が到着しております。
SUN


「SUNSEA」 Double woven over sized blouson 税込み47250yen
ウール素材を使用したミニマムなジップアップブルゾン。フロントジップにはコンシールタイプの目立たないファスナーを配置。シルエットは得意のブカっとシルエット。袖裏にはスベリの良い裏地付きという逸品。

気持ち短めの着丈がお洒落心にアプローチ、存分にレイヤリングを楽しめます。
 


「SUNSEA」 One side gore boots 税込み52500yen
出ました!!美しいシルエットのセンターハギサイドゴアシューズ。レザーソール仕様のきれいな仕上がり。内側のみゴムを入れることで、外側からの見た目が美しい。もちろん脱ぎ履きも簡単。無駄な装飾を削ぎ落とした作り手の勇気が見て取れます。 
 


「SUNSEA」 High-cut suede sneaker 税込み39900yen
2012年秋冬でリリースされたスエードハイカットスニーカーのアップデート版。ソールボトム部分までレザー使いという挑戦的なディティール。都会的なグレースケールのカラーリングが特徴です。 
 

SAS13SS
「SASQUATCHfabrix 2013 AUTUMN&WINTER “digable planets”」
ファッションはどうしても歴史と縁を切ることができません。この地上における生活の歴史、それが地層のように積み重なって”名残”として散らばっているのです。縄文時代、聖地として祭事を行っていた場所に、現在の寺や神社が建っていると言います。その周りに花街ができ、それがいわゆる繁華街となっています。花街には歌舞伎者が集まり、そこはストリートファッションの発祥になったと言えましょう。その昔、古墳があった跡地。そこは森林や公園に姿を変え今も存在しています。都会のビルの隙間や屋上には、鳥居や小さな祠が今もひっそりと残されています。このように積み重ねられた歴史が、現在の土地に”名残”として記されているのです。つまり現在にあるものは決して突然現れたのではなく、その名残を掘り起こしてみると、そこには祖先たちの知恵や経験、生活や思想の歴史が積み重なっているのです。衣服にも積み重なった歴史の地層があるのです。暮らしを守るための藍染め。虫を寄せつけないと言われ、野良着やモンペなどにも使われてきました。戦うために作られた軍服、あらゆる風土の下で生み出された民族服。そのようなディティールや機能は必要なくなった今でもファッションの中に”名残”として記されています。もし歴史が後ろに控えていなかったら、私たちは何一つ上手に作ることはできないでしょう。地層に眠る”名残”を掘り起こし、進化させること。

「SASQUATCHfabrix」 DIGABLE PLANETS DUFFLE COAT 税込み92400yen
ウール生地を使用したロング丈のダッフルコート。フード周りの後打ちしたスナップボタンや配色補強テープがデザインポイント。細すぎず太すぎずのフィットシルエットも特徴。裏側には鳥居の刺繍を施したお守り専用のポケットが、、、必見。
 


「SASQUATCHfabrix」 HANIWA CREWNECK KNIT 税込み28140yen
今期のテーマ「digable planets」に沿ったプロダクツ。薄手さらさら20.5マイクロンのクロイウールを使用したハイゲージ/クルーネックニット。埴輪の絵柄をインターシャ織りで表現した問題作。次にご紹介するタートルネックニットとの重ね着をお勧めいたします。
 



「SASQUATCHfabrix」 HIGH GAUGE TURTLENECK KNIT 税込み19740yen
ファッション的に「SASQUATCHfabrix 2013AW」における商品群の中で一番大切な基礎部分と言っても過言ではないインナー用(ジャストシルエット)のタートルネックニット。素材には19.5マイクロンのハイクラス/バソランウール(半紡縮加工を施したウール素材)を使用。もちろん軽くて暖かい素材感が特徴。コレ一枚で首周りを今年っぽく演出できます。キレイなカラーリング(BLACKも入荷済み、全3色)で、タートルネック×クルーネック、もしくはタートルネック×2のニットレイヤードも楽しめるお勧め商品。
 


「SASQUATCHfabrix」 OILD NEW ERA CAP 税込み11550yen
「SASQUATCHfabrix」が別注した「NEW ERA」製ニューヨークヤンキースキャップ。イギリスの老舗生地メーカー「British Millerain社」のオイルド生地を使用。アメリカ×イギリスのコンセプトが◎。生地の特性上、多少の防水性が期待できます。
 


パタンナーとして様々なブランドの服作りを経験し、実力のあるブランドであること。凄い速さで進化する東京のファッションシーンにおいて自分らしい「デザイン」、「抜け感」と「空気感」を表現できるブランドであること。という理由で今期もプッシュしています。

今期ぜひお勧めしたい都会的なリラックス感が特徴のセットアップ。良い仕上がりです。

「URU」 13FUJ09 税込み39900yen
デザイナーの熱い情熱が乗った軽めウールの一枚ものジャケット。素材を思い切って断ち切りで使用、ほつれも出にくい処理がされています。パタンナー出身のデザイナーが作るだけあって体にフィットしつつ美しいシルエットを実現。ブルーとグリーンが混ざった様な何とも言えないカラーリングもポイント。都会的に仕上げた今期注目の逸品です。
 

「URU」 13FUP03 税込み26250yen
上記のジャケットとセットアップとなる同素材のウールイージーパンツ。ウエスト部分紐入りのディティールは優しい気遣い。本来はセンターシームにステッチが入りますが、こちらはステッチレスバージョン。太すぎず細すぎず、でも膝下はほど良くテーパードという美シルエットパンツ。
 


「URU」 13FUJ04A 税込み54600yen
圧縮ウールのグレンチェック生地を使用した変形ダブルタイプのキュプラ裏地付きジャケット。シャープなボックスシルエット風に仕上げた意欲作。着丈の短さもポイント。こちらも見る人が見れば、キラリと光るカッティング/ディティールの数々。
 


「URU」 13FUS02 税込み24150yen
上記のセットアップと同様のコンセプトで展開されるウールシャツ。しっかり感のあるウール地を断ち切りにて使用。スタンドネックの様にも見える極小の叩き付け襟も見所。裾はほど良くラウンドカット。セットアップのインナーにご提案したいカラーリングです。
 



「URU」 13FUC03 税込み16800yen
重ね重ねご提案しているタートルネック。非常に肌触りの良いラッチパイル生地を使用したタートルネックカットソー。脇には深めのスリット入り。余計なデザインを削ぎ落とした分、タートルネックの存在感が際立ちます。
 


「URU」 13FUM03 税込み12600yen
「NEW ERA CAP」+「乗馬CAP」のコンセプトで作られたフェルトウールのキャップ。こちらもディティール的にはミニマム。何処と無く上品でコンテンポラリーな雰囲気が特徴。
 

UNUSED

「UNUSED」 US0710 税込み32550yen
目の詰まったスェット生地を2重で使用したヘビー仕様のハーフジッププルオーバーパーカー。最大のデザインポイントは壊れた様にも見える、裾リブ上部の断ち切りっぱなし部分。ほど良く裏地が見え隠れする仕様に、作り手のセンスを感じます。
 



「UNUSED」 US0728 税込み28350yen
またまたタートルネックのモヘアニット。上質な素材感とサイドの深めスリットが最大の特徴。首周りが暖かいという実用性と、トレンド感を含めたファッション性を併せ持つ一枚。
 



「UNUSED」 US0727 税込み27300yen
同じく手触りの柔らかいモヘア糸を使用したクルーネックニット。こちらは脇スリット無しのデザイン。ボーダー調の編み変えが丁度良いお湯加減に落とし込まれています。
 


「UNUSED」 US0714 税込み31500yen
ざっくりと編まれたウール/アクリルのゆったりニット。ずっしりと重さを感じる良品。これ一枚でけっこうな存在感。先日入荷している、裾に紐が垂れたデザインのカットソーと重ねてご提案したい今日この頃。
 

「John’s by Johnny」も続々と到着。
JOHNS
「John’s by Johnny」 デザイナーは平本ジョニー。2013 AUTUMN & WINTERから始動する新しいファッションレーベル。ファーストシーズンは「PARANOID」がテーマ。

「John’s by Johnny」 KUNG-FU TILL DAWN 税込み34440yen
厚手のナイロンツイル生地を使用したロング丈(結構長め)のコート。立ち襟、袖裏はホワイト(折り返してください)というディティールはカンフージャケット。「PARANOID」プリントが背中部分に縦に入ります。これは完全に取り扱い注意。でも、この不安定感というか、未完成感が最大の魅力。
 


「John’s by Johnny」 FLANNEL SHIRTS JKT TILL DAWN 税込み26040yen
厚手チェックネル生地を使用したオーバーサイズのシャツ。ウエスト部分にベルトループが付き、長めのガチャベルトが付属します。着る人のセンスが問われる一枚。
 


「John’s by Johnny」 FLANNEL PANTS TILL DAWN 税込み23940yen
同じく厚手チェックネル生地を使用したワイドパンツ。こちらも長めのガチャベルトが付属します。セットアップという選択が「逃げ」なのか、「攻め」なのかは貴方次第です。
 

Niche
「Niche」は決められた概念や生産背景に捉われることなく、その時その時のイメージを重視したブランド。それぞれの生産背景や生産国の良さを理解し振り分ける事で様々な玄人向けの商品を提案しています。

「Niche」 dos vertical redondo bolson 税込み29400yen
ほぼ正方形底のデカトートバッグ。レザー持ち手の手提バッグとしてお使い頂くも良し。ペルー製のハンドウェービングテープを使用した持ち手でトートバッグ肩掛けとしてお使い頂くも良し。とにかく何でも放り込めます。手荷物の量に関わらず、この「デカさ」が間違いなくファッションポイントなのです。(オフホワイト/ベージュ/ネイビーの3色展開)
 

EOTOTO
「EOTOTO」 ホピ族の精神世界に生きる精霊「カチナ」。そのカチナの父とも呼ばれ、全てのカチナの頂点に立つ存在。あらゆる儀式についての知識を持ち、季節までもコントロールします。その絶対的な存在感をファッションに取り込んだ強力ラインナップ。

「EOTOTO」 EOTOTO KNIT CAP 税込み6090yen
今期様々なニットキャップがリリースされていますが、「EOTOTO」からキラリと光るお勧めニットキャップが入荷いたしました。手触りの良いコットン100%で民族調にアレンジされた先端部分が特徴。不思議と頭の収まりが非常に良いグットプロダクツです。
 

NEWMR

「MOUNTAIN RESEARCH」 Mountain Hat 税込み36750yen
アナルコ印である「A」マークの山型シェイプと、どことなく香るセッズフレイバーでおなじみのマウンテンハット/さらなる進化版。クッション素材のスベリ部分がこの度、遂に脱着式に。抜群の被り心地とホールド感の良さはそのままに、利便性(スベリ部分の洗濯可)と遊び心(パーツ交換が可)が向上。ニットグーフィーの名称でお馴染み、ペルー帽耳当てパーツ付属で気分を変えることが可能です。スベリ部分を取り外して、ニットキャップと重ねて被るという荒業も。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 Tube Cap 税込み7140yen
ウールスウェットのチューブ型キャップ。スウェット素材ならではの気持ちよさは、ニットとはひと味異なるモノ。折り返して被るもよし、長いまま被るもよし、袋状の簡素な作りゆえ、被り方のアレンジができるのも楽しい一品。ウール混スウェット/2枚仕立て。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 Trek Walker 税込み68250yen
短靴「Trek Walker」。リースマークの初期型「A」レーザー刻印をあしらった再生産品。金ブラシで加工しを施したガロユヒテンレザー、そしてノルウィージャン製法といったSEttならではの重厚スペックを持つ山岳民族の靴。ビブラムソールを軽量型に変更。分厚いガロユヒテンレザーならではの経年変化をじっくりとお楽しみ下さい。
 

CURLY
一貫したもの作りを目指し、2009AWからスタートしたカットソーブランド。全アイテムにニット地を使用し、カットソーの持つ着心地の良さを生かし様々なアイテム作りにチャレンジしています。デザインからパターンカッティングをアトリエで、生産は可能な限り1967年より続く自社工場で行われ、ぶれないアイテムを創り出している姿勢に注目しています。

「CURLY」 RAFFY ZIP PARKA 税込み16800yen
毎シーズンマイナーチェンジを繰り返しながらリリースしているジップアップパーカ。超長綿である繊維強度の強いトルファン、シルキーな光沢が特徴のギザ、クリーミーで柔らかなスーピマの落ち綿のみを混紡したムラ糸リサイクルコットンを使用。無駄なデザインを削ぎ落としながらも、人が袖を通す事で完成するシャープなシルエットが特徴。
 



「CURLY」 DOT ZIP PARKA 税込み18690yen
可抜染料で染めたスウェット素材に抜染でドット柄を施したオリジナル裏毛素材を使用した定番型ジップアップパーカ/ドット柄バージョン。仕上げに起毛をかけた後、生地を揉み込み起毛を絡める事で肌触りと保温性を高めています。
 



「CURLY」 JZ GRAZED TROUSERS 税込み16590yen
単純に言うと「チノ素材とスエット素材を足して2で割った雰囲気」の素材感。1本の針に2本の糸を通し、糸が引っ掛からないように低速で高密度に編み立てたオリジナル裏毛素材を使用。染色後にボールバイオ加工を施し、自然なアタリ感を演出。ほど良くテーパードしたシルエットは幅広く活躍する万能選手。
 

遂に最終章に突入です!!「ヒムカシ製品 GIZA カワユス展」も終盤戦。秋冬商品投入でフェイスもフルリニューアル。ウール商品を中心に「ヒムカシ製図」の世界観をご提案しております。


「ヒムカシ製品 GIZA カワユス展」 ~9月17日(火曜日)
物語の主人公になる為に必要な力は、生まれ(素材)でも、育ち(工程)でも、名声(ブランド)でもない。ハッピーエンドはいつだって、夢や希望に満ち溢れる姿(目的)に感銘した周囲の力が引き寄せる。
 

「ヒムカシ製図」素材を作るところから生かすところまでをデザインとした服作りの提案。
 
「ヒムカシ眼鏡」確かで貴重な技術を持った職人と作る高級眼鏡枠の提案。
 
「ヒムカシ製靴」シンプルで心地よい一枚構造で作る職人革靴の提案。
 
世界綿花生産量の0.001%しか収穫することが出来ない希少な超長繊維原綿「ギザ綿」。そのカシミヤのような優しい風合い、シルクのような美しい光沢を最大限生かしたラインナップを中心に、今回初となる「ヒムカシ製靴」も登場。
 

という内容です。
 

では、3連休をお楽しみ下さいね。

本日の入荷(2013.09.07)

2013年9月8日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

BLOG更新が遅れて申し訳ありません。
 

早速ですが駆け足にて新作入荷商品をご紹介致します。
UNUSED


「UNUSED」 US0703 税込み73500yen
ウール/アンゴラ/ナイロン生地で作られたチェスターコート。美しい発色のオレンジと落ち着いた雰囲気のチャコールグレイの2色展開。袖裏にはすべりの良いキュプラ地。なんといっても着用時のキレイなシルエットが最大の魅力。
 


「UNUSED」 US0708 税込み47250yen
定番的にリリースされるガウンコート。今期はシルク/コットンのドット柄にて登場。しっとりとした生地感とレイヤード使いにも対応できる薄手の軽い羽織心地が特徴。色展開はバーガンディとブラックの2色。
 



「UNUSED」 US0730 税込み47250yen
薄手のウール地を使用したMA-1タイプのジップアップジャケット。オリジナルのディティールや雰囲気を尊重しつつ都会的な一枚にリデザインされています。テンション緩めの裾リブと着丈の短さ、袖の絶妙な太さとパッカリングが作り手のセンスを感じる良品。
 


「UNUSED」 UH0326 税込み9240yen
上記のガウンコートと同様、シルク/コットンのドット柄で作られたシンプルキャップ。バックスタイルにはサイズストラップ付き。上品で艶のある生地感が今の気分にマッチング。
 

FACETASM
「FACETASM 2013 FALL & WINTER “MONTAGE”」 私達は日々、多くのものに憧れ、学び、そしてまた忘れていきます。そんな毎日が蓄積されて人は形成されていくのでしょう。今回、私共FACETASMは積み重ねられる記憶というものに目を向けました。その時、確かにみえたしきこえたんだ 遠く澄みわたる空 広がる大地 そんな人になりたい なれないのならそんな人に出会いたい 毎日変わるし、また戻る そしてちょっとづつずれて、たくさん重なっていく 欲を言えばきりがない あんまり言いたい事はないんです たいして悲しくないんです 何かをさがしに行くのでしょうか その優しさや美しさが本物かどうか どうしたらなれるんだろ もう少しひねくれてみたい

「FACETASM」 SHIFTED DOWN GOWN 税込み78750yen
2010FALL/WINTERで登場した名作「DOWN GOWN」のアップデート版2013年モデル。ガウンコートのディティールにダウン素材を重ねて表現。ライダースジャケットやジャケットの上に着れるほどゆったり目のダウン入りオーバーコート。袖をまくり、ウエストをベルトで絞って着るのがデザイナーお勧めのスタイル。
 


「FACETASM」 DUALISM BASEBALL CAP 税込み9975yen
英国羊毛を輸入し国内のトップ糸と混ぜて製作されたオリジナルツイード生地を使用。毎シーズン素材を変えてリリースされる「FACETASM」定番のベースボールキャップ。
 


「FACETASM」 ARMY CAP 税込み18900yen
表地には軍モノの定番素材である顔料染めのバックサテンを使用。裏地には保温性豊かなボア地を使用したパイロットキャップ。様々な「OLD TATTO」のモチーフ柄と冬の森を感じる写真をコラージュして吹雪かせたリアルツリーカモ柄の2タイプ。
 

「SUNSEA 2013 Autumn / Winter Collect!on」も続々と入荷しております。
SUN

「SUNSEA」 Micro Thermal Knit Layered Long Tee 税込み26250yen
ロングスリーブTシャツと半袖Tシャツを重ね着している様に見えるレイヤード(実は一枚モノ)ニット。素材はしっかり感のあるマイクロサーマルニット。ボディのシルエットは通好みのアンビルT/S風。サイドにはもちろんポケット付き。
 


「SUNSEA」 Indigo Denim Skin Pants 税込み25200yen
お馴染みのスリムデニムパンツ。ウエスト部分にはコード入り。リラックス&ベルトを忘れても大丈夫な一本。細めのキリっとしたシルエット、ハギ無しのサイド部分、ステッチも極力表に出ないストイックな作り込み。バイオ加工も自然な仕上がりです。

「SUNSEA」 Black Denim Skin Pants 税込み25200yen
上記のブラックデニムバージョン。同じくバイオ加工にてフィニッシュ。グレイスケールを軸に組み立てたい方にお勧めするブラックデニムのスリムパンツ。
 


「SUNSEA」 Micro Thermal Knit Skin Pants 税込み29400yen
先日ご紹介した「Flea Market Pants」よりタイトなシルエットが特徴のニットパンツ。同じくマイクロサーマルニットを使用。ディティール的にも似ていますが膝部分にたるみがなく、こちらはスッキリとした印象。裾部分のファスナーも省略されています。
 


「SUNSEA」 Square Check Stole 税込み26250yen
様々なシーンで活躍する大判のストール。ブルーチェックが引き立つカラーリングと柔らかい肌触りが特徴。ブランケットとして膝に掛けて使うも良し。肩に羽織って大判のストールとして身に纏うも良し。
 


「SUNSEA」 Reversible Knit Cap 税込み8400yen
「SUNSEA」のフェルト刺繍ラベル、あったほうが好きですか?無い方が好きですか?を問う、同色同素材のリバーシブル仕様。そんなリバーシブルも「アリ」という柔らかニットキャップ。色展開はアッシュベージュ、アッシュブラウン、グレイ、ネイビー、アッシュグレイという大家族。スタイリングに合わせてお好みでどうぞ。
 


「SUNSEA」 Snood 税込み5250yen
こちらはスヌード。もちろん首周りに使うも良し。ヘアバンド的な使い方でも良し。シーズンを通してお使い頂ける万能アイテム。
 

AL13AW
「ALLEGE」 Designer:山口 亮 2011S/Sにスタート。いつもの生活の中にある日常着の可能性を追求。クローゼットの中にいつもあるような普遍的なアイテムを考え、着た人の個性に洋服の個性を加えた時に、自然とプラスになるような洋服作りがコンセプト。

「ALLEGE」 33G P/O KNIT 税込み32550yen
ゲージとは編み機の針の密度、1インチ間の編み針の本数のことでニット製品の編み目が粗いか密かを表す単位。33ゲージはかなりなキメ細やかなハイゲージニット。見た目は普通のボーダーカットソーにも見えますが、手触りと着心地は間違いなくハイゲージニットという当て込み方にセンスを感じる逸品です。
 

お待たせしました。「NuGgETS 2013AW」も立ち上がっております。
NUGGETS

「NuGgETS」 NuGtee-06 税込み16800yen
 


「NuGgETS」 NuGtee-07 税込み16800yen
 


「NuGgETS」 Hooded Shirt 税込み19950yen
ドットで表現を試みたオリジナルチェック柄生地を使用。フード付きのロング丈シャツ。
 


「NuGgETS」 Dolman Sleeve Shirts with Ribbon B.D. 税込み21000yen
定番型ビックシルエット/ドルマンスリーブシャツに、同じく「NuGgETS」の象徴的なリボンシャツのディティールを重ねて編集されたモノ。今期のリボンは本皮レザーテープ。
 


「NuGgETS」 5 Pocket Pants 税込み18900yen
こちらも定番的にリリースされている5ポケットのデニムパンツ。気持ち短めの裾にはミミ使いのアレンジが御馴染み。太すぎず細すぎず抜け感のある良いお湯加減で味付けされたグッドプロダクツ。
 


「NuGgETS」 5 Pocket Pants Corduroy 税込み18690yen
上記と同型となるコーデュロイ5ポケットパンツ。生地のしっかり感も特徴です。
 
「the Sakaki 2013 A&W COLLECTION」も順調に立ち上がっております。
SAKAKI

「the Sakaki」 Shirts 凸 税込み17850yen
若干厚手で荒さのあるデニム生地を使用した立ち襟タイプの新型シャツ。スッキリとしたシルエットと必要最低限なディティールが特徴。定番のノーカラーシャツに続き凛とした雰囲気が◎。
 


「the Sakaki」 Knit Shirts 税込み22050yen
手触りの良いウール/レーヨンで編まれたビッグシルエットのニットカーディガン。その色合いもまた上品。ほど良いリラックス感が秋冬スタイルの守備範囲を広げてくれます。
 


「the Sakaki」 Tapered 凹 税込み22050yen
超ワイドシルエットなデニムパンツの印象が強い「the Sakaki」ですが、ひざ下からのテーパードが美しい新デニムパンツが登場。気持ち薄手の素材感でスッと落ちるようなシルエットが特徴。
 

こちらも秋冬が立ち上がりました。素材を新たにリピートされた商品が到着しています。
WHOWHAT
「WHOWHAT」 デザイナー 中川純子。ダンスパフォーマンスを学ぶ為に上京後、舞台美術制作会社、アクセサリー制作会社などに所属。1997年アクセサリーブランドとして同ブランドを立ち上げる。1999年頃からはUAなどの衣装制作やスタイリングを手がけながら「SHANTii」メンバーとして加わる。現在もWHOWHATとして定期的にコレクションを開催し、クリエイティブな活動を続けています。


「WHOWHAT」 3/4 SLEEVE SWEAT 税込み14490yen 
 


「WHOWHAT」 SLEEVE BELT LONG PANTS 税込み18690yen 
 

本日最後のご紹介。
NEWMR


「MOUNTAIN RESEARCH」 Checked 1P 税込み24150yen
オリジナルのコットンブロックチェック生地を使用した安心シャツ。1ポケットモデル。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 Piped Stem Pants 税込み23100yen
定番のナローシルエットパンツ。パイプトステムの新作グレーデニムバージョン。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 Mountaineer’s Kilt 税込み21000yen
ベルクロとウエストゴムの仕様による簡易脱着でおなじみ、マウンテニアズキルト新色。2013年度版ウールチェックの色合いがフレッシュ。コレ一枚巻くだけで腰周りが冷えないという歴然たる事実は、使った事がある方だけが知っている事。もちろんウェアリングのスパイスにも取り入れてみてください。
 

「ヒムカシ製品 GIZA カワユス展」もゆっくりと売り場を変化させながら継続開催中。随時、新商品の追加も「アリ」な流動的ゲリライベントとなっております。


「ヒムカシ製品 GIZA カワユス展」 8月24日(土曜日)~
物語の主人公になる為に必要な力は、生まれ(素材)でも、育ち(工程)でも、名声(ブランド)でもない。ハッピーエンドはいつだって、夢や希望に満ち溢れる姿(目的)に感銘した周囲の力が引き寄せる。
 

「ヒムカシ製図」素材を作るところから生かすところまでをデザインとした服作りの提案。
 
「ヒムカシ眼鏡」確かで貴重な技術を持った職人と作る高級眼鏡枠の提案。
 
「ヒムカシ製靴」シンプルで心地よい一枚構造で作る職人革靴の提案。
 
世界綿花生産量の0.001%しか収穫することが出来ない希少な超長繊維原綿「ギザ綿」。そのカシミヤのような優しい風合い、シルクのような美しい光沢を最大限生かしたラインナップを中心に、今回初となる「ヒムカシ製靴」も登場。
 

という内容です。
 

では店頭にてお会いしましょう。

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 4
  • uneven events