UNEVEN BLOG

イベントのお知らせ(2019.1.24)

2019年1月24日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

只今、設営完了致しました。
 

明日(1月25日金曜日)からの開催となります”Second Touch” MARIEOHIRAにご期待下さいませ。では皆様、スケジュール調整を宜しくお願い致します。












「イベント名」 “Second Touch” MARIEOHIRA
 

「コンセプト」 
 

”思わず、2度触ってしまう靴”
 

現代を反映したスタイル作りの中で、難しさを感じる足元の選択。品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう今日この頃。継続して提案しているMARIEOHIRAのシューズですが、今回も2019SSの流れ・空気感を含んだキーピースをご紹介致します。MARIEOHIRAは工業製品と手仕事の間から生まれるユニセックスシューズブランド。誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒール部分が特徴。今回、新型を含むコンテンツを、素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式でご提案致します。
 

「ゲスト」 MARIEOHIRA・大平麻理恵 
 

武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ科にて靴作りの基礎を学ぶ。その後、ダンスシューズメーカーへ就職。既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学ぶ。2017年に独立。既成の靴に持つ不満を解消できる靴づくりを目指している。
 

「開催日程」 2019年01月25日(金曜日)〜2019年02月04日(月曜日) の11日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

新作の発表&定番商品に対して、素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式という一歩踏み込んだアプローチにてお楽しみ下さい。
 

では、お待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2019.1.11)

2019年1月11日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

皆様、あけましておめでとうございます。2019年も宜しくお願い致します。
 

早速ですが、1月25日(金曜日)からの開催を予定しているイベント告知をさせて頂きます。皆様、スケジュール調整を宜しくお願い致します。




「イベント名」 “Second Touch” MARIEOHIRA
 

「コンセプト」 
 

”思わず、2度触ってしまう靴”
 

現代を反映したスタイル作りの中で、難しさを感じる足元の選択。品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう今日この頃。継続して提案しているMARIEOHIRAのシューズですが、今回も2019SSの流れ・空気感を含んだキーピースをご紹介致します。MARIEOHIRAは工業製品と手仕事の間から生まれるユニセックスシューズブランド。誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒール部分が特徴。今回、新型を含むコンテンツを、素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式でご提案致します。
 

「ゲスト」 MARIEOHIRA・大平麻理恵 
 

武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ科にて靴作りの基礎を学ぶ。その後、ダンスシューズメーカーへ就職。既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学ぶ。2017年に独立。既成の靴に持つ不満を解消できる靴づくりを目指している。
 

「開催日程」 2019年01月25日(金曜日)〜2019年02月04日(月曜日) の11日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階


という内容です。
 

新作の発表&定番商品に対して、素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式という一歩踏み込んだアプローチにてお楽しみ下さい。
 

では、お待ちしております。
 

本日の入荷(2018.04.28)

2018年4月28日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

良い季節になりましたね!気持ち良い!皆様、連休をお楽しみ下さい。
 

早速ですが、今週の新作入荷商品をご紹介致します。
UNUSED

「UNUSED」 US1370/BLACK 税抜き49000yen+税

「UNUSED」 US1370/FADE PINK 税抜き49000yen+税
ハリ感のある薄手コットン生地を使用したコート。軽い着心地の一枚。ゆったりとデザインされたオーバーシルエットと適度なパッカリング、軍モノのような面構えが特徴。背中には、バックパックを想定したゆとりが入り、脇下にはパンチング加工入り。この春の主役にお勧め致します。
 


「UNUSED」 US1440/DARK NAVY 税抜き27000yen+税

「UNUSED」 US1440/GRAY 税抜き27000yen+税
ソフトなタッチと独特の落ち感が特徴となるレーヨン100%生地を使用したオープンカラー長袖シャツ。総柄となる薔薇をモチーフにしたグラフィックプリント、ややゆったりとしたシルエットが特徴。古着っぽいヴィジュアルが◎な一枚に仕上がっています。
 


「UNUSED」 US1417/SAX 税抜き26000yen+税

「UNUSED」 US1417/MINT 税抜き26000yen+税
こちらもハリ感のある薄手コットン生地を使用した半袖シャツ。基本に忠実なディティールとゆったりとしたシルエットが印象的。また、袖部分はよりハリ感を感じる二枚仕立てに。サックスとミントという春らしいカラーリングもプッシュポイントです。
 

SUN

「SUNSEA」 Cotton Bomber Shirt/White 税抜き30000yen+税

「SUNSEA」 Cotton Bomber Shirt/Lavender Blue 税抜き30000yen+税
とにかく手触りが素晴らしく良い薄手ペルーコットン生地を使用した長袖シャツ。ミニマムなスタンドカラーとテクニカルなパターン、ぶかっと太い袖に対してジャスト目なボディがポストモダンな印象。袖口でぐっと絞っても良しな、新しさを感じる一枚です。
 

URU

「URU」 18SOC01A/WHITE 税抜き8000yen+税

「URU」 18SOC01A/L.BLUE 税抜き8000yen+税
ソフトな肌触りが特徴となる綿100%生地を使用した半袖TEE。全体的にゆったりとしたオーバーシルエットが特徴。シンプルなヴィジュアル、ディティールですが着用時の収まりの良さはさすが!!これからの季節、着用率の高い一枚になりそうな予感です。L.YELLOWも入荷済み。
 


「URU」 18SOC04A/WHITE 税抜き10000yen+税

「URU」 18SOC04A/L.BLUE 税抜き10000yen+税
同じく、ソフトな肌触りが特徴となる綿100%生地を使用したショート丈半袖TEE。ゆったりとした身幅に対して絶妙に調節された短い着丈がナイスバランス。一枚で着ても、下記のタンクトップと重ね着してもGOOD。胸ポケットが効いている&思い切りの良さを感じる逸品です。
 


「URU」 18SOC03A/WHITE 税抜き6000yen+税

「URU」 18SOC03A/L.BLUE 税抜き6000yen+税
同じく、ソフトな肌触りが特徴となる綿100%生地を使用したタンクトップ。ややゆったりとしたシルエットが特徴。上記のTEEとの重ね着がお勧め。もちろん一枚でもお楽しみ頂けます。
 

NEWMR

「MOUNTAIN RESEARCH」 Reversible Tee/NAVY 税抜き14100yen+税

「MOUNTAIN RESEARCH」 Reversible Tee/GRAY 税抜き14100yen+税
新作。PHANロゴ(PHISH HEADSの意)のリバーシブルBIG TEE。パイル(ロゴプリント)×コットン天竺(無地ポケ)によるリバーシブル。BIG TEE初のXLサイズまでの展開にもご注目を。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 Pocket Tee/C.GRAY 税抜き9000yen+税
新作。速乾BIG TEE。素材を刷新した2018年版は、吸水、速乾、UVカットによる多機能性を誇りながらも化繊っぽい”あの素材感”が払拭されているという優れもの。コットン天竺的な肌触りは嬉しい限り。バックプリントのポケTEEバージョン。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 Reversible Shorts/GRAY 税抜き16000yen+税
新作。PHANロゴ(PHISH HEADSの意)のリバーシブルショーツ。パイル(ロゴプリント)×コットン天竺によるリバーシブル。とにかくイージーに気持ち良く履ける一品。海、川のお供に。
 


「MOUNTAIN RESEARCH」 Bears Mesh Beret/2色展開 税抜き9000yen+税
新作。60’sヨセミテのお山と言えば!のベレー帽、メッシュ素材による完全夏仕様。新クマリースを裏側にプリントしたトリッキーな(着用のご本人にしかわからない)グラフィックもポイント。秋冬バージョンと同様、ベルクロテープのサイズアジャストシステムにより男女問わずの着用が可能に仕上がっております。これは名作の予感!!
 

という内容です。
 

本日からの開催となる”Second Touch” MARIEOHIRAも充実した内容となっております。ぜひ、一度ご来場下さいませ。
 

では、宜しくお願い致します。
 

イベントのお知らせ(2018.04.27)

2018年4月27日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

お待たせ致しました。
 

明日、4月28日(土曜日)からの開催となるこちらの準備が整いました。到着を楽しみにしていたサンプルも素晴らしい出来映え。ぜひ一度ご来場くださいね。
 

諸々入荷しておりますが、今週の新作入荷商品は後日改めてご紹介致します。
















「イベント名」 “Second Touch” MARIEOHIRA
 

「コンセプト」 
 

現代を反映したスタイル作りの中で、難しさを感じる足元の選択。品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう今日この頃。2017年6月に初開催した“First Touch”に引き続き、2018秋冬への流れを考え、再度このタイミングにてMARIEOHIRAのシューズとセカンドタッチするイベントを行います。MARIEOHIRAは工業製品と手仕事の間から生まれるユニセックスシューズブランド。誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒール部分が特徴。今回、新型となるサイドゴアブーツと継続提案されるスリップオン(アップデート版)を、初の試みとして素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式でご提案致します。
 

「ゲスト」 MARIEOHIRA・大平麻理恵 
 

武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ化にて靴作りの基礎を学ぶ。その後、ダンスシューズメーカーへ就職。既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学ぶ。2017年に独立。既成の靴に持つ不満を解消できる靴づくりを目指している。
 

「開催日程」 2018年04月28日(土曜日)〜2018年05月06日(日曜日) の9日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階


という内容です。
 

サイドゴアブーツという新作の発表&素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式という一歩踏み込んだアプローチにてお楽しみ下さい。
 

では、お待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2018.04.15)

2018年4月15日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

4月28日(土曜日・ゴールデンウィーク)からの開催を予定している企画展の告知をさせて頂きます。
 

皆様、ぜひスケジュールの調整をお願い致します。


「イベント名」 “Second Touch” MARIEOHIRA
 

「コンセプト」 
 

現代を反映したスタイル作りの中で、難しさを感じる足元の選択。品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう今日この頃。2017年6月に初開催した“First Touch”に引き続き、2018秋冬への流れを考え、再度このタイミングにてMARIEOHIRAのシューズとセカンドタッチするイベントを行います。MARIEOHIRAは工業製品と手仕事の間から生まれるユニセックスシューズブランド。誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒール部分が特徴。今回、新型となるサイドゴアブーツと継続提案されるスリップオン(アップデート版)を、初の試みとして素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式でご提案致します。
 

「ゲスト」 MARIEOHIRA・大平麻理恵 
 

武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ化にて靴作りの基礎を学ぶ。その後、ダンスシューズメーカーへ就職。既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学ぶ。2017年に独立。既成の靴に持つ不満を解消できる靴づくりを目指している。
 

「開催日程」 2018年04月28日(土曜日)〜2018年05月06日(日曜日) の9日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階


という内容です。
 

サイドゴアブーツという新作の発表&素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式という一歩踏み込んだアプローチにてお楽しみ下さい。
 

では、お待ちしております。
 

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 9
  • uneven events