UNEVEN BLOG

本日の入荷とお知らせ(2014.12.30)

2014年12月30日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

本年度最後の更新となります。
 

※年末年始の営業スケジュールに関して以下をご確認下さい。
 

12月30日(火曜日) 通常営業(本年度営業最終日) 

12月31日(水曜日) 正月休み 

1月1日(木曜日) 正月休み 

1月2日(金曜日) 正月休み 

1月3日(土曜日) 通常営業(初売り&蔵出し祭初日)
 

宜しくお願い致します。
 

ここからは初売り商品を駆け足にてご紹介致します。製作に時間が必要だったこちらの製品も待望の入荷。「HELLO TOKAI」は東海地方の「良いモノ」を再考し、ファッション業界最前線で活躍するクリエーターの感性と重ね合わせる事で、今までにないファッショナブルなプロダクツを創造するというプロジェクト。それぞれが持つ技術や知恵、資源を分かち合い、交換し合う事で生まれる、多くの相乗効果を含んだクリエーションを表現します。

「野呂英作(愛知県一宮市)について」 原材料から製品までの独自生産技術を活かし、「NORO」、「野呂英作」ブランドの高級手編毛糸で世界市場に販路拡大している企業です。世界に翔るアート感覚の手づくり毛糸をコンセプトに「人の手で糸を紡ぐ。人の手で出来ないところだけを機械で補う」というのが「NORO」の糸づくりの原点。熟練の職人たちが美しく染まった原毛を、一色一色手で計り、手で感じながら、真心を込めて並べ、数々の工夫と改良を施した設備を使い、出来るだけゆっくりとした速度を保ちながら、紡いでいる「手づくりの糸」それがNOROヤーンです。一本の糸で編むごとに次々と現れる美しい色のグラデーションは絵画を連想させ、その日本独自の色使いは世界20カ国の人々に愛され、さらに拡大を続けています。

「野呂英作×WHOWHAT」 ドレープタートルネックセーター 税抜き58000yen+税
Kabuto 均一でない。自然の風合いと原料の特徴を損なわないように、機械に任せず紡績行程に手作業を多く取り入れているため、手紡ぎ風のナチュラルスラブの糸になっています。ウール、カシミヤ、シルク、アルパカの4種の原料の特徴を生かすため、あえて適度のミキシングを避けて紡績しているので、編地にするとそれぞれの原料の偏りが自然な「ムラ」として現れ、それがKabutoの独特な表情となります。家庭機(手編み機)の太機を使用して、身頃をメリヤスの裏編み仕立てにしています。こうすることで、NOROヤーンの糸の風合いやネップ感が表地に出やすく、より表情が豊かに出ます。フォルムは、ネックのボリューム感を贅沢に出しつつ、そのボリュームが重さとなりダレないように、肩線を後ろに向かわせ、力のバランスが取れるようにパターン化しています。ネックウォーマーに使用したグラデーション糸(Impression)で楕円に編んだ肘宛が、左右不揃いの色が出て、渦巻き状に見える点もポイント。
 


「野呂英作×WHOWHAT」 グラデーションネックウォーマー 税抜き15000yen+税
Impression シルク、キッドモヘアを贅沢に使い、15〜18色もの色がロングピッチで変化していく華やかな糸を、もうひと手間かけてループタムにしました。シルクモヘアの艶と風合いを残したまま、独自の表面効果を持った糸に仕上がっています。手編み/棒針メリヤス編み。中綿には40mm厚のワタが入っています。コロンとした立体フォルムが特徴のネックウォーマーを、NOROヤーンでは代表的なビビットな配色のグラデーションカラー糸を使って、まるで生き物のように表現。帽子のように被っても◎。
 


「野呂英作×WHOWHAT」 足袋ニットソックス 税抜き16000yen+税
上記同様にKabutoを使用。鉤針引き上げ長編みの表編み地は、何とも平坦でシンプル。裏編みを表使いにした訳は、ボーダーの様に凸凹がハッキリ出る事。指先から渦巻きの様に編み地が丁度良い模様編みの様に見える点がポイント。こんなの欲しかったよねと言わせたい一品。
 

こちらの縁起物もオススメです。

「張り子作家 大野 博之」 1つ目招き猫 税抜き1600yen+税

「張り子作家 大野 博之」 干支/羊 税抜き1600yen+税
「張り子作家 大野 博之について」名古屋を中心に活動する張り子作家。ディープで豊かな造作と紙とは思えないきめの細かな質感が最大の特徴。軽くて、丈夫で、大量生産にも向いている事から各種人形や飾り物等が全国各地で作られ、古紙を材料にする廃物利用産業として発展してきました。しかし現在では、手間が掛かる技法という事で、作り手は減少しています。丁寧な手仕事で、主に起き上がり小法師を製作。何度倒しても起き上がる事から「縁起物」とされています。
 

こちらもスペシャルな初売り商品(各1個のみ)として入荷しております。

パタンナーとして様々なブランドの服作りを経験し、実力のあるブランドであること。凄い速さで進化する東京のファッションシーンにおいて自分らしい「デザイン」、「抜け感」と「空気感」を表現できるブランドであること。という理由で今期もプッシュしています。

「URU」 14FUM01/SP BLACK 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP BURGUNDY 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP SKY BLUE 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP BEIGE 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP LIGHT GREY 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP IVORY 税抜き20000yen+税
ラビットファーを使用したミニマムなツバ広ハット(スペシャルカラー版・再販)。ラウンドしたトップ部分も◎。各1個のみの入荷となっております。
 

こちらは2015春物が早々に立ち上がっております。

「Sasquatchfabrix. 2015 SPRING/SUMMER COLLECTION 見立てる/Mitate」
「Sasquatchfabrix.」 ファッションとは時代の民度を強く反映させたものであり、そうあるべきものだと考えます。常に前衛的でなければならないものであります。私たちなりの「ファッション」を表現するために、その時代に対して、強度のあるテーマを設定し、クラシカルの肯定と否定を繰り返しながら前衛的で「遊び心」のある洋服づくりをしています。

「Sasquatchfabrix.」 HANTEN COACH JKT 税抜き27000yen+税
高密度なナイロン生地を使用したコーチジャケット。コーチジャケットを半纏に見立て、半纏に使われている角字でスケートボードを「路滑板」と和訳してコーチジャケットにプリント。まずはここから的な一枚。
 



「Sasquatchfabrix.」 HAGUREMONO STADIUM JKT 税抜き42000yen+税
ハリ感のあるコットンナイロン生地を使用した1枚仕立てのスタジアムジャケット。胸には大きくSFXのロゴが入ります。着ると丸く見えるシルエット、少し下がったネック部分、透け感のある編み立てリブも特徴です。
 


「Sasquatchfabrix.」 TWIST SMILE TEE 税抜き12000yen+税
平和の象徴でお馴染みのスマイルマークを途中から切り替えて、少しだけツイストさせたカットソー。ボディはリヨセル混のコットン天竺を使用。ボールバイオ加工を施して古着感を追加しております。(OFF WHITEとASH GRAYの2色展開)
 


「Sasquatchfabrix.」 RENUNCIATION OF WAR TEE 税抜き6500yen+税
前期から継続となるチャンピオンボディのプリントTEE。読んで字のごとく「非戦」。バックスタイルにはピースマークに9を重ねたデザインをプリント。(WHITEとBLACKの2色展開)
 


「Sasquatchfabrix.」 KNIT CAP 税抜き6000yen+税
SK8ワッペンを貼付けた軽めのニットキャップ。リブ編みのテンションはやや強め。スタイルングのアクセント出しにお勧めさせて頂きます。
 

こちらも「2015SS」が立ち上がっております。
Bukht

「bukht」 BIG WAFFELE 税抜き15000yen+税
定番的にリリースされているニットサーマル2015SSバージョン。しっかりとニットを編み立てることで、上質な着心地と程よいボリューム感を演出しています。主張しない胸ポケも◎。安心の一枚。
 


「bukht」 NEW BIG DENIM TROUSERS ONE WASH INDIGO 税抜き16000yen+税
同じく定番的にリリースされているデニムパンツ。お尻周りのゆったり感、股上と生地の落ち感を生かした美しいシルエットが特徴。綿100%のムラ糸セルヴィッジを使用。リベット等は一切使用せず、ステッチワークを駆使したデザインがポイント。ワンウォッシュ済み。
 

CURLY
一貫したもの作りを目指し、2009AWからスタートしたカットソーブランド。全アイテムにニット地を使用し、カットソーの持つ着心地の良さを生かし様々なアイテム作りにチャレンジしています。デザインからパターンカッティングをアトリエで、生産は可能な限り1967年より続く自社工場で行われ、ぶれないアイテムを創り出している姿勢に注目しています。

「CURLY」 RAFFY ZIP PARKA 税抜き16000yen+税
超長綿である繊維強度の強いトルフィン、シルキーな光沢が特徴のギザ、クリーミーで柔らかなスーピマの落ち綿のみを混紡したムラ糸リサイクルコットンを使用。美しいムラと柔らかくふっくらとした着心地が特徴。春夏シーズンは起毛をかけずに目を詰めることで程よい生地厚とハリ感を持たせています。毎シーズンマイナーチェンジを繰り返しながらアップデートしているシルエットも必見。無駄なデザインを削ぎ落としたシンプルなデザイン。
 


「CURLY」 BRIGHT ZIP PARKA 税抜き16000yen+税
国内でも数台しかない旧式の編み立て機を使用、柔らかくふっくらとした仕上がりが特徴です。今季15SSは表面がきれいな目面の裏毛を使用し、よりシャープでスッキリとした印象に仕上がっています。(潔くシーズンカラーで展開されるDARK NAVYのみ展開)
 

NEWMR


「Anarcho Pax」 Saunter(Large) 税抜き50000yen+税
去年発売されたばかりのシリーズ中最新モデル「 Saunter(Large)」は、おにぎり型デイパック「 Saunter」の大型版。シュイナード・プロダクト型とも呼べる一作。パラフィンキャンバスとイタリアンオイルレザーによるブラウンカラーの元祖アナルコ・パックス仕様になって待望の初登場。
 

1月3日(土曜日)より一部商品を除き「SALE」を開始いたします。

※詳しくはお問い合わせ下さい。
 

また、こちらも同時進行です。


名古屋栄/赤座ビル3店舗合同企画 「赤座ビル蔵出し祭」
 

「開催日時」 1月3日(土曜日)〜1月5日(月曜日)
 

「開催場所」 愛知県名古屋市中区栄4丁目25号赤座ビル 2階中央特設会場 
 

「開催時間」 12:00~20:00 
 

「STEDY&SHAFT」・「Puras」・「UNEVEN GENERAL STORE」の蔵(ストックルーム)に眠る様々なブランドのウェア類はもちろん、シューズ、雑貨類など、ジャンルレスなお宝商品を最大70%OFFの破格プライスで放出致します。思う存分掘り返すも良し。じっくりと見極めるも良し。新春三日間限定の貴重な機会を十分にお楽しみ下さい。
 

「参加店舗」 (詳しくは下記店舗にお問い合わせ下さい)
 

※ STEADY&SHAFT TEL:052-265-0696 HP 
※ Puras TEL:052-251-1755 HP 
※ UNEVEN GENERAL STORE TEL:052-262-2525 HP 
 

という内容です。
 

本年度もありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。
 

では、良い年末年始を。

イベントのお知らせ(2014.12.25)

2014年12月25日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

※当社HPの「SELECT」コンテンツを2015 SPRING&SUMMER」に更新致しました。
 

ご確認下さい。
 

本日は年始三日間限定で開催されるこちらの告知をさせて頂きます。


名古屋栄/赤座ビル3店舗合同企画 「赤座ビル蔵出し祭」
 

「開催日時」 1月3日(土曜日)〜1月5日(月曜日)
 

「開催場所」 愛知県名古屋市中区栄4丁目25号赤座ビル 2階中央特設会場 
 

「開催時間」 12:00~20:00 
 

「STEDY&SHAFT」・「Puras」・「UNEVEN GENERAL STORE」の蔵(ストックルーム)に眠る様々なブランドのウェア類はもちろん、シューズ、雑貨類など、ジャンルレスなお宝商品を最大70%OFFの破格プライスで放出致します。思う存分掘り返すも良し。じっくりと見極めるも良し。新春三日間限定の貴重な機会を十分にお楽しみ下さい。
 

「参加店舗」 (詳しくは下記店舗にお問い合わせ下さい)
 

※ STEADY&SHAFT TEL:052-265-0696 HP 
※ Puras TEL:052-251-1755 HP 
※ UNEVEN GENERAL STORE TEL:052-262-2525 HP 
 

最後に年末年始の営業スケジュールをお知らせいたします。
 

12月30日(火曜日) 通常営業(本年度営業最終日) 

12月31日(水曜日) 正月休み 

1月1日(木曜日) 正月休み 

1月2日(金曜日) 正月休み 

1月3日(土曜日) 通常営業(初売り&蔵出し祭初日)
 

ご迷惑をおかけ致しますが、宜しくお願い致します。
 

イベントのお知らせ(2014.12.18)

2014年12月18日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

ご好評頂いている「古着とものさし展」に関しまして、本日第二便が到着致しました。  
 

徐々に店頭出ししておりますので、ぜひご来店下さいね。
 













「古着とものさし展」 ( Used Clothing and Values )
 

12月6日(土曜日)〜12月28日(日曜日)
 
現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない「古着との関係性」をテーマとした企画展。東京町田の「TREDICI」をゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義する約3週間。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、「TREDICI」も丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「イマ」を感じさせるフレッシュなビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって2回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

という内容です。
 

では、引き続き宜しくお願い致します。

イベントのお知らせと本日の入荷(2014.12.12)

2014年12月12日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

早速ですが新作入荷商品のご紹介です。
SUN

「SUNSEA」 Laceless Wingtip Shoes Black 税抜き50000yen+税

「SUNSEA」 Laceless Wingtip Shoes Brown 税抜き50000yen+税

毎シーズン熟成を重ねる「SUNSEA」のフットウェア。今季は古着屋に並ぶクラシックなシボ革のウイングチップをソースに、現代的な出力を試みた力作。スッキリとしたロングノーズのシルエット、厚く重ねられたレザーソールと蹄型の滑り止め、靴ひもなしで履ける内ゴム内蔵のディティール等、見所は満載。最大の特徴は、その日の気分に合わせて色合わせできるゴムベルト(3色付き)。これによりフィット感も向上します。デザインも品質も高いレベルで世に出していこうという作り手の思いを感じる良品。今年最後のお買い物(ご褒美)にお勧め致します。
 

こちらも色違いにて提案される再生産商品。

パタンナーとして様々なブランドの服作りを経験し、実力のあるブランドであること。凄い速さで進化する東京のファッションシーンにおいて自分らしい「デザイン」、「抜け感」と「空気感」を表現できるブランドであること。という理由で今期もプッシュしています。


「URU」 14FUK04 税抜き25000yen+税
14AW立ち上げ時にご好評頂いた、ゆったりシルエットが特徴のリブニット。着丈は長め、袖長め/袖口も気持ち広めのリラックス仕様。思い切ったフリーサイズ展開も良し。ホワイト、ブルー、共にニューカラーにて再登場です。
 

Niche
「Niche」は決められた概念や生産背景に捉われることなく、その時その時のイメージを重視したブランド。それぞれの生産背景や生産国の良さを理解し振り分ける事で様々な玄人向けの商品を提案しています。

「Niche」 70’s Utility Shirts Jacket 税抜き36000yen+税
70年代に生産されたアメリカ軍/フライトジャケット用のデッドストック生地を使用し、現代的シルエットに再構築されたユーティティジャケット(着丈短め)。内キルティング仕様にて保温性も◎。後染めのムラ感もポイントです。
 

引き続きこちらも開催中です。













「古着とものさし展」 ( Used Clothing and Values )
 

12月6日(土曜日)〜12月28日(日曜日)
 
現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない「古着との関係性」をテーマとした企画展。東京町田の「TREDICI」をゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義する約3週間。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、「TREDICI」も丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「イマ」を感じさせるフレッシュなビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって2回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

という内容です。
 

最後に年末年始の営業スケジュールをお知らせいたします。
 

12月30日(火曜日) 通常営業(本年度営業最終日) 
 

12月31日(水曜日) 正月休み 
 

1月1日(木曜日) 正月休み 
 

1月2日(金曜日) 正月休み 
 

1月3日(土曜日) 通常営業(初売り)
 

という内容です。
 

引き続き、宜しくお願い致します。
 

イベントのお知らせ(2014.12.5)

2014年12月5日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

明日、12月6日(土曜日)から始まるこちらのイベント告知をさせて頂きます。













「古着とものさし展」 ( Used Clothing and Values )
 

12月6日(土曜日)〜12月28日(日曜日)
 
現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない「古着との関係性」をテーマとした企画展。東京町田の「TREDICI」をゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義する約3週間。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、「TREDICI」も丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「イマ」を感じさせるフレッシュなビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって2回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

NEWMR

収まりの良いコンパクトな設計。

三つ折りで収納力も十分。

「MOUNTAIN RESEARCH」 Riveter Wallet-Long 税込み45000yen
三つ折りのスタッズ・ウォレット、通称「ロング」。定番色ブラックの2014年版。1万円冊を折らずに収納できる2012年型アップデート仕様のディティールを踏襲。プレゼントにもお勧め致します。
 

という内容です。
 

僕たちもお客様同様、毎回楽しみにしているイベントです。今年最後を締めくくる良い企画展になればと考えております。
 

では、皆様のご来店をお待ちしております。
 

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 4
  • uneven events