UNEVEN BLOG

UNEVEN HUB STORE・イベントのお知らせ(2022.11.26)

2022年11月27日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

本日、11月26日(土曜日)より、UNEVEN HUB STORE(西区)施設全体にて始まる本年度最後の企画展 ”靉嘔・虹“ がスタート致します。
 

充実した内容となりましたので、ぜひご来場下さいませ。
 

こちらのイベントに関しまして、UNEVEN HUB STOREでの開催となります。
 





































年に数回、施設全体で開催しているアート月間。
 

今回も東京・Gallery 360°とTODAYeditionの協力の元、企画展「靉嘔・虹」を開催する運びとなりました。ウィズコロナ、そしてアフターコロナを迎え、新しい生活様式における視点の一つとして、明るい未来・希望と美しい虹色を重ね合わせて問いかけたいと考えます。また、主軸となるシルクスクリーン作品だけでなく、ドリップ作品、過去の展覧会における図録やTシャツ、TODAYedition製となる特別なコラボレーション商品を取り揃えたスーベニアショップを併設致します。
 

新たな価値観との出会いを願って。
 

「イベント名」 靉嘔・虹 Ay-O/Rainbow  
 

「ストーリー」
 

虹のアーティストとして知られる靉嘔は、今年5月に91歳の誕生日を迎え、その活動歴は70余年に及びます。活動は、大学在学中の1951年大阪で画家の瑛九を中心に結成されたデモクラート運動に参加したことから始まります。既存の画壇や美術団体を拒否し、自由と独立の精神を持って制作するという理念のグループにて活躍(他には河原温らが参加)、58年にはニューヨークに拠点を移すべく渡米します。
 

これまでには無い新しいものを生み出したいという靉嘔の前衛精神は、60年代初期に沸き起こったフルクサス運動に共感し、初期から積極的に参加。リーダーのジョージ・マチューナスの呼びかけのもと、同じ考えを持ったアーティストが世界各国から集い、構成されたこのグループは、既成の概念や形式にとらわれず、先駆的・実験的な表現を試みた前衛アーティスト集団でした。
 

単身アメリカという異国の美術界に飛び込み、そこで格闘する靉嘔。残されているのは自身の身体のみであり、備わっている人間の五感から作品を生み出そうという考えに至り、触覚のフィンガー・ボックス、味覚のディナー・イヴェント、フルクサスのイヴェントで演奏された音や嗅覚の作品、そして視覚を追求した中で発案したのが、レインボーの絵画です。「言いたいことがあるから作品を作るんだ」という靉嘔はその初期から現在に至るまで、常に自身にしか出来ないオリジナリティを追求し続けました。70年以上に及ぶ前衛の精神を貫いた靉嘔の作品の一端を、この展覧会で体感していただければ嬉しく思います。
 

IG:GALLERY 360°
 

HP:GALLERY 360°
 

「開催日程」 2022年11月26日(土曜日)〜 2022年12月25日(日曜日) の30日間 
 

※ 一部商品の引渡しは会期終了後となります。
 

「開催時間」 11:00 〜 19:00
 

「開催場所」 UNEVEN HUB STORE / 施設全体
 

451-0021 愛知県名古屋市西区天塚町1丁目108-1


※ 新型コロナウイルスの感染防止の為、ソーシャル・ディスタンスの確保(混雑時には入場制限をさせて頂きます)、消毒および清掃の強化を徹底致します。また、お客様にもマスクを着用してのご来店、入室時に消毒のご協力をお願い致します。発熱や咳等の症状があるお客様のご来店は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
 

という内容です。
 

※ このBLOGを含むホームページの全面リニューアルに伴い、準備段階として商品紹介を各店Instagramに移行しております。大変お手数ですが以下のアカウントをご確認下さい。
 

UNEVEN GENERAL STORE IG:uneven_general_store
 

UNEVEN HUB STORE IG:uneven_hub_store
 
※ メール問い合わせ hub@uneven.jp
 

では皆さま、良い週末をお過ごし下さい。引き続き、宜しくお願い致します。
 

UNEVEN HUB STORE・イベントのお知らせ(2022.11.11)

2022年11月11日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

今月末、11月26日(土曜日)より、UNEVEN HUB STORE(西区)施設全体にて始まる本年度最後の企画展 ”靉嘔・虹“ の告知をさせて頂きます。
 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 

こちらのイベントに関しまして、UNEVEN HUB STOREでの開催となります。
 















年に数回、施設全体で開催しているアート月間。
 

今回も東京・Gallery 360°とTODAYeditionの協力の元、企画展「靉嘔・虹」を開催する運びとなりました。ウィズコロナ、そしてアフターコロナを迎え、新しい生活様式における視点の一つとして、明るい未来・希望と美しい虹色を重ね合わせて問いかけたいと考えます。また、主軸となるシルクスクリーン作品だけでなく、ドリップ作品、過去の展覧会における図録やTシャツ、TODAYedition製となる特別なコラボレーション商品を取り揃えたスーベニアショップを併設致します。
 

新たな価値観との出会いを願って。
 

「イベント名」 靉嘔・虹 (Ay-O/Rainbow)  
 

「ストーリー」
 

虹のアーティストとして知られる靉嘔は、今年5月に91歳の誕生日を迎え、その活動歴は70余年に及びます。活動は、大学在学中の1951年大阪で画家の瑛九を中心に結成されたデモクラート運動に参加したことから始まります。既存の画壇や美術団体を拒否し、自由と独立の精神を持って制作するという理念のグループにて活躍(他には河原温らが参加)、58年にはニューヨークに拠点を移すべく渡米します。
 

これまでには無い新しいものを生み出したいという靉嘔の前衛精神は、60年代初期に沸き起こったフルクサス運動に共感し、初期から積極的に参加。リーダーのジョージ・マチューナスの呼びかけのもと、同じ考えを持ったアーティストが世界各国から集い、構成されたこのグループは、既成の概念や形式にとらわれず、先駆的・実験的な表現を試みた前衛アーティスト集団でした。
 

単身アメリカという異国の美術界に飛び込み、そこで格闘する靉嘔。残されているのは自身の身体のみであり、備わっている人間の五感から作品を生み出そうという考えに至り、触覚のフィンガー・ボックス、味覚のディナー・イヴェント、フルクサスのイヴェントで演奏された音や嗅覚の作品、そして視覚を追求した中で発案したのが、レインボーの絵画です。「言いたいことがあるから作品を作るんだ」という靉嘔はその初期から現在に至るまで、常に自身にしか出来ないオリジナリティを追求し続けました。70年以上に及ぶ前衛の精神を貫いた靉嘔の作品の一端を、この展覧会で体感していただければ嬉しく思います。
 

IG:GALLERY 360°
 

HP:GALLERY 360°
 

「開催日程」 2022年11月26日(土曜日)〜 2022年12月25日(日曜日) の30日間 
 

※ 一部商品の引渡しは会期終了後となります。
 

「開催時間」 11:00 〜 19:00
 

「開催場所」 UNEVEN HUB STORE / 施設全体
 

451-0021 愛知県名古屋市西区天塚町1丁目108-1


※ 新型コロナウイルスの感染防止の為、ソーシャル・ディスタンスの確保(混雑時には入場制限をさせて頂きます)、消毒および清掃の強化を徹底致します。また、お客様にもマスクを着用してのご来店、入室時に消毒のご協力をお願い致します。発熱や咳等の症状があるお客様のご来店は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
 

という内容です。
 

※ このBLOGを含むホームページの全面リニューアルに伴い、準備段階として商品紹介を各店Instagramに移行しております。大変お手数ですが以下のアカウントをご確認下さい。
 

UNEVEN GENERAL STORE IG:uneven_general_store
 

UNEVEN HUB STORE IG:uneven_hub_store
 

では皆さま、スケジュールの調整を宜しくお願い致します。
 

UNEVEN HUB STORE・イベントのお知らせ(2022.06.11)

2022年6月11日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

本日、06月11日(土曜日)より、UNEVEN HUB STOREのイベントスペース・Northにて始まる企画展「IN CROWD/Sour Grapes 00」の準備が整いました。
 

店主の好み・趣味や嗜好が強く打ち出され、世界観に引き込まれていくような感覚を、ぜひ会場でご体感下さいませ。
 































「イベント名」 IN CROWD / Sour Grapes 00
 

「ストーリー」 
 

1984年から2003年までの間、アルバカーキ・ノブヒルにあったアートギャラリー寄りのスーベニアショップ「IN CROWD」。オーナーのKenny Chavezを含め、そのコミュニティーで出会った人や物はとても魅力的で、様々なアメリカの文化、アートやクラフトなど、多くを学びました。2003年、Kennyのキャリアチェンジを機に「IN CROWD」は19年の歴史に幕を閉じましたが、僕自身が受けた影響は非常に大きく、「IN CROWD」という名称を日本で使用することは出来ないかとKennyに相談し、2008年に了承を得て日本での活動を始めます。27年間、卸売を中心に展開してきましたが、今回より新たな取り組みとして不定期なスーベニアショップ「IN CROWD」を展開し、その序幕となるSour Grapes 00は、当時の空気感やアーティストへのリスペクトを大切に、Kennyが手がけた「IN CROWD」のようなお店作りや取り組みを、僕なりに表現できる機会になればと考えています。
 

JEYOKA / 大野 徹
 

※ 新型コロナウイルスの感染防止の為、ソーシャル・ディスタンスの確保(混雑時には入場制限をさせて頂きます)、消毒および清掃の強化を徹底致します。また、お客様にもマスクを着用してのご来店、入室時に消毒のご協力をお願い致します。発熱や咳等の症状があるお客様のご来店は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
 

「ゲスト」
 

※ JEYOKA / 大野 徹
 

数社の輸入卸売会社を経て、1995年にJEYOKA(ヘヨカ)設立。ニューメキシコ・アリゾナ・テキサスから現地のハンドクラフトを中心に日本国内で卸売りをスタート。
 

Instagram:incrowdjapan
 

「開催日程」 2022年06月11日(土曜日)〜 2022年06月26日(日曜日) の16日間 
 

※ イベント期間中の土曜日・日曜日はゲストが在店予定。(新型コロナウイルス感染症の流行状況により、ゲストの在店が中止となる場合があります)
 

「開催場所」 UNEVEN HUB STORE / イベントスペース・North 
 

451-0021 愛知県名古屋市西区天塚町1丁目108-1


という内容です。
 

毎年年始に干支・起き上がり小法師をお願いしている張り子作家/大野 博之さんに製作をお願いした「Route66スタイルのカチナ・起き上がり小法師(4種)」は必見。何処と無く精神性が重なる・世界的にも見てもユニークな角度で丁寧に仕上げられたコラボレーション商品です。
 

では皆様、会場にてお会いしましょう。
 

※ メール問い合わせ hub@uneven.jp
 

UNEVEN HUB STORE・イベントのお知らせ(2022.05.28)

2022年5月28日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

来月、06月11日(土曜日)より、UNEVEN HUB STOREのイベントスペース・Northにて開催を予定している企画展「IN CROWD/Sour Grapes 00」の告知をさせて頂きます。
 



























「イベント名」 IN CROWD / Sour Grapes 00
 

「ストーリー」 
 

1984年から2003年までの間、アルバカーキ・ノブヒルにあったアートギャラリー寄りのスーベニアショップ「IN CROWD」。オーナーのKenny Chavezを含め、そのコミュニティーで出会った人や物はとても魅力的で、様々なアメリカの文化、アートやクラフトなど、多くを学びました。2003年、Kennyのキャリアチェンジを機に「IN CROWD」は19年の歴史に幕を閉じましたが、僕自身が受けた影響は非常に大きく、「IN CROWD」という名称を日本で使用することは出来ないかとKennyに相談し、2008年に了承を得て日本での活動を始めます。27年間、卸売を中心に展開してきましたが、今回より新たな取り組みとして不定期なスーベニアショップ「IN CROWD」を展開し、その序幕となるSour Grapes 00は、当時の空気感やアーティストへのリスペクトを大切に、Kennyが手がけた「IN CROWD」のようなお店作りや取り組みを、僕なりに表現できる機会になればと考えています。
 

JEYOKA / 大野 徹
 

※ 新型コロナウイルスの感染防止の為、ソーシャル・ディスタンスの確保(混雑時には入場制限をさせて頂きます)、消毒および清掃の強化を徹底致します。また、お客様にもマスクを着用してのご来店、入室時に消毒のご協力をお願い致します。発熱や咳等の症状があるお客様のご来店は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
 

「ゲスト」
 

※ JEYOKA / 大野 徹
 

数社の輸入卸売会社を経て、1995年にJEYOKA(ヘヨカ)設立。ニューメキシコ・アリゾナ・テキサスから現地のハンドクラフトを中心に日本国内で卸売りをスタート。
 

Instagram:incrowdjapan
 

「開催日程」 2022年06月11日(土曜日)〜 2022年06月26日(日曜日) の16日間 
 

「開催場所」 UNEVEN HUB STORE / イベントスペース・North 
 

451-0021 愛知県名古屋市西区天塚町1丁目108-1




という内容です。
 

では皆様、スケジュールの調整を宜しくお願い致します。
 

※ メール問い合わせ hub@uneven.jp
 

UNEVEN HUB STORE・イベントのお知らせ(2022.05.27)

2022年5月27日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

明日(5月27日金曜日)より、西区店舗「UNEVEN HUB STORE」イベントスペース・Northにて始まる企画展「EXPX100 / Peter Shire」の準備が整いました。
 

商品・空間構成共に充実した内容となっておりますので、ぜひご来場下さいませ。
 

























「イベント名」 EXPX100
 

「ストーリー」 
 

この度、アーティストのピーター・シャイアーが主催するロサンゼルスのスタジオ「エコパーク・ポッテリー」のマグ100点を一堂に並べ、展示・販売するイベント・EXPX100を開催致します。
 

スイムスーツ・デパートメントが運営するショップ「バスハウス」3店舗を名古屋、太宰府、渋谷の順で巡回する、長期に渡るツアーイベント。エコパーク・ポッテリーはロサンゼルス生まれのアーティストであるピーター・シャイアーが1972年に設立したスタジオです。そこでは、彼らしい幾何学をコラージュしたようなかたちや色鮮やかな釉薬が掛けられた、刺激的でいて、とても魅力的な作品が生み出されています。特に設立初期の1970年代から制作しているマグは、造形や意匠のコンセプトは当時と変わることなく、スタジオの代名詞のような存在となっています。そのインパクトのある見た目からは想像のできない持ち易さもまた、世界中にファンを持つ要因のひとつなのでしょう。
 

ピーター・シャイアー は1980年代イタリアのポストモダンの代表的なデザインチーム「メンフィス」のメンバーの中で唯一のアメリカ人でもありました。メンフィスでの活動を機に、家具や大型の彫刻、インテリア、パブリックアートなど制作の幅が拡大していくことになります。以降、金属や木、紙などといった素材を用いた作品を手掛けますが、そんな活動の中でも エコパーク・ポッテリー での作陶は彼の物づくりの中心にあったのです。この巡回展を機に、エコパークポッテリーのマグの素晴らしさやそれを使う楽しさ、そしてアーティスト彼個人の魅力まで、より多くの方と共有することができれば幸いです。
 















「ゲスト」
 

※ Peter Shire (ピーター・シャイアー)
 

1947年 ロサンゼルスのエコパークに生まれる
1970年 シュイナードアートインスティテュートを卒業
1972年 地元エコパークに「エコパーク・ポッテリー」を設立
1979年 エットーレ・ソットサス に招かれ、イタリアのデザインチーム「メンフィス」へ参加
1982年 代表作「ベルエア・アームチェア」を発表
1984年 ロサンゼルスオリンピックのデザイン計画に参加
2017年 ロサンゼルス現代美術館で個展を開催 
 

世界各地でのグループ展や個展を開催。また「メンフィス」への参加以降、家具や彫刻、パブリックアートなど様々な作品を手がけ、現在ではカリフォルニアを中心に国内外の30を超える国際的な美術館に作品が所蔵されています。
 

Swimsuit Department HP:http://swimsuit-department.com
 

Swimsuit Department IG:swimsuit_department
 

「開催日程」 2022年05月27日(金曜日)〜2022年06月06日(月曜日) の11日間 
 

「開催場所」 UNEVEN HUB STORE / イベントスペース・North 
 

451-0021 愛知県名古屋市西区天塚町1丁目108-1


という内容です。
 

※ 新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みに関しまして、ソーシャル・ディスタンスの確保(混雑時には入場制限をさせて頂きます)、消毒および清掃の強化を徹底致します。また、お客様にもマスクを着用してのご来店、入室時に消毒のご協力をお願い致します。発熱や咳等の症状があるお客様のご来店は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
 

では皆様、会場にてお会いしましょう。スタッフ一同お待ちしております。
 

※ メール問い合わせ hub@uneven.jp