UNEVEN BLOG

イベントのお知らせと本日の入荷(2017.06.15)

2017年6月15日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

6月17日(土曜日)更新済み。
 

お待たせしました。
 

明日、6月16日(金曜日)より始まるイベントの告知をさせて頂きます。


「コンセプト」
 

“First Touch”
 

現代を反映したスタイル作りの中で、難しさを感じる足元の選択。品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう今日この頃。2017秋冬への流れを考え、このタイミングでMARIEOHIRAのシューズと初接触するイベントを行います。本来革靴作りは、その工程の多さから分業制が当たり前となっていますが、MARIEOHIRAは大平麻理恵の手仕事から生まれ、アッパー縫製以外を全て一人で行うユニセックスシューズブランド。誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒール部分が特徴。今回、直線と曲線を織り交ぜたヒール(高さ40mm)のスリッポンの制作を依頼し、イベント初日よりお披露目致します。
 

「イベント名」 “First Touch” MARIEOHIRA
 

「ゲスト」 大平麻理恵
 

武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ化にて靴作りの基礎を学ぶ。その後、ダンスシューズメーカーへ就職。既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学ぶ。2017年に独立。既成の靴に持つ不満を解消できる靴づくりを目指している。
 

「開催日程」 2017年6月16日(金曜日)〜 2017年6月19日(月曜日) の4日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階
















ぜひ、余白ある空間で、ゆっくりとフィッティングしてみて下さい。少しだけ、2017秋冬のイメージが膨らめば幸いです。
 

ここからは新入荷商品のご紹介をさせて頂きます。
FACETASM

「FACETASM」 BIG SHORT SLEEVE CARDIGAN/RED 税抜き28000yen+税
こちらは2017 PRE FALL/WINTERの新入荷商品。柔らかく手触りの良いコットンハイゲージニットで作られたビッグシルエットの半袖カーディガン。ゆったりとしたFACETASMらしいシルエットと大きく落ちる肩、発色の良いカラーリングが特徴です。
 


「FACETASM」 LOGO KNIT CAP/BLACK 税抜き8000yen+税
同じく、2017 PRE FALL/WINTERの新入荷商品。コットン/アクリルを使用した基本に忠実なニットキャップ。FACETASMのロゴ刺繍入り。
 

WHOWHAT

「WHOWHAT」 WRAP BAG S/BLACK 税抜き18000yen+税

「WHOWHAT」 WRAP BAG M/WBLACK 税抜き21000yen+税
16SSより継続して提案され、熟成を重ねるWRAP BAG。マイクロファイバー使いのソフトな風合いを持った高密度ポリエステル生地を使用。ノンコーティングで透湿性に優れており、耐久撥水性能を併せ持つ特殊素材。ボディの持ち手をクルクルと巻いて、容量と形の変化を楽しめる仕様。腰に巻いてウエストポーチに、またショルダー、タスキ掛けまで対応できる3WAY。非常によく考えられた逸品です。
 

NEEDLES

「Suicoke Purple Label」 Slide-in Sandal w/A-B Vibram Black 税抜き16000yen+税
NEPENTHESのSuicoke別注ラインとして誕生した「Suicoke Purple Label」。世界初となるアンチバクテリア加工のVIBRAM社製ソールを使用。その特徴的なソールに、アッパーにはミニマムなベルクロを配置し、シンプルなスライドインデザイン仕上げ。織りネームもパープルに変更し、完全別注デザインとして存在感を高めた一足。
 

タイミング良くアクセサリー類も充実して参りました。

「Lauren Tobey」 SS Ball Chain Necklace/28″ 税抜き14800yen+税
コンテンポラリーでミニマムなデザインが印象的なシルバーボールチェーンネックレス。らしくないのが◎。渋みの無いパキっとした光沢感と、たっぷりとした長さ(約70cm)もポイント。(アメリカ製)
 


「Lauren Tobey」 SS Ball Chain Bracelet/2サイズ展開 税抜き4800yen+税
同じく、コンテンポラリーでミニマムなデザインが印象的なシルバーボールチェーンブレスレット。らしくないのが◎。渋みの無いパキっとした光沢感もポイント。サイズ展開もございますのでお好みでお選び下さいませ。(アメリカ製)
 


「Arrow Novelty」 SS 3-Designs Bracelet/2サイズ展開 税抜き9800yen+税
ツイストデザインの細ブレスレット、スタンプワークが施された細ブレスレット、ポリッシュされた細ブレスレットが3本セットになったモノ。がっちり重ねて身につけるも良し。小分けにして別々に楽しむも良し。これからの季節、活躍が期待できます。(アメリカ製)
 


「Nira Johnson Navajo」 Handmade Chain Bracelet/2サイズ展開 税抜き9000yen+税
ハンドメイドにて作られるショートリングタイプのチェーンブレスレット。こちらはトラディショナルな印象。毎回ご好評頂く逸品。ぜひ、お持ちのブレスレットに重ねてご使用ください。(アメリカ製)
 

6月24日(土曜日)より始まる、こちらの準備も順調に進行しています。


「コンセプト」
 

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマとした継続企画展。ほぼ一年振りに東京町田のTREDICIをゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義致します。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、TREDICIも丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「アバンギャルド」なビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって6回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

「イベント名」 古着とものさし展 / Used Clothing and Values 
 

「ゲスト」 TREDICI 
 

 194-0021 東京都町田市中町1-18-2-3B 電話 042-728-5323 
 

 http://tredici-blog.blogspot.jp/ 
 

「開催日程」 2017年6月24日(土曜日)~ 2017年7月17日(日曜日・祝日) 
 

※ 初日(6月24日土曜日)、二日目(6月25日日曜日)はTREDICIスタッフも在店予定。
 

「開催場所」 UNEVEN GENERAL STORE (今回は1階店舗での展開となります) 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル1階 
 

という内容です。
 

※ 今回、”ASANO WORKS”による1階店舗・フロント部分内装リニューアルしての展開。今までと違った見え方・充実した内容となっておりますのでお楽しみに。
 

古着とものさし展にタイミングを重ね、2階スペースではこちらのイベントが開催されます。


「同時開催」 atelier rei 出張お直し相談室
 

「ゲスト」 atelier rei
 

2015年9月オープン。お洒落を楽しむ大人の人達、洋服を大切に想う人達を対象に、洋服のお直しやメンテナンスを通じて、新たな洋服との関わりを提案。より豊かに楽しむ事ができるアトリエ併設のショップをスタート。現在ではリメイク商品、オリジナルプロダクツも手掛けています。
 

「開催日程」 2017年6月24日(土曜日)、6月25日(日曜日)の2日間
 

「コンセプト」 今、もっとこうだったら…を実現するクリエイティブな玄人向けお直し相談室。着丈や身幅、全体のシルエット調整やディテールの追加等、幅広いご要望に対応致します。現代のファッションシーンの中で、ファッション好きとして避けては通れないワンオフの魅力と、現代的でファッショナブルなカスタマイズのご提案。まさにレディメイドとオーダーメイドの狭間。そんな自由(選択)もファッションにおける楽しみ方の一つ。ぜひ皆さま、着なくなったお洋服を手にご来店下さいませ。




※ お直し例 古着の501を2本使用し再構築したデニムパンツ。脇は側章風に生地を付け足し、膝を絞ったブーツカットシルエットに調整。フィッティングを繰り返し、美しいシルエットに仕上がっています。また、ダブルとなる腰ベルトで気持ちハイウエスト仕様に、裾には15cmのファスナーを追加し、ピップポケット位置も微調整済みという内容です。
 

※ 混み合う時間帯もございます。少々お待ち頂くこともありますので、時間にゆとりを持ってご来店下さい。
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

という内容です。
 

1階と2階を行き来する新体験をお楽しみ下さいませ。初日、2日目は万全の態勢で臨みますね。
 

では、店頭にてお待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2017.06.09)

2017年6月9日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

6月24日(土曜日)より始まるイベントの告知をさせて頂きます。


「コンセプト」
 

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマとした継続企画展。ほぼ一年振りに東京町田のTREDICIをゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義致します。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、TREDICIも丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「アバンギャルド」なビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって6回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

「イベント名」 古着とものさし展 / Used Clothing and Values 
 

「ゲスト」 TREDICI 
 

 194-0021 東京都町田市中町1-18-2-3B 電話 042-728-5323 
 

 http://tredici-blog.blogspot.jp/ 
 

「開催日程」 2017年6月24日(土曜日)~ 2017年7月17日(日曜日・祝日) 
 

※ 初日(6月24日土曜日)、二日目(6月25日日曜日)はTREDICIスタッフも在店予定。
 

「開催場所」 UNEVEN GENERAL STORE (今回は1階店舗での展開となります) 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル1階 
 

という内容です。
 

※ 今回、”ASANO WORKS”による1階店舗・フロント部分内装リニューアルしての展開。今までと違った見え方・充実した内容となっておりますのでお楽しみに。
 

古着とものさし展にタイミングを重ね、2階スペースではこちらのイベントが開催されます。


「同時開催」 atelier rei 出張お直し相談室
 

「ゲスト」 atelier rei
 

2015年9月オープン。お洒落を楽しむ大人の人達、洋服を大切に想う人達を対象に、洋服のお直しやメンテナンスを通じて、新たな洋服との関わりを提案。より豊かに楽しむ事ができるアトリエ併設のショップをスタート。現在ではリメイク商品、オリジナルプロダクツも手掛けています。
 

「開催日程」 2017年6月24日(土曜日)、6月25日(日曜日)の2日間
 

「コンセプト」 今、もっとこうだったら…を実現するクリエイティブな玄人向けお直し相談室。着丈や身幅、全体のシルエット調整やディテールの追加等、幅広いご要望に対応致します。現代のファッションシーンの中で、ファッション好きとして避けては通れないワンオフの魅力と、現代的でファッショナブルなカスタマイズのご提案。まさにレディメイドとオーダーメイドの狭間。そんな自由(選択)もファッションにおける楽しみ方の一つ。ぜひ皆さま、着なくなったお洋服を手にご来店下さいませ。




※ お直し例 古着の501を2本使用し再構築したデニムパンツ。脇は側章風に生地を付け足し、膝を絞ったブーツカットシルエットに調整。フィッティングを繰り返し、美しいシルエットに仕上がっています。また、ダブルとなる腰ベルトで気持ちハイウエスト仕様に、裾には15cmのファスナーを追加し、ピップポケット位置も微調整済みという内容です。
 

※ 混み合う時間帯もございます。少々お待ち頂くこともありますので、時間にゆとりを持ってご来店下さい。
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

という内容です。
 

1階と2階を行き来する新体験をお楽しみ下さいませ。初日、2日目は万全の態勢で臨みますね。
 

では、ご来場をお待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2017.06.02)

2017年6月2日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

6月16日(金曜日)より始まるイベントの告知をさせて頂きます。


「コンセプト」
 

“First Touch”
 

現代を反映したスタイル作りの中で、難しさを感じる足元の選択。品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう今日この頃。2017秋冬への流れを考え、このタイミングでMARIEOHIRAのシューズと初接触するイベントを行います。本来革靴作りは、その工程の多さから分業制が当たり前となっていますが、MARIEOHIRAは大平麻理恵の手仕事から生まれ、アッパー縫製以外を全て一人で行うユニセックスシューズブランド。誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒール部分が特徴。今回、直線と曲線を織り交ぜたヒール(高さ40mm)のスリッポンの制作を依頼し、イベント初日よりお披露目致します。
 

「イベント名」 “First Touch” MARIEOHIRA
 

「ゲスト」 大平麻理恵
 

武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ化にて靴作りの基礎を学ぶ。その後、ダンスシューズメーカーへ就職。既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学ぶ。2017年に独立。既成の靴に持つ不満を解消できる靴づくりを目指している。
 

「開催日程」 2017年6月16日(金曜日)〜 2017年6月19日(月曜日) の4日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階
















ぜひ、余白ある空間で、ゆっくりとフィッティングしてみて下さい。少しだけ、2017秋冬のイメージが膨らめば幸いです。
 

では、ご来場をお待ちしております。

本日の入荷(2017.06.01)

2017年6月1日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

6月2日(金曜日)更新済み。
 

本日も駆け足にて新作入荷商品をご紹介致します。
 

2階フリースペースでは、引き続き「UNEVEN OBJECT STORE」が開催中です。
UNUSED

「UNUSED」 UH0438/BLACK 税抜き71000yen+税
今季最後の大物。Paraboot for UNUSED AVIGNONが到着しております。トゥポイントが細くシャープなシルエットが特徴。表革とスエードのコンビネーションも◎。濡れた路面でも滑らずクッション性に優れたラバーソール仕様。アッパー/ウェルト/アウトソールをしっかりと縫い付ける2列のステッチが耐水性と堅牢度を、また中底に敷き詰められたコルクが快適な履き心地を実現しています。付属する白黒二本のシューレースもポイントです。
 


「UNUSED」 UW0587/INDIGO 税抜き31000yen+税
13ozデニム生地を使用したデニムパンツ。膝下丈でカットオフされたショートパンツスタイル。両膝部分にはハードなダメージ加工入り&バイオウォッシュとブリーチ加工入り。自然な風合いと色落ちが魅力です。
 


「UNUSED」 UH0429/BLACK 税抜き30000yen+税
セルロイドフレームのサングラス。邪魔しない細めのフレームが好印象。基本に忠実なデザインが特徴です。日差しが強くなるこれからの季節の必需品としてお勧め致します。
 

こちらはタイミング良く追加された商品です。
SUN

「SUNSEA」 Check Fried Shrimp Shirt/Off White×Navy 税抜き26000yen+税

「SUNSEA」 Check Fried Shrimp Shirt/Off White×Red 税抜き26000yen+税
追加商品。上記、2色は初入荷となります。軽やかなキザコットンオリジナルチェック生地を使用した半袖シャツ。ジャスト目なシルエット&着丈、変形オープンカラー、大きく落ちるドロップショルダーが特徴。全体的にバランスが調整され、細かく整えられた一枚に仕上がっています。
 


「SUNSEA」 TREK’s Ash Raglan T/Ash Deep Blue 税抜き13000yen+税
追加商品。杢素材を使用したトリム/ラグランクルーネックTEE。下記、TREK’s Raglan Tと同型。気持ちフィット感のあるシルエット、短めの着丈、裾のスリット入りリブ等、「次の」を感じるオススメの逸品。右脇には貼り付けポケット付き。
 


「SUNSEA」 TREK’s Raglan T/Charlotte Blue 税抜き12000yen+税

「SUNSEA」 TREK’s Raglan T/Beige 税抜き12000yen+税
追加商品。しっとりと手触りの良いスーピマ生地を使用したトリム/ラグランクルーネックTEE。気持ちフィット感のあるシルエット、短めの着丈、裾のスリット入りリブ等、「次の」を感じるオススメの逸品。右脇には貼り付けポケット付き。
 

NEWMR

「MOUNTAIN RESEARCH」 A.I.T.M Socks/3色展開 税抜き2700yen+税
ガッチリとしたショート丈定番ソックス。去年の「HOLIDAYS IN THE MOUNTAIN」に続き、今年は「ANARCHY IN THE MOUNTAIN」を甲にプリント。つま先のラインもポイントです。
 

FUKAMI
「FUKAMI」 さり気なく自然に備わる服。カットソー縫製を基軸とし、時代に影響されない日常性に、今という瞬間を反映した現代性を最小限付け加えた、余白の多いデザインが特徴。主に愛知、岐阜、三重の生産背景を使用し、着る人の内側深くに響く服作りを信条としています。

「FUKAMI」 BERET/Spandex Black 税抜き8900yen+税

「FUKAMI」 BERET/Spandex Black 税抜き8900yen+税

「FUKAMI」 BERET/Black 税抜き8900yen+税
例外的に岡山のDECHOにて生産される定番型ベレー。大きすぎず、小さすぎずなボリューム感と収まりの良さが特徴。細かく修正された2017SS版。素材違い、カラー違いで全3タイプの入荷となっております。
 

楽しめそうな”アリモノ”ボディ(生地はアメリカ製)も到着しております。

「HEAVY WEIGHT TEE」 Long Sleeve T with Cord/BLACK 税抜き7300yen+税

「HEAVY WEIGHT TEE」 Long Sleeve T with Cord/WHITE 税抜き7300yen+税

「HEAVY WEIGHT TEE」 Long Sleeve T with Cord/NAVY 税抜き7300yen+税
風合いの良いしっかりとしたアリモノボディの裾にぐるりと紐が入った半袖・クルーネックTEE。思い切りの良いXL/TALLのワンサイズ展開。長い着丈をいかしてレイヤードベースに使うも良し、紐をしっかり縛ってたくし上げ着丈をアレンジするも良し。シンプルながらも遊べる&優しいプライスが嬉しい、超実用的な一枚です。
 


「PIKE」 CLEAR BELT Super Long/CLEAR BLACK 税抜き1900yen+税

「PIKE」 CLEAR BELT Super Long/CLEAR 税抜き1900yen+税
柔軟な透明合成樹脂を使用したガチャベルト。スーパーロング仕様(1500mm)という点もポイント(ご自由にカットも可能です)。クリアーブラックとクリアーの2色をご用意。モードでもストリートでもフィットする逸品。「今」を反映したコンテンポラリーなスタイルにご使用下さい。これから感のある商品としてプッシュ致します。
 

という内容です。
 

では、店頭にてお会いしましょう。お待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2017.05.27)

2017年5月27日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

※お待たせ致しました。本日からの開催です。
 

今回で3回目となる”UNEVEN OBJECT STORE”を以下の日程で開催いたします。
 

今回もSwimsuit Department 郷古 隆洋さんを招き、世界中のデザインオブジェクトから日本の民芸品まで、幅広く深みある貴重なコレクション・一点物の世界にご案内致します。




























「コンセプト」
 

そのモノがそこに存在するだけで心が豊かになる。
 

日常的に必要とされる消耗品ではない。
 

生活を便利にする道具でもない。
 

心を落ち着かせて、そのモノとの出会いを楽しむ。
 

”やはり手に入れて良かった”
 

その価値を決めるのは自分。
 

そう思えるオブジェクトに出会うための企画展。
 

「イベント名」 UNEVEN OBJECT STORE(アンイーブンオブジェクトストア)
 

「ゲスト」 郷古 隆洋(ごうこ・たかひろ) 
 

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て、2010年にSwimsuit Departmentを設立。ジャンルや年代、地域を限定しない、独自の感性でセレクトされたアイテムが注目を集める。 http://www.swimsuit-department.com/ 
 

「開催日程」 2017年5月27日(土曜日)〜 2016年6月11日(日曜日)の16日間 
 

※ 5月27日(土曜日)、5月28日(日曜日)の2日間は、郷古さんが在店予定。 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




今回も充実した品揃え、、、新しい発見も多々ございます。様々なカテゴリーの「古いもの」を、現代を反映した「時代にあったもの」視点でご提案致します。
 

では、宜しくお願い致します。

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 4
  • uneven events