UNEVEN BLOG

本日の入荷(2017.10.05)

2017年10月5日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

ちょっとした小ネタをスポット的にご紹介するシリーズです。

「Deadstock」 80’s French Military Vest/Olive Drab 税抜き10000yen+税

「Deadstock」 80’s French Military Vest/Olive Drab 税抜き10000yen+税
80年代に生産されたフランス軍の中綿入りベスト。ゆるい縫製ながらも非常に雰囲気のある一枚。両脇は面ファスナー2箇所で止めるだけのイージーな仕様。取り回しが良いやや薄手の生地感に対して、十分だと感じる保温性も◎。両脇を開けたり閉めたり、機能的なディティール+ファッショナブルな遊び方も楽しめます。国内のサイズ感で言えばMサイズとLサイズの中間くらい。長袖TEEと重ねて着るくらいが何となくお勧めです。

またインナーベストとしての使用だけでなく、薄手のアウターやコートと重ねるオーバーベスト的な提案も可。古いもの、新しいもの関係無く、ぜひ今の時代を反映したファッションとして出力してみて下さいね。
 

という内容です。
 

現在、2階フリースペースでは刺し子織りとモダンデザイン展が開催中です。




「イベント名」 刺し子織りとモダンデザイン / Sashiko-ori with Modern Design 
 

「コンセプト」
 

「特徴ある素材を活かし、意味のある物語を磨き上げ、都市生活者に必要とされる機能性と削ぎ落としたモダンデザインを併せ持つ誠実なプロダクト」
 

日本には世界中のデザイナーから信頼される素材や工房が、今も大切に受け継がれています。素材や工房の持つ技術を正しく理解し、それぞれの立場で十分な対話を重ね、新しいデザインを作り上げてゆく。そのプロセスは、共感と尊重無くしては成り立ちません。今回、三河を拠点とする刺し子織りの老舗メーカー「株式会社タネイ」と普遍的なトートバッグを中心としたブランド「CaBas・キャバ」、ファッションブランド「URU TOKYO」の3者協業にて企画、デザイン、生産されたバッグコレクション5型のみを提案するイベント” 刺し子織りとモダンデザイン展”を開催致します。
 

「ゲスト」
 

URU TOKYO 
 

美しく生きること。今の時代を反映した”美意識”も持つ、現代的な都市生活者に向けたファッションブランド。 
 

CaBas・キャバ 
 

誰にとっても身近で普遍的なトートバッグを中心としたバッグコレクションを、日本の素材と工房にこだわり展開しています。日々を彩るアイテムとして自由な発想で使って欲しいという想いから、フランス語で「大きな鞄」や「ショッピングバッグ」を意味するCaBas・キャバと名付けました。自分らしいライフスタイルを確立していこうとするあらゆる世代に向け、もの選びの“「新しい価値観」を見出せるような商品を提案していきます。
 

株式会社タネイ 
 

日本で初めて綿業が根を下ろした愛知県の三河の地に、タネイは1920年に創業しました。刺し子織りの老舗メーカーとして歩み続けてきたタネイは、それまで手工業で行ってきた刺し子織りを、動力による織機を開発することで安定的に供給できることをいち早く可能にし、三河の地に刺し子織りを根付かせました。タネイは剣道や柔道などの武道着の発展に寄与し、今日も日本国内の道着のトップメーカーとして多くの道着を世に送り出しています。厚手の三河木綿を使った独特な刺し子織りは、生地の凸凹により耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れ、肌触りもよく刺し子織りは日本古来より伝わる防火用衣の織りものとして伝わってきました。刺し子織りの生地は非常に頑丈なため、美しい裁断や縫製が難しいとされていますが、タネイによって生み出される商品は、昔から刺し子織りに向き合ってきた経験豊かな作り手によって真っすぐに裁ち揃えられ、一枚一枚丁寧に縫製することで美しいカバンを生み出だしています。生地の織りから裁断、縫製まで一貫したモノづくりにより、高品質な商品に定評がある唯一無二のアトリエです。
 

「開催日程」 2017年9月30日(土曜日)〜 2017年10月22日(日曜日) の23日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

という内容です。
 

では、皆様のご来店をお待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2017.09.29)

2017年9月30日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

準備も順調に進み、会場も整いました。
 

明日9月30日(土曜日)より、こちらの企画展が始まります。愛知県の地場ネタは非常に嬉しいと同時に、適度な緊張感も身にしみます。
 

ぜひこの機会にご来場くださいませ。




「イベント名」 刺し子織りとモダンデザイン / Sashiko-ori with Modern Design 
 

「コンセプト」
 

「特徴ある素材を活かし、意味のある物語を磨き上げ、都市生活者に必要とされる機能性と削ぎ落としたモダンデザインを併せ持つ誠実なプロダクト」
 

日本には世界中のデザイナーから信頼される素材や工房が、今も大切に受け継がれています。素材や工房の持つ技術を正しく理解し、それぞれの立場で十分な対話を重ね、新しいデザインを作り上げてゆく。そのプロセスは、共感と尊重無くしては成り立ちません。今回、三河を拠点とする刺し子織りの老舗メーカー「株式会社タネイ」と普遍的なトートバッグを中心としたブランド「CaBas・キャバ」、ファッションブランド「URU TOKYO」の3者協業にて企画、デザイン、生産されたバッグコレクション5型のみを提案するイベント” 刺し子織りとモダンデザイン展”を開催致します。
 













「ゲスト」
 

URU TOKYO 
 

美しく生きること。今の時代を反映した”美意識”も持つ、現代的な都市生活者に向けたファッションブランド。 
 

CaBas・キャバ 
 

誰にとっても身近で普遍的なトートバッグを中心としたバッグコレクションを、日本の素材と工房にこだわり展開しています。日々を彩るアイテムとして自由な発想で使って欲しいという想いから、フランス語で「大きな鞄」や「ショッピングバッグ」を意味するCaBas・キャバと名付けました。自分らしいライフスタイルを確立していこうとするあらゆる世代に向け、もの選びの“「新しい価値観」を見出せるような商品を提案していきます。
 

株式会社タネイ 
 

日本で初めて綿業が根を下ろした愛知県の三河の地に、タネイは1920年に創業しました。刺し子織りの老舗メーカーとして歩み続けてきたタネイは、それまで手工業で行ってきた刺し子織りを、動力による織機を開発することで安定的に供給できることをいち早く可能にし、三河の地に刺し子織りを根付かせました。タネイは剣道や柔道などの武道着の発展に寄与し、今日も日本国内の道着のトップメーカーとして多くの道着を世に送り出しています。厚手の三河木綿を使った独特な刺し子織りは、生地の凸凹により耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れ、肌触りもよく刺し子織りは日本古来より伝わる防火用衣の織りものとして伝わってきました。刺し子織りの生地は非常に頑丈なため、美しい裁断や縫製が難しいとされていますが、タネイによって生み出される商品は、昔から刺し子織りに向き合ってきた経験豊かな作り手によって真っすぐに裁ち揃えられ、一枚一枚丁寧に縫製することで美しいカバンを生み出だしています。生地の織りから裁断、縫製まで一貫したモノづくりにより、高品質な商品に定評がある唯一無二のアトリエです。
 

「開催日程」 2017年9月30日(土曜日)〜 2017年10月22日(日曜日) の23日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

今回は商品紹介もさせて頂きます。
URU

「URU」 17FCA03 NAVY/CHARCOAL 税抜き34000yen+税
シリーズ中最大容量を誇るバックパック。前面に出た刺し子織りの素材感、美しく整った機能的なディティール、まさに今の時代を反映したモダンデザインに仕上がっています。背中面のファスナーポケット&小さくプリントされた亀ロゴも◎です。高さ約50cm。
 


「URU」 17FCA02 NAVY/CHARCOAL 税抜き24000yen+税
ちよっとした旅行にも対応できるショルダーバッグ。絶妙のサイズ感。前面に出た刺し子織りの素材感、美しく整った機能的なディティール、まさに今の時代を反映したモダンデザインに仕上がっています。底部分は別生地で補強、内側にはファスナーポケット付き。袋部分高さ約40cm。
 


「URU」 17FCA01 NAVY/CHARCOAL 税抜き12000yen+税
日々の生活で活躍するマチ無し手提げバッグ。前面に出た刺し子織りの素材感、美しく整った機能的なディティール、まさに今の時代を反映したモダンデザインに仕上がっています。何と言ってもアイキャッチーな亀プリントが特徴。配色もGOOD。袋部分高さ約45cm。
 


「URU」 17FCA04 NAVY/CHARCOAL 税抜き26000yen+税
サイズ感を感じさせない、十分な収納性を確保したミニショルダーバッグ。前面に出た刺し子織りの素材感、美しく整った機能的なディティール、まさに今の時代を反映したモダンデザインに仕上がっています。生地の厚みを感じさせない正確な縫製が光る一品。袋部分高さ約25cm。
 


「URU」 17FCA05 NAVY/CHARCOAL 税抜き23000yen+税
おにぎり型のフォルムが印象的なウエストバッグ。小さすぎない絶妙なサイズ感。前面に出た刺し子織りの素材感、美しく整った機能的なディティール、まさに今の時代を反映したモダンデザインに仕上がっています。こちらも生地の厚みを感じさせない正確な縫製が光る一品。袋部分高さ約20cm。
 

という内容です。
 

では、会場にてお会いできることを楽しみにしております。
 

イベントのお知らせと本日の入荷(2017.09.24)

2017年9月24日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

ちょっとした小ネタをスポット的にご紹介致します。

「Deadstock」 90’s Navajo Cast Ring/Stud 税抜き20000yen+税

「Deadstock」 90’s Navajo Cast Ring/Wave 税抜き20000yen+税

「Deadstock」 90’s Navajo Cast Ring/Wing 税抜き20000yen+税
90年代にデザイン・製作されたインディアンジュエリーらしからぬインディアンジュエリー。Navajoの鋳造モノのデッドストック。何と言ってもコンテンポラリーな美しいシルエットが特徴。有機的なフォルムから生まれる濃淡豊かなコントラストはアートオブジェクトのような佇まい。何かしら新しいモノを生み出そうとした痕跡が感じられる逸品です。アメリカ製。
 

という内容です。
 

9月30日(土曜日)より、2階フリースペースにて始まる企画展の告知もさせて頂きます。
 

愛知県の地場ネタは非常に嬉しいと同時に、適度な緊張感も感じます。しっかりと準備して進行致しますので、ご期待下さいませ。




「イベント名」 刺し子織りとモダンデザイン / Sashiko-ori with Modern Design 
 

「コンセプト」
 

「特徴ある素材を活かし、意味のある物語を磨き上げ、都市生活者に必要とされる機能性と削ぎ落としたモダンデザインを併せ持つ誠実なプロダクト」
 

日本には世界中のデザイナーから信頼される素材や工房が、今も大切に受け継がれています。素材や工房の持つ技術を正しく理解し、それぞれの立場で十分な対話を重ね、新しいデザインを作り上げてゆく。そのプロセスは、共感と尊重無くしては成り立ちません。今回、三河を拠点とする刺し子織りの老舗メーカー「株式会社タネイ」と普遍的なトートバッグを中心としたブランド「CaBas・キャバ」、ファッションブランド「URU TOKYO」の3者協業にて企画、デザイン、生産されたバッグコレクション5型のみを提案するイベント” 刺し子織りとモダンデザイン展”を開催致します。
 

「ゲスト」
 

URU TOKYO 
 

美しく生きること。今の時代を反映した”美意識”も持つ、現代的な都市生活者に向けたファッションブランド。 
 

CaBas・キャバ 
 

誰にとっても身近で普遍的なトートバッグを中心としたバッグコレクションを、日本の素材と工房にこだわり展開しています。日々を彩るアイテムとして自由な発想で使って欲しいという想いから、フランス語で「大きな鞄」や「ショッピングバッグ」を意味するCaBas・キャバと名付けました。自分らしいライフスタイルを確立していこうとするあらゆる世代に向け、もの選びの“「新しい価値観」を見出せるような商品を提案していきます。
 

株式会社タネイ 
 

日本で初めて綿業が根を下ろした愛知県の三河の地に、タネイは1920年に創業しました。刺し子織りの老舗メーカーとして歩み続けてきたタネイは、それまで手工業で行ってきた刺し子織りを、動力による織機を開発することで安定的に供給できることをいち早く可能にし、三河の地に刺し子織りを根付かせました。タネイは剣道や柔道などの武道着の発展に寄与し、今日も日本国内の道着のトップメーカーとして多くの道着を世に送り出しています。厚手の三河木綿を使った独特な刺し子織りは、生地の凸凹により耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れ、肌触りもよく刺し子織りは日本古来より伝わる防火用衣の織りものとして伝わってきました。刺し子織りの生地は非常に頑丈なため、美しい裁断や縫製が難しいとされていますが、タネイによって生み出される商品は、昔から刺し子織りに向き合ってきた経験豊かな作り手によって真っすぐに裁ち揃えられ、一枚一枚丁寧に縫製することで美しいカバンを生み出だしています。生地の織りから裁断、縫製まで一貫したモノづくりにより、高品質な商品に定評がある唯一無二のアトリエです。
 

「開催日程」 2017年9月30日(土曜日)〜 2017年10月22日(日曜日) の23日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

という内容です。
 

では、皆様のご来店をお待ちしております。
 

本日の入荷(2017.09.22)

2017年9月22日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

9月23日(土曜日)更新致しました。
 

今週も続々と新作商品が到着しております。
 

一部、店頭にお出ししていない商品もございます。スタッフにご確認下さいませ。
SUN

「SUNSEA」 Vintage Cotton Suede Blouson/Brown 税抜き55000yen+税

「SUNSEA」 Vintage Cotton Suede Blouson/Black 税抜き55000yen+税
今期の新しい流れを感じる一枚。しっかり感を出しつつもやや緩く織る事で、古着のような雰囲気に仕上げた綿生地を使用したジップアップブルゾン。ややフィット感のあるシルエット。胸や肩ヨーク、背中腰ベルト、エルボーパッチ等、部分的なレザー使い(スエード素材を使用)は品の良い古着の様なビジュアル。袖口のジップも非常に機能的なデザインです。
 


「SUNSEA」 Baggy Sleeve Long-T/Ash Brown 税抜き16000yen+税

秋冬シーズンの必需品。手触りの良い綿生地を使用したクルーネック長袖TEE。削ぎ落とされた都会的なビジュアル、調整された身幅や袖幅、着丈のバランスが特徴。右脇にはお決まりの貼り付けポケット付き。また、袖口のボタンは機能的にもデザイン的にも◎です。
 


「SUNSEA」 Vintage Cotton Pants/Brown 税抜き32000yen+税

「SUNSEA」 Vintage Cotton Pants/Black 税抜き32000yen+税
上記、Vintage Cotton Suede Blousonと同素材で展開されるテーパードシルエットパンツ。しっかり感を出しつつもやや緩く織る事で、古着のような雰囲気に仕上げた綿生地を使用。ゆったりとした腰回りから美しくテーパードしたシルエットが特徴。また裾も折り返し可能なパターンです。ぜひセットアップもご検討下さいませ。
 


「SUNSEA」 Belt/Black 税抜き10000yen+税
定番的にリリースられるカウレザーのバックルレスベルト。今季はやや細く修正されて登場。ミニマムなデザインとディティールがスタイリングに干渉しないスグレモノ。長い時間を共にできる逸品です。
 


「SUNSEA」 Hexagon Studs Bangle/2色展開 税抜き12000yen+税
厚手のカウレザーを使用したレザーバングル。迫力のある六角形の真鍮製スタッズ、丁寧なコバ処理もポイント。こちらも長い時間を共にできる逸品です。
 

URU

「URU」 17FUJ08/CAMEL 税抜き60000yen+税

「URU」 17FUJ08/BURGUNDY 税抜き60000yen+税
上品な表情と独特な手触りが特徴となるウール100%生地を使用したフライトジャケット。基本に忠実なデザイン&ディティール、品良く美しいビジュアルが印象的。あえて共地で仕上げられた袖口部分もポイント。やや大きめのシルエット、太めの袖幅に対してジャストな着丈が◎です。
 


「URU」 17FUS06B/PLAID 税抜き32000yen+税
軽く柔らかいウールオンブレーチェック生地を使用したオープンカラー長袖シャツ。同ブランドらしい配色と微起毛した素材感が特徴。ややゆったりとしたシルエットも今の気分。今期秋冬シーズンを通してご使用頂ける一枚に仕上がっています。
 


「URU」 17FUK04/MIX 税抜き26000yen+税

「URU」 17FUK04/D.GREEN 税抜き26000yen+税
立体的な編み地が特徴となるウール糸を使用したニットベスト。ドロップするショルダー、広めの身幅に対して、ジャストな着丈が◎。全体的に調整されたバランスが特徴。ぜひロングスリーブTEEとの組み合わせをご検討下さい。
 


「URU」 17FUP09/CAMEL 税抜き34000yen+税

「URU」 17FUP09/BURGUNDY 税抜き34000yen+税

「URU」 17FUP09/BROWN 税抜き34000yen+税
上品な表情と独特な手触りが特徴となるウール100%生地を使用したワンタックややワイドパンツ。きれいなストレートシルエット&ややハイウエスト仕様な都会的デザイン。ぜひ上記の同素材フライトジャケット、同素材コートとのセットアップをご検討下さいませ。
 

AiE

「AiE」 Lounge Shirt Shadow Plaid Flannel/Charcoal 税抜き25000yen+税

「AiE」 Lounge Shirt Shadow Plaid Flannel/Blue 税抜き25000yen+税
綿の織りチェック生地を使用した、ややゆったりシルエットのプルオーバーシャツ。袖、裾、襟はカットオフ仕様。袖にはストラップが付き、アレンジも楽しい一枚に。また、部分的に配置されたチェックパターンとアニマルパターンの組み合わせがフレッシュな印象。今季お勧めな一枚です。アメリカ製。
 


「AiE」 Lounge Shirt Cotton Velveteen Animal/Zebra 税抜き30000yen+税
ゼブラプリントが施された、起毛感のある綿ビロード生地を使用。ややゆったりシルエットのプルオーバーシャツ。袖、裾、襟はカットオフ仕様。袖にはストラップが付き、アレンジも楽しい一枚に。兎にも角にもインパクト重視の問題作。アメリカ製。
 


「AiE」 Wool Strap Pant Wool Solid/Brown 税抜き29000yen+税

「AiE」 Wool Strap Pant Wool St./Dk.Brown 税抜き29000yen+税
しっかり感のあるウール生地を使用した8分丈パンツ。継続的に提案される同ブランドらしい一本。単色生地版とストライプ生地版。ストリートにフィットするゆったりとしたシルエットが特徴。裾のストラップディティールで様々なアレンジも楽しめます。次の時代の空気感を感じる逸品です。アメリカ製。
 


「NEPENTHES in print」 #8 税抜き500yen+税
雑誌という新たなフォーマットでNEPENTHESならではの世界が読み解けます。バイリンガル雑誌『NEPENTHES in print』の8号。最新号はファッション特集。恒例のREMIXは、メンズ/ウィメンズの二本立て。スタイリスト服部昌孝氏(メンズ)と亘つぐみ氏(ウィメンズ)の二人がディレクションを担当した秋冬ファッションストーリーをお届けします。その他、秋冬アイテムに深く切り込んだ「PRODUCT ANALYSIS」、〈NEEDLES〉清水慶三/〈ENGINEERED GARMENTS〉鈴木大器による秋冬コレクション解説などを始め、カメラマンの正田真弘、アートディレクターのNOBI KASHIWAGIのインタビューも掲載。見応えは十分です。
 

WHOWHAT

「WHOWHAT」 HOODED REVERSIBLE COAT/GREGE 税抜き58000yen+税

「WHOWHAT」 HOODED REVERSIBLE COAT/TURQUOISE BLUE 税抜き58000yen+税

「WHOWHAT」 HOODED REVERSIBLE COAT Back Style
天然素材の様な柔らかい風合いと、自然な光沢感を持たせたナイロン素材に、シワ加工+アクリルコーティング撥水加工を施し使用したフード付きロングコート(リバーシブル着用可能)。中綿にはシンサレートを使用し、十分な保温性を確保。バックプリントには、同ブランドの下げ札でお馴染み、ミラー(鏡)に写る「W」の文字でシンボリックなマークを製作しプリント。逆開仕様のファスナーも◎です。
 


「WHOWHAT」 WORMHOLE PANTS/BLACK 税抜き32000yen+税
染料染めをした後に、更に天然穀物を利用した顔料染めを施すダブル染め加工+微起毛加工素材を使用したワイドシルエットパンツ。脇両サイドには長めのZIPを配置し、様々なアレンジが可能。裾もぐっと絞ってもGOODです。
 

69logo
「69」 デニム生地を中心としたクリエーション。性別を問わないユニセックスデザイン。全ての製品がカリフォルニアで生産されるというフィロソフィー。コンセプチャルなアートシーンに近いコンテンポラリーファッション。ここ最近のファッションシーンに足りなかったモノ。

「69」 GOOFY SHIRT LS/HEATHERED GREY 税抜き54000yen+税
「69」 DUCK PANTS/HEATHERED GREY 税抜き48000yen+税
ソフトタッチなボア生地を使用したオーバーサイズシャツ。色むらのある素材感を前面に出した一枚。なんとも言えない存在感がポイント。また同素材を使用したゆったりブカブカシルエット7分丈パンツも同時入荷。ファッショナブルなセットアップとしてご提案致します。アメリカ製。
 

UNUSED

「UNUSED」 US1296/BLACK 税抜き27000yen+税

「UNUSED」 US1296/RED 税抜き27000yen+税
ガッチリと目の詰まった裏起毛スウェット生地を使用したパーカー。シンプルなビジュアルながらも、UNUSEDらしい編集が印象的。絶妙な緩めシルエットとリバースウィーブルックが特徴。古着だと、ありそうで見つからないモノ。シーズンを通してご愛用頂けます。
 

CREPU_LOGO

「crepuscule」 1703-004/C.Gray 税抜き19000yen+税

「crepuscule」 1703-004/Mocha 税抜き19000yen+税
ドライタッチで肉厚なヘビー鹿の子を使用したZIPカーディガン。しっかりと凹凸が浮き出た鹿の子編みの表情、ゆったりとした身幅と大きく落ちる肩、緩いシルエットが特徴。リラックスした着心地と都会的なミニマムデザイン、脇のスラッシュポケットも非常に機能的です。
 

という内容です。
 

9月30日(土曜日)より、2階フリースペースにて始まる企画展の告知もさせて頂きます。
 

愛知県の地場ネタは非常に嬉しいと同時に、適度な緊張感も感じます。しっかりと準備して進行致しますので、ご期待下さいませ。




「イベント名」 刺し子織りとモダンデザイン / Sashiko-ori with Modern Design 
 

「コンセプト」
 

「特徴ある素材を活かし、意味のある物語を磨き上げ、都市生活者に必要とされる機能性と削ぎ落としたモダンデザインを併せ持つ誠実なプロダクト」
 

日本には世界中のデザイナーから信頼される素材や工房が、今も大切に受け継がれています。素材や工房の持つ技術を正しく理解し、それぞれの立場で十分な対話を重ね、新しいデザインを作り上げてゆく。そのプロセスは、共感と尊重無くしては成り立ちません。今回、三河を拠点とする刺し子織りの老舗メーカー「株式会社タネイ」と普遍的なトートバッグを中心としたブランド「CaBas・キャバ」、ファッションブランド「URU TOKYO」の3者協業にて企画、デザイン、生産されたバッグコレクション5型のみを提案するイベント” 刺し子織りとモダンデザイン展”を開催致します。
 

「ゲスト」
 

URU TOKYO 
 

美しく生きること。今の時代を反映した”美意識”も持つ、現代的な都市生活者に向けたファッションブランド。 
 

CaBas・キャバ 
 

誰にとっても身近で普遍的なトートバッグを中心としたバッグコレクションを、日本の素材と工房にこだわり展開しています。日々を彩るアイテムとして自由な発想で使って欲しいという想いから、フランス語で「大きな鞄」や「ショッピングバッグ」を意味するCaBas・キャバと名付けました。自分らしいライフスタイルを確立していこうとするあらゆる世代に向け、もの選びの“「新しい価値観」を見出せるような商品を提案していきます。
 

株式会社タネイ 
 

日本で初めて綿業が根を下ろした愛知県の三河の地に、タネイは1920年に創業しました。刺し子織りの老舗メーカーとして歩み続けてきたタネイは、それまで手工業で行ってきた刺し子織りを、動力による織機を開発することで安定的に供給できることをいち早く可能にし、三河の地に刺し子織りを根付かせました。タネイは剣道や柔道などの武道着の発展に寄与し、今日も日本国内の道着のトップメーカーとして多くの道着を世に送り出しています。厚手の三河木綿を使った独特な刺し子織りは、生地の凸凹により耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れ、肌触りもよく刺し子織りは日本古来より伝わる防火用衣の織りものとして伝わってきました。刺し子織りの生地は非常に頑丈なため、美しい裁断や縫製が難しいとされていますが、タネイによって生み出される商品は、昔から刺し子織りに向き合ってきた経験豊かな作り手によって真っすぐに裁ち揃えられ、一枚一枚丁寧に縫製することで美しいカバンを生み出だしています。生地の織りから裁断、縫製まで一貫したモノづくりにより、高品質な商品に定評がある唯一無二のアトリエです。
 

「開催日程」 2017年9月30日(土曜日)〜 2017年10月22日(日曜日) の23日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

という内容です。
 

今週末の入荷商品に関しましては、時間を見つけてこちらの記事に付け足す予定です。ご確認を宜しくお願い致します。
 

では、皆様のご来場をお待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2017.09.17)

2017年9月17日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

9月30日(土曜日)より、2階フリースペースにて始まる企画展の告知をさせて頂きます。
 

愛知県の地場ネタは非常に嬉しいと同時に、適度な緊張感も感じます。しっかりと準備して進行致しますので、ご期待下さいませ。




「イベント名」 刺し子織りとモダンデザイン / Sashiko-ori with Modern Design 
 

「コンセプト」
 

「特徴ある素材を活かし、意味のある物語を磨き上げ、都市生活者に必要とされる機能性と削ぎ落としたモダンデザインを併せ持つ誠実なプロダクト」
 

日本には世界中のデザイナーから信頼される素材や工房が、今も大切に受け継がれています。素材や工房の持つ技術を正しく理解し、それぞれの立場で十分な対話を重ね、新しいデザインを作り上げてゆく。そのプロセスは、共感と尊重無くしては成り立ちません。今回、三河を拠点とする刺し子織りの老舗メーカー「株式会社タネイ」と普遍的なトートバッグを中心としたブランド「CaBas・キャバ」、ファッションブランド「URU TOKYO」の3者協業にて企画、デザイン、生産されたバッグコレクション5型のみを提案するイベント” 刺し子織りとモダンデザイン展”を開催致します。
 

「ゲスト」
 

URU TOKYO 
 

美しく生きること。今の時代を反映した”美意識”も持つ、現代的な都市生活者に向けたファッションブランド。 
 

CaBas・キャバ 
 

誰にとっても身近で普遍的なトートバッグを中心としたバッグコレクションを、日本の素材と工房にこだわり展開しています。日々を彩るアイテムとして自由な発想で使って欲しいという想いから、フランス語で「大きな鞄」や「ショッピングバッグ」を意味するCaBas・キャバと名付けました。自分らしいライフスタイルを確立していこうとするあらゆる世代に向け、もの選びの“「新しい価値観」を見出せるような商品を提案していきます。
 

株式会社タネイ 
 

日本で初めて綿業が根を下ろした愛知県の三河の地に、タネイは1920年に創業しました。刺し子織りの老舗メーカーとして歩み続けてきたタネイは、それまで手工業で行ってきた刺し子織りを、動力による織機を開発することで安定的に供給できることをいち早く可能にし、三河の地に刺し子織りを根付かせました。タネイは剣道や柔道などの武道着の発展に寄与し、今日も日本国内の道着のトップメーカーとして多くの道着を世に送り出しています。厚手の三河木綿を使った独特な刺し子織りは、生地の凸凹により耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れ、肌触りもよく刺し子織りは日本古来より伝わる防火用衣の織りものとして伝わってきました。刺し子織りの生地は非常に頑丈なため、美しい裁断や縫製が難しいとされていますが、タネイによって生み出される商品は、昔から刺し子織りに向き合ってきた経験豊かな作り手によって真っすぐに裁ち揃えられ、一枚一枚丁寧に縫製することで美しいカバンを生み出だしています。生地の織りから裁断、縫製まで一貫したモノづくりにより、高品質な商品に定評がある唯一無二のアトリエです。
 

「開催日程」 2017年9月30日(土曜日)〜 2017年10月22日(日曜日) の23日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

という内容です。
 

では、皆様のご来場をお待ちしております。
 

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 4
  • uneven events