UNEVEN BLOG

イベントのお知らせと本日の入荷(2015.1.6)

2015年1月6日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

あけましておめでとうございます。本年度も宜しくお願い致します。
 

お知らせです。

「Sasquatchfabrix. 2015 SPRING/SUMMER COLLECTION 見立てる/Mitate」
ファッションとは時代の民度を強く反映させたものであり、そうあるべきものだと考えます。常に前衛的でなければならないものであります。私たちなりの「ファッション」を表現するために、その時代に対して、強度のあるテーマを設定し、クラシカルの肯定と否定を繰り返しながら前衛的で「遊び心」のある洋服づくりをテーマに展開しています。







「Sasquatchfabrix. 2015 S/S Sample Preview」を以下の日程で開催します。
 

1月9日(金曜日)
 

1月10日(土曜日)
 

1月11日(日曜日)
 

1月12日(祝日/月曜日)
 

コレクション全体の雰囲気や世界観、作り手の気持ちをじっくりと感じて頂ける機会になればという企画です。すでに入荷済みの春夏新作商品も合わせてご紹介致しますのでお楽しみに。※当店における「Sample Preview」とは一足先に春夏商品/サンプルを確認して頂けるフィッティングイベントです。予約等は一切行っておりません。
 

ここからは新作入荷のご案内。
 

「Arrow Noveltyについて」 現在、「Indian Souvenir Jewelry」と分類されるジュエリーの歴史は1900年頃まで遡ります。当時「Fred Harvey社」を中心にジュエリーの販売が始まりました。しかし当時のナバホジュエリーは部族間のトレードの為のものであり、とても重たく土産物としては適しませんでした。そこで「Fred Harvey社」のバイヤーはナバホのシルバースミスにトレーダーを通じて薄くて軽いジュエリーを作るように指導します。1900年から1930年頃の「Indian Souvenir Jewelry」は現在のインディアンジュエリーに多大な影響を与え、そのスタイルは「Fred Harvey Style」と呼ばれています。
こういった流れの中で、ニューメキシコにはいくつかのジュエリー工場が出来ていくことになります。1980年代前半から「Grants/N.M.」のはずれで工房を営む「Dick Elkins」の持つ古い資料の中から発見された、1900年代初頭にNYに実在した「Arrow Novelty社」のカタログを参考資料としてアーカイブし、もう一度1900年から1930年代当時のようにナバホのシルバースミスによるハンドメイドのジュエリーブランドを「Arrow Novelty」という名のもとに蘇らせようという試みです。

「Arrow Novelty」 SS Bracelet Plane Stamped 税抜き5800yen+税 (アメリカ製)

「Arrow Novelty」 Copper Bracelet Plane 税抜き2800yen+税 (アメリカ製)

「Arrow Novelty」 SS Bracelet Twist Reg 税抜き5800yen+税 (アメリカ製)

「Arrow Novelty」 Copper Bracelet Twist 税抜き2800yen+税 (アメリカ製)

「Arrow Novelty」 SS Bracelet Twist Narrow 税抜き4800yen+税 (アメリカ製)

「Arrow Novelty」 Copper Bracelet Twist Narrow 税抜き2800yen+税 (アメリカ製)
今後入荷する様々な「Indian Jewelry」との重ね付けをお勧め。銀と銅という異素材のコンビネーションも楽しい組み合わせ。タイミング的にも◎。
 


「Colina Yazzie」 Heishi Beads Bracelet 税抜き4800yen+税 (アメリカ製)

「Colina Yazzie」 Barrel Beads Bracelet Tq 税抜き4800yen+税 (アメリカ製)

「Colina Yazzie」 Barrel Beads Bracelet W/Shell 税抜き4800yen+税 (アメリカ製)
「Colina Yazzie」 ナバホ族の有名アーティスト、レイモンド・ヤジーの奥様がコリーナ・ヤジーという人物です。ナバホ族特有の感覚をいかしてビーズとビーズを上手にセットしていく技はコリーナ・ヤジーが最も得意としているスタイルで、一つ一つハンドメイドにて仕上げられています。
 

本日最後のご紹介。

「Tesoros」 Lucha Libre Bank 税抜き2400yen+税 (ペルー製)
何とも言えない存在感。中南米において高い人気を博す大衆格闘技「ルチャリブレ」のレスラーを模した貯金箱。主にディスプレイ用に。
 

という内容です。
 

では、宜しくお願い致します。

本日の入荷とお知らせ(2014.12.30)

2014年12月30日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

本年度最後の更新となります。
 

※年末年始の営業スケジュールに関して以下をご確認下さい。
 

12月30日(火曜日) 通常営業(本年度営業最終日) 

12月31日(水曜日) 正月休み 

1月1日(木曜日) 正月休み 

1月2日(金曜日) 正月休み 

1月3日(土曜日) 通常営業(初売り&蔵出し祭初日)
 

宜しくお願い致します。
 

ここからは初売り商品を駆け足にてご紹介致します。製作に時間が必要だったこちらの製品も待望の入荷。「HELLO TOKAI」は東海地方の「良いモノ」を再考し、ファッション業界最前線で活躍するクリエーターの感性と重ね合わせる事で、今までにないファッショナブルなプロダクツを創造するというプロジェクト。それぞれが持つ技術や知恵、資源を分かち合い、交換し合う事で生まれる、多くの相乗効果を含んだクリエーションを表現します。

「野呂英作(愛知県一宮市)について」 原材料から製品までの独自生産技術を活かし、「NORO」、「野呂英作」ブランドの高級手編毛糸で世界市場に販路拡大している企業です。世界に翔るアート感覚の手づくり毛糸をコンセプトに「人の手で糸を紡ぐ。人の手で出来ないところだけを機械で補う」というのが「NORO」の糸づくりの原点。熟練の職人たちが美しく染まった原毛を、一色一色手で計り、手で感じながら、真心を込めて並べ、数々の工夫と改良を施した設備を使い、出来るだけゆっくりとした速度を保ちながら、紡いでいる「手づくりの糸」それがNOROヤーンです。一本の糸で編むごとに次々と現れる美しい色のグラデーションは絵画を連想させ、その日本独自の色使いは世界20カ国の人々に愛され、さらに拡大を続けています。

「野呂英作×WHOWHAT」 ドレープタートルネックセーター 税抜き58000yen+税
Kabuto 均一でない。自然の風合いと原料の特徴を損なわないように、機械に任せず紡績行程に手作業を多く取り入れているため、手紡ぎ風のナチュラルスラブの糸になっています。ウール、カシミヤ、シルク、アルパカの4種の原料の特徴を生かすため、あえて適度のミキシングを避けて紡績しているので、編地にするとそれぞれの原料の偏りが自然な「ムラ」として現れ、それがKabutoの独特な表情となります。家庭機(手編み機)の太機を使用して、身頃をメリヤスの裏編み仕立てにしています。こうすることで、NOROヤーンの糸の風合いやネップ感が表地に出やすく、より表情が豊かに出ます。フォルムは、ネックのボリューム感を贅沢に出しつつ、そのボリュームが重さとなりダレないように、肩線を後ろに向かわせ、力のバランスが取れるようにパターン化しています。ネックウォーマーに使用したグラデーション糸(Impression)で楕円に編んだ肘宛が、左右不揃いの色が出て、渦巻き状に見える点もポイント。
 


「野呂英作×WHOWHAT」 グラデーションネックウォーマー 税抜き15000yen+税
Impression シルク、キッドモヘアを贅沢に使い、15〜18色もの色がロングピッチで変化していく華やかな糸を、もうひと手間かけてループタムにしました。シルクモヘアの艶と風合いを残したまま、独自の表面効果を持った糸に仕上がっています。手編み/棒針メリヤス編み。中綿には40mm厚のワタが入っています。コロンとした立体フォルムが特徴のネックウォーマーを、NOROヤーンでは代表的なビビットな配色のグラデーションカラー糸を使って、まるで生き物のように表現。帽子のように被っても◎。
 


「野呂英作×WHOWHAT」 足袋ニットソックス 税抜き16000yen+税
上記同様にKabutoを使用。鉤針引き上げ長編みの表編み地は、何とも平坦でシンプル。裏編みを表使いにした訳は、ボーダーの様に凸凹がハッキリ出る事。指先から渦巻きの様に編み地が丁度良い模様編みの様に見える点がポイント。こんなの欲しかったよねと言わせたい一品。
 

こちらの縁起物もオススメです。

「張り子作家 大野 博之」 1つ目招き猫 税抜き1600yen+税

「張り子作家 大野 博之」 干支/羊 税抜き1600yen+税
「張り子作家 大野 博之について」名古屋を中心に活動する張り子作家。ディープで豊かな造作と紙とは思えないきめの細かな質感が最大の特徴。軽くて、丈夫で、大量生産にも向いている事から各種人形や飾り物等が全国各地で作られ、古紙を材料にする廃物利用産業として発展してきました。しかし現在では、手間が掛かる技法という事で、作り手は減少しています。丁寧な手仕事で、主に起き上がり小法師を製作。何度倒しても起き上がる事から「縁起物」とされています。
 

こちらもスペシャルな初売り商品(各1個のみ)として入荷しております。

パタンナーとして様々なブランドの服作りを経験し、実力のあるブランドであること。凄い速さで進化する東京のファッションシーンにおいて自分らしい「デザイン」、「抜け感」と「空気感」を表現できるブランドであること。という理由で今期もプッシュしています。

「URU」 14FUM01/SP BLACK 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP BURGUNDY 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP SKY BLUE 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP BEIGE 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP LIGHT GREY 税抜き20000yen+税

「URU」 14FUM01/SP IVORY 税抜き20000yen+税
ラビットファーを使用したミニマムなツバ広ハット(スペシャルカラー版・再販)。ラウンドしたトップ部分も◎。各1個のみの入荷となっております。
 

こちらは2015春物が早々に立ち上がっております。

「Sasquatchfabrix. 2015 SPRING/SUMMER COLLECTION 見立てる/Mitate」
「Sasquatchfabrix.」 ファッションとは時代の民度を強く反映させたものであり、そうあるべきものだと考えます。常に前衛的でなければならないものであります。私たちなりの「ファッション」を表現するために、その時代に対して、強度のあるテーマを設定し、クラシカルの肯定と否定を繰り返しながら前衛的で「遊び心」のある洋服づくりをしています。

「Sasquatchfabrix.」 HANTEN COACH JKT 税抜き27000yen+税
高密度なナイロン生地を使用したコーチジャケット。コーチジャケットを半纏に見立て、半纏に使われている角字でスケートボードを「路滑板」と和訳してコーチジャケットにプリント。まずはここから的な一枚。
 



「Sasquatchfabrix.」 HAGUREMONO STADIUM JKT 税抜き42000yen+税
ハリ感のあるコットンナイロン生地を使用した1枚仕立てのスタジアムジャケット。胸には大きくSFXのロゴが入ります。着ると丸く見えるシルエット、少し下がったネック部分、透け感のある編み立てリブも特徴です。
 


「Sasquatchfabrix.」 TWIST SMILE TEE 税抜き12000yen+税
平和の象徴でお馴染みのスマイルマークを途中から切り替えて、少しだけツイストさせたカットソー。ボディはリヨセル混のコットン天竺を使用。ボールバイオ加工を施して古着感を追加しております。(OFF WHITEとASH GRAYの2色展開)
 


「Sasquatchfabrix.」 RENUNCIATION OF WAR TEE 税抜き6500yen+税
前期から継続となるチャンピオンボディのプリントTEE。読んで字のごとく「非戦」。バックスタイルにはピースマークに9を重ねたデザインをプリント。(WHITEとBLACKの2色展開)
 


「Sasquatchfabrix.」 KNIT CAP 税抜き6000yen+税
SK8ワッペンを貼付けた軽めのニットキャップ。リブ編みのテンションはやや強め。スタイルングのアクセント出しにお勧めさせて頂きます。
 

こちらも「2015SS」が立ち上がっております。
Bukht

「bukht」 BIG WAFFELE 税抜き15000yen+税
定番的にリリースされているニットサーマル2015SSバージョン。しっかりとニットを編み立てることで、上質な着心地と程よいボリューム感を演出しています。主張しない胸ポケも◎。安心の一枚。
 


「bukht」 NEW BIG DENIM TROUSERS ONE WASH INDIGO 税抜き16000yen+税
同じく定番的にリリースされているデニムパンツ。お尻周りのゆったり感、股上と生地の落ち感を生かした美しいシルエットが特徴。綿100%のムラ糸セルヴィッジを使用。リベット等は一切使用せず、ステッチワークを駆使したデザインがポイント。ワンウォッシュ済み。
 

CURLY
一貫したもの作りを目指し、2009AWからスタートしたカットソーブランド。全アイテムにニット地を使用し、カットソーの持つ着心地の良さを生かし様々なアイテム作りにチャレンジしています。デザインからパターンカッティングをアトリエで、生産は可能な限り1967年より続く自社工場で行われ、ぶれないアイテムを創り出している姿勢に注目しています。

「CURLY」 RAFFY ZIP PARKA 税抜き16000yen+税
超長綿である繊維強度の強いトルフィン、シルキーな光沢が特徴のギザ、クリーミーで柔らかなスーピマの落ち綿のみを混紡したムラ糸リサイクルコットンを使用。美しいムラと柔らかくふっくらとした着心地が特徴。春夏シーズンは起毛をかけずに目を詰めることで程よい生地厚とハリ感を持たせています。毎シーズンマイナーチェンジを繰り返しながらアップデートしているシルエットも必見。無駄なデザインを削ぎ落としたシンプルなデザイン。
 


「CURLY」 BRIGHT ZIP PARKA 税抜き16000yen+税
国内でも数台しかない旧式の編み立て機を使用、柔らかくふっくらとした仕上がりが特徴です。今季15SSは表面がきれいな目面の裏毛を使用し、よりシャープでスッキリとした印象に仕上がっています。(潔くシーズンカラーで展開されるDARK NAVYのみ展開)
 

NEWMR


「Anarcho Pax」 Saunter(Large) 税抜き50000yen+税
去年発売されたばかりのシリーズ中最新モデル「 Saunter(Large)」は、おにぎり型デイパック「 Saunter」の大型版。シュイナード・プロダクト型とも呼べる一作。パラフィンキャンバスとイタリアンオイルレザーによるブラウンカラーの元祖アナルコ・パックス仕様になって待望の初登場。
 

1月3日(土曜日)より一部商品を除き「SALE」を開始いたします。

※詳しくはお問い合わせ下さい。
 

また、こちらも同時進行です。


名古屋栄/赤座ビル3店舗合同企画 「赤座ビル蔵出し祭」
 

「開催日時」 1月3日(土曜日)〜1月5日(月曜日)
 

「開催場所」 愛知県名古屋市中区栄4丁目25号赤座ビル 2階中央特設会場 
 

「開催時間」 12:00~20:00 
 

「STEDY&SHAFT」・「Puras」・「UNEVEN GENERAL STORE」の蔵(ストックルーム)に眠る様々なブランドのウェア類はもちろん、シューズ、雑貨類など、ジャンルレスなお宝商品を最大70%OFFの破格プライスで放出致します。思う存分掘り返すも良し。じっくりと見極めるも良し。新春三日間限定の貴重な機会を十分にお楽しみ下さい。
 

「参加店舗」 (詳しくは下記店舗にお問い合わせ下さい)
 

※ STEADY&SHAFT TEL:052-265-0696 HP 
※ Puras TEL:052-251-1755 HP 
※ UNEVEN GENERAL STORE TEL:052-262-2525 HP 
 

という内容です。
 

本年度もありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。
 

では、良い年末年始を。

イベントのお知らせと本日の入荷(2014.11.21)

2014年11月21日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

寒くなりました。
 

早速ですが GENERAL STOREコンテンツも更新されております。
 

ぜひ一度ご覧下さいね。
 

こちらは再入荷のお知らせです。
SUN

「SUNSEA」 Flea Market Pants 税抜き32000yen+税
目の詰まったしっかりウール生地を使用した定番フリマパンツ。別生地のお尻補強、立体的な膝と裾の外付けファスナーは代表的なディティール。生地感を生かしつつ、機能的で都会的なシルエットに編集された今季バージョン。(Ash Navy、Ash Grayの2色展開)
 

NEWMR

「MOUNTAIN RESEARCH」 Knit Goofy 税抜き13000yen+税
フィッシャーマン編みのペルー・キャップ、通称「耳当て帽」。タイラップ留めの「おでこあて」(おでこ部分が二重になっているので暖かいです)でおなじみのニット帽。真冬のマウンテンリサーチスタイルには欠かせない一品が、柄無しの無地バージョンで登場。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 A.M. Cap 税抜き9000yen+税
ウールのオリジナル・ベースボールキャップ。後ろのアジャストゴムがクラシックな風情。山型シェイプの通称アナキスト”A”マーク・ワッペンがなんといってもポイントの一作。ブラウン・グレー・ネイビーの3色展開も嬉しい限り。どの色をとってもよし。
 

「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」は「生活をより豊かにするために必要なもの」を提案するレーベルとして2011年に誕生しました。サウスカリフォルニアをルーツとするワールドワイドなクロージングブランド「STUSSY」と共に1980〜90年代を過ごしてきた世代や、流行に身を預けず自分自身のやり方を確立しようとする行動的な世代に向けて、新しい価値観を見出せるような取り組みをしていきます。「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」が取り扱う商品は単なる「スタイル」を超えた何か、「ウェイ、オブ、ライフ」を作り上げるために必要な長い時間飽きることのない、有用性を備えた簡潔で力強い何かであるべきだという理念の下に集められたものです。

「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」 GS Touring Chair by Kermit Chair Company 
税抜き38000yen+税
Kermit Chair Companyは設計者でライダーのTom Sherrillがバイクでのツーリングキャンプの際に軽量、コンパクトで快適な椅子がなく、自ら小さいサイズの専用バッグに簡単に分解〜収納できるTouring Chairを開発したのが始まり。その華奢な脚からは想像つかない質実剛健の造りが評判を呼び、世界中に愛用者が増えているアウトドアチェアです。今季、STUSSY Livin’ GENERAL STOREでは設計者と対話しながら1000デニール・コーデュラナイロン生地のカラー別注、脚部分へのSTUSSY意匠である「Funky Fresh Gear…」の刻印入れ(レーザー加工)を行いました。野外でのラフな取り回しや悪天候を想定した厚くコーティングされた「ニス」やコンパクトに収納できるものとは思えない快適な座り心地はそのままに、テネシー州ナッシュビルにてハンドメイド生産されています。Made in USA。
 

続きまして、営業時間変更のお知らせです。
 

イベント準備のため、イベント当日11月28日(金曜日)の営業時間は18時までとなります。
 

ご注意下さい。

ファッション業界の最前線で活躍されているクリエーターの方々をゲストに招き入れ、学びの場である教室を舞台に繰り広げられる参加型レクチャーイベント。世界中の様々な情報がすぐに手に入る時代、細分化され拡張し続ける市場構造、先の見えない時代の閉塞感など、日々聞こえてくるネガティブなファッション業界の現状を正しく紐解き、名古屋という市場全体で「熱気ある一体感と学びの場」を創造しようという試みです。
このイベントはフレッシュなゲストクリエーター、名古屋ファッション専門学校さまのご協力の下、幅広い参加者と共に「現在進行形のファッションと次世代の為の新しいマーケット創造」について考え、話し合い、作り上げようという考えの基に企画しています。
 

「イベント名」 Creators Room.04(クリエーターズルーム04)
 

「ゲストクリエーター」
 

相澤 陽介(あいざわ ようすけ)/ White Mountaineering デザイナー
 

黒河内 真衣子(くろごうち まいこ)/ mame デザイナー
 

「日時」 2014年11月28日(金曜日) 19:00~20:30 (18:45開場)
 

「会場」 名古屋ファッション専門学校 (名古屋市中区新栄1-9-6)
 

中央玄関受付よりご入場下さい。
 

「共催」 名古屋ファッション専門学校 / 名古屋ファッション文化更新委員会
 

「後援」 ナゴヤファッション協会 
 

「協賛」 繊研新聞社、WWD JAPAN
 

「聴講料」 一般の方/1500円 
 

(ノベルティ付き/ Whytrohpy製のロゼット)
 

※お問い合わせは名古屋ファッション文化更新委員会HPからメールにてお問い合わせ頂くか、チケット販売協力店舗さまにお問い合わせ下さい。
 

という内容です。
 

では、皆様のご来店をお待ちしております。
 

イベントのお知らせと本日の入荷(2014.11.07)

2014年11月7日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

こちらの告知と新作入荷商品のご紹介をさせて頂きます。

ファッション業界の最前線で活躍されているクリエーターの方々をゲストに招き入れ、学びの場である教室を舞台に繰り広げられる参加型レクチャーイベント。世界中の様々な情報がすぐに手に入る時代、細分化され拡張し続ける市場構造、先の見えない時代の閉塞感など、日々聞こえてくるネガティブなファッション業界の現状を正しく紐解き、名古屋という市場全体で「熱気ある一体感と学びの場」を創造しようという試みです。
このイベントはフレッシュなゲストクリエーター、名古屋ファッション専門学校さまのご協力の下、幅広い参加者と共に「現在進行形のファッションと次世代の為の新しいマーケット創造」について考え、話し合い、作り上げようという考えの基に企画しています。
 

「イベント名」 Creators Room.04(クリエーターズルーム04)
 

「ゲストクリエーター」
 

相澤 陽介(あいざわ ようすけ)/ White Mountaineering デザイナー
 

黒河内 真衣子(くろごうち まいこ)/ mame デザイナー
 

「日時」 2014年11月28日(金曜日) 19:00~20:30 (18:45開場)
 

「会場」 名古屋ファッション専門学校 (名古屋市中区新栄1-9-6)
 

中央玄関受付よりご入場下さい。
 

「共催」 名古屋ファッション専門学校 / 名古屋ファッション文化更新委員会
 

「後援」 ナゴヤファッション協会 
 

「協賛」 繊研新聞社、WWD JAPAN
 

「聴講料」 一般の方/1500円 
 

(ノベルティ付き/ Whytrohpy製のロゼット)
 

※お問い合わせは名古屋ファッション文化更新委員会HPからメールにてお問い合わせ頂くか、チケット販売協力店舗さまにお問い合わせ下さい。
 
 

続々と新作入荷商品も到着しております。
UNUSED

「UNUSED」 US0854 税抜き72000yen+税
やや起毛した肉厚生地を使用しシンプルに仕上げた定番型ロングコート。気持ちゆったり目のシルエットも今の気分。都市生活者に必要な保温性と高いファッション生を兼ね備えた安心の逸品。
 

SUN

「SUNSEA」 Reversible Reflector Blouson 税抜き55000yen+税
ハリ感のあるコットンナイロン生地とリフレクター生地のリバーシブルで仕上げた中綿(プリマロフト)入りのノーカラージップアップブルゾン。身幅と袖幅はゆったり目のシルエット、裾はドローコード入りでアレンジも楽しい一枚。リフレクター素材のインパクトは必見。
 

SAKAKI

「theSakaki」 Stadium Jumper Leather 税抜き68000yen+税
オリジナリティ溢れるシルエットとディティールでおなじみ、「theSakaki」のスタジャン。起毛感のあるウール生地とカウレザーの切り替えバージョン。替えのドットボタンも付属。袖を少しだけ折り返す感じもお洒落な印象。
 


「theSakaki」 Shirts Jacket 税抜き52000yen+税
同じく定番的に展開される「Shirts Jacket」。こちらはオリエンタルなウール100%版。独特な首回りのディティール、「theSakaki」らしいシルエット、袖リブも収まりが良い一枚。
 


「theSakaki」 Shirts Jacket 税抜き42000yen+税
同じく定番的に展開される「Shirts Jacket」。こちらはネップ感が特徴となるウール/コットン生地を使用。独特な首回りのディティール、「theSakaki」らしいシルエット、袖リブも収まりが良い一枚。
 

Niche
「Niche」は決められた概念や生産背景に捉われることなく、その時その時のイメージを重視したブランド。それぞれの生産背景や生産国の良さを理解し振り分ける事で様々な玄人向けの商品を提案しています。

「Niche」 Holgura Duffle Coat Horizonontal 税抜き45000yen+税
毛足が長く軽いボーター生地を使用したオーバーサイズのダッフルコート。中綿無しの裏地付き仕様。取り回しの効くオールマイティなポジショニングが◎。
 

Bukht


「bukht」 CRAZY FISHERMAN’S CREW 税抜き25000yen+税
毎シーズン熟成を重ねる定番のフィッシャーマンセーター。前回に比べサイズ感もややフィット目に調整、編みのパターンを複雑に組み合わせて独特の面構えに。すこしロールしたクルーネックもポイントです。
 

FACETASM

「FACETASM」 MOHAIR GLOVE 税抜き8000yen+税
モヘアを使用した指切りのニットグローブ。手首部分は長めのデザイン。冬のスタイリング作りのアクセント出しにぜひお勧めしたい逸品。(他色、ブラック、イエロー、グリーン、ブルーも入荷済み)
 

JOHNS

「John’s by Johnny」 SKELTON SWEATSHIRT 税抜き22000yen+税 
 


「John’s by Johnny」 SMILE LONG SLEEVE TEE 税抜き8000yen+税  
 

NEWMR

「MOUNTAIN RESEARCH」 A.M. Patch 税抜き1600yen+税
フェルトのマル”A”ワッペン。新色使いの待望復刻。どんなアイテムに縫いつけてもバシっときまる直径7cmのサイズ感も魅力。アイロンパッチではないので、手間ひまかけてご自身で縫いつけて使いましょう。
 

心待ちにしていたこちらも到着。カリフォルニアの乾いた空気感とコンテンポラリーなアートシーンを身近に感じる作品です。

「WAKAWAKA」 straight back chair 税抜き80000yen+税
Material: Baltic birch plywood, oak dowels
Dimensions: 17” W x 20 1/2” D x 30” H x 18” seat H

「WAKAWAKA」 cylinder bench 税抜き95000yen+税
Material: Baltic birch plywood, oak dowel
Dimensions: 29” W x 18” D x 30” H x 17” seat H
「WAKAWAKA」 家具を中心に、一般的な素材を使いつつもその素材の特性と、シンプルな構造と細部との微妙なバランスを活かすことを目指した、ロサンゼルスを拠点に活動する奥田慎一郎がデザイン及び制作を手がけるデザインプロジェクトです。その作品が、個人的な空間の中で、各の個性を反映して使用され、また生涯にわたって様々に変化するインテリアの中で長寿をもって機能することができる作品創りを目指しています。(アメリカ製)
 


「Ortega’s」 Blanket 5″×20″ 税抜き5000yen+税(アメリカ製)
細長いスタイルが目新しいオルテガのブランケット。ちょっとした空間作りに。
 


「SAN JOSE HOTEL」 KEY TAG 税抜き1500yen+税
テキサス州オースティンに実在する「SAN JOSE HOTEL」のビンテージスタイルのキータグ。行った気になるのもファッションという事で。
 

という内容です。
 

では、皆様のご来店をお待ちしております。
 

イベントのお知らせと本日の入荷(2014.10.28)

2014年10月28日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

本日からこちらの告知が始まります。

ファッション業界の最前線で活躍されているクリエーターの方々をゲストに招き入れ、学びの場である教室を舞台に繰り広げられる参加型レクチャーイベント。世界中の様々な情報がすぐに手に入る時代、細分化され拡張し続ける市場構造、先の見えない時代の閉塞感など、日々聞こえてくるネガティブなファッション業界の現状を正しく紐解き、名古屋という市場全体で「熱気ある一体感と学びの場」を創造しようという試みです。
このイベントはフレッシュなゲストクリエーター、名古屋ファッション専門学校さまのご協力の下、幅広い参加者と共に「現在進行形のファッションと次世代の為の新しいマーケット創造」について考え、話し合い、作り上げようという考えの基に企画しています。
 

「イベント名」 Creators Room.04(クリエーターズルーム04)
 

「ゲストクリエーター」
 

相澤 陽介(あいざわ ようすけ)/ White Mountaineering デザイナー
 

黒河内 真衣子(くろごうち まいこ)/ mame デザイナー
 

「日時」 2014年11月28日(金曜日) 19:00~20:30 (18:45開場)
 

「会場」 名古屋ファッション専門学校 (名古屋市中区新栄1-9-6)
 

中央玄関受付よりご入場下さい。
 

「共催」 名古屋ファッション専門学校 / 名古屋ファッション文化更新委員会
 

「後援」 ナゴヤファッション協会 
 

「協賛」 繊研新聞社、WWD JAPAN
 

「聴講料」 一般の方/1500円 
 

(ノベルティ付き/ Whytrohpy製のロゼット)
 

※お問い合わせは名古屋ファッション文化更新委員会HPからメールにてお問い合わせ頂くか、チケット販売協力店舗さまにお問い合わせ下さい。
 
 

「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」は「生活をより豊かにするために必要なもの」を提案するレーベルとして2011年に誕生しました。サウスカリフォルニアをルーツとするワールドワイドなクロージングブランド「STUSSY」と共に1980〜90年代を過ごしてきた世代や、流行に身を預けず自分自身のやり方を確立しようとする行動的な世代に向けて、新しい価値観を見出せるような取り組みをしていきます。「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」が取り扱う商品は単なる「スタイル」を超えた何か、「ウェイ、オブ、ライフ」を作り上げるために必要な長い時間飽きることのない、有用性を備えた簡潔で力強い何かであるべきだという理念の下に集められたものです。

「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」 Rain Shoes by MOONSTAR 税抜き16000yen+税
1873年の創業よりゴム産業が盛んな久留米で靴作りを続けている「MOONSTAR」。140周年を迎えたことを機に「地下足袋」の生産から始まった長い歴史の中で積み重ねてきた技術や経験を活かし、現代人のライフスタイルに向けたプロダクトラインとして立ち上げられた「GOOD RUBBERS」の一環として共同開発を行ったレインシューズが新しい定番品としてラインナップに加わりました。都市生活における悪天候下のシチュエーションを想定し、アッパーのキャンバス素材と配合の異なるラバー素材をコンビネーションにすることで履き心地と防水耐久性を両立させた新しいコンセプトのシューズです。
 


「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」 Dopp Kit by TOPO DESIGN 税抜き4500yen+税
コロラドで2007年に設立された「TOPO DESIGNS」は彫刻家でもあるデザイナー Jedd Roseを中心に Mark Hansen、Erik Goreの3名によりスタートしたデザインプロジェクト。特徴的でありながらシンプル且つ機能的、アウトドアシーンでの使用にも耐えうるモノ作りを目指しています。全ての商品は彼らの地元コロラド周辺のフィールドでテストされ、修正を繰り返しフィニッシュされたデザインです。今回の別注ではミリタリーテイストのオリジナルカラー「Olive Green」をベースに、耐久性を問われない一部をコットンリップストップ生地に差し替え、よりデザインコンシャスな仕上がりとなっています。
 


「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」 GS Coffee Mill 税抜き6500yen+税
ステンレス製のオリジナルコーヒーミル。コーヒー豆を砕く歯の部分は金属臭がなく、錆びないセラミック製となっておりメンテナンスも簡単です。
 


「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」 Original Canister 税抜き1800yen+税
コーヒー豆の保存を始め、多用途に活躍するブラウングラスのボトル。発色を抑えたゴールドのGSロゴとSSリンクロゴのプリント入り。
 


「STUSSY Livin’ GENERAL STORE」 GS Key Tag 税抜き600yen+税
ワールドワイドブランドとして世界各国で展開するSTUSSYが、世界の旗艦都市として位置付けるビッグシティが配されたキータグ。古き良き時代よりアメリカのホテルで使用されているキータグをGS仕様にアップデートした一品。
 

という内容です。
 

では、皆様のご来店をお待ちしております。