UNEVEN BLOG

イベントのお知らせ(2017.12.14)

2017年12月14日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

明日、12月15日金曜日より、以下のイベントが始まります。
 

また、2階スペースではatelier rei 出張お直し相談室(12月16日土曜日のみの開催)も同時開催!!ぜひ、イベントのレイヤードをお楽しみ下さいませ。


















「コンセプト」
 

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマとした継続企画展。今回も東京町田のTREDICIをゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義致します。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、TREDICIも丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「アバンギャルド」なビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって7回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

「イベント名」 古着とものさし展 / Used Clothing and Values 
 

「ゲスト」 TREDICI 
 

 194-0021 東京都町田市中町1-18-2-3B 電話 042-728-5323 
 

 http://tredici-blog.blogspot.jp/ 
 

「開催日程」 2017年12月15日(金曜日)~ 2017年12月27日(水曜日) の13日間
 

初日(12月15日金曜日)、二日目(12月16日土曜日)はTREDICIスタッフも在店予定。
 

「開催場所」 UNEVEN GENERAL STORE (今回は1階店舗での展開となります) 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル1階 
 

という内容です。
 

古着とものさし展にタイミングを重ね、2階スペースではこちらのイベントが開催されます。


「同時開催」 atelier rei 出張お直し相談室
 

「ゲスト」 atelier rei
 

2015年9月オープン。お洒落を楽しむ大人の人達、洋服を大切に想う人達を対象に、洋服のお直しやメンテナンスを通じて、新たな洋服との関わりを提案。より豊かに楽しむ事ができるアトリエ併設のショップをスタート。現在ではリメイク商品、オリジナルプロダクツも手掛けています。
 

「開催日程」 2017年12月16日(土曜日)
 

「コンセプト」 今、もっとこうだったら…を実現するクリエイティブな玄人向けお直し相談室。着丈や身幅、全体のシルエット調整やディテールの追加等、幅広いご要望に対応致します。現代のファッションシーンの中で、ファッション好きとして避けては通れないワンオフの魅力と、現代的でファッショナブルなカスタマイズのご提案。まさにレディメイドとオーダーメイドの狭間。そんな自由(選択)もファッションにおける楽しみ方の一つ。ぜひ皆さま、着なくなったお洋服を手にご来店下さいませ。


※ お直し例 古着のポリエステル素材・トラックパンツを再構築した一本。前後センタークリース部分で一度カットオフし、膝部分を細く&裾にかけてフレアーする美しいシルエットに調整済み。脇の三本ラインは生かしつつ、フロント裾にはスリット+メッシュ裏地のレイヤードというお湯加減。古着のガチモノを上手くアレンジし、今の時代性にフィットさせたファッショナブルなアプローチに仕上がっています。
 

※ お直し例 古着のスカジャンをアレンジしたショート丈ジップアップブルゾン。思い切った裾10cmカットにて新鮮なビジュアルにアップデート。残したボケット袋のレイヤード感もポイント。また、裾はほつれ止めも兼ねるトリプルステッチ仕様に。段違いになったファスナーテープも◎。ほぼ着丈の調節だけで、スタイリングのビジュアルを一新させるお気軽な提案です。
 

※ 混み合う時間帯もございます。少々お待ち頂くこともありますので、時間にゆとりを持ってご来店下さい。
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 


 


 

という内容です。
 

イベント日程、その他告知が前後して申し訳ございません。年末年始の営業スケジュール確認を宜しくお願い致します。
 
12月30日(土曜日) 通常営業(本年度営業最終日)
12月31日(日曜日) 正月休み
1月1日(月曜日) 正月休み
1月2日(火曜日) 正月休み
1月3日(水曜日)〜 通常営業(2018SS立ち上げ&2階・Touareg Silverイベント初日)
 

では、1階と2階を行き来する新体験をお楽しみ下さいませ。初日、2日目は万全の態勢で臨みますね。
 

皆様のご来場をお待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2017.12.08)

2017年12月8日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

引き続き12月15日金曜日より、開催を予定している以下のイベントに関しまして、新たなお直しサンプル案をご紹介致します。


「イベント名」 atelier rei 出張お直し相談室
 

「ゲスト」 atelier rei
 

2015年9月オープン。お洒落を楽しむ大人の人達、洋服を大切に想う人達を対象に、洋服のお直しやメンテナンスを通じて、新たな洋服との関わりを提案。より豊かに楽しむ事ができるアトリエ併設のショップをスタート。現在ではリメイク商品、オリジナルプロダクツも手掛けています。
 

「開催日程」 2017年12月16日(土曜日)
 

「コンセプト」 今、もっとこうだったら…を実現するクリエイティブな玄人向けお直し相談室。着丈や身幅、全体のシルエット調整やディテールの追加等、幅広いご要望に対応致します。現代のファッションシーンの中で、ファッション好きとして避けては通れないワンオフの魅力と、現代的でファッショナブルなカスタマイズのご提案。まさにレディメイドとオーダーメイドの狭間。そんな自由(選択)もファッションにおける楽しみ方の一つ。ぜひ皆さま、着なくなったお洋服を手にご来店下さいませ。


※ お直し例 古着のポリエステル素材・トラックパンツを再構築した一本。前後センタークリース部分で一度カットオフし、膝部分を細く&裾にかけてフレアーする美しいシルエットに調整済み。脇の三本ラインは生かしつつ、フロント裾にはスリット+メッシュ裏地のレイヤードというお湯加減。古着のガチモノを上手くアレンジし、今の時代性にフィットさせたファッショナブルなアプローチに仕上がっています。
 

※ お直し例 古着のスカジャンをアレンジしたショート丈ジップアップブルゾン。思い切った裾10cmカットにて新鮮なビジュアルにアップデート。残したボケット袋のレイヤード感もポイント。また、裾はほつれ止めも兼ねるトリプルステッチ仕様に。段違いになったファスナーテープも◎。ほぼ着丈の調節だけで、スタイリングのビジュアルを一新させるお気軽な提案です。
 

※ 混み合う時間帯もございます。少々お待ち頂くこともありますので、時間にゆとりを持ってご来店下さい。
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 


 


 

という内容です。
 

また、1階スペースでは古着とものさし展も同時開催致します。ぜひ、イベントのレイヤードをお楽しみ下さいませ。


「コンセプト」
 

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマとした継続企画展。今回も東京町田のTREDICIをゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義致します。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、TREDICIも丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「アバンギャルド」なビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって7回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

「イベント名」 古着とものさし展 / Used Clothing and Values 
 

「ゲスト」 TREDICI 
 

 194-0021 東京都町田市中町1-18-2-3B 電話 042-728-5323 
 

 http://tredici-blog.blogspot.jp/ 
 

「開催日程」 2017年12月15日(金曜日)~ 2017年12月27日(水曜日) の13日間
 

初日(12月15日金曜日)、二日目(12月16日土曜日)はTREDICIスタッフも在店予定。
 

「開催場所」 UNEVEN GENERAL STORE (今回は1階店舗での展開となります) 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル1階 
 

という内容です。
 

1階と2階を行き来する新体験をお楽しみ下さいませ。初日、2日目は万全の態勢で臨みますね。
 

では、ご来場をお待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2017.11.30)

2017年11月30日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

12月15日金曜日より、開催を予定している以下のイベント告知をさせて頂きます。
 

また、2階スペースではatelier rei 出張お直し相談室(12月16日土曜日のみ)も同時開催致します。ぜひ、イベントのレイヤードをお楽しみ下さいませ。


「コンセプト」
 

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマとした継続企画展。今回も東京町田のTREDICIをゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義致します。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、TREDICIも丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「アバンギャルド」なビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって7回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

「イベント名」 古着とものさし展 / Used Clothing and Values 
 

「ゲスト」 TREDICI 
 

 194-0021 東京都町田市中町1-18-2-3B 電話 042-728-5323 
 

 http://tredici-blog.blogspot.jp/ 
 

「開催日程」 2017年12月15日(金曜日)~ 2017年12月27日(水曜日) の13日間
 

初日(12月15日金曜日)、二日目(12月16日土曜日)はTREDICIスタッフも在店予定。
 

「開催場所」 UNEVEN GENERAL STORE (今回は1階店舗での展開となります) 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル1階 
 

という内容です。
 

古着とものさし展にタイミングを重ね、2階スペースではこちらのイベントが開催されます。


「同時開催」 atelier rei 出張お直し相談室
 

「ゲスト」 atelier rei
 

2015年9月オープン。お洒落を楽しむ大人の人達、洋服を大切に想う人達を対象に、洋服のお直しやメンテナンスを通じて、新たな洋服との関わりを提案。より豊かに楽しむ事ができるアトリエ併設のショップをスタート。現在ではリメイク商品、オリジナルプロダクツも手掛けています。
 

「開催日程」 2017年12月16日(土曜日)
 

「コンセプト」 今、もっとこうだったら…を実現するクリエイティブな玄人向けお直し相談室。着丈や身幅、全体のシルエット調整やディテールの追加等、幅広いご要望に対応致します。現代のファッションシーンの中で、ファッション好きとして避けては通れないワンオフの魅力と、現代的でファッショナブルなカスタマイズのご提案。まさにレディメイドとオーダーメイドの狭間。そんな自由(選択)もファッションにおける楽しみ方の一つ。ぜひ皆さま、着なくなったお洋服を手にご来店下さいませ。


※ お直し例 古着のポリエステル素材・トラックパンツを再構築した一本。前後センタークリース部分で一度カットオフし、膝部分を細く&裾にかけてフレアーする美しいシルエットに調整済み。脇の三本ラインは生かしつつ、フロント裾にはスリット+メッシュ裏地のレイヤードというお湯加減。古着のガチモノを上手くアレンジし、今の時代性にフィットさせたファッショナブルなアプローチに仕上がっています。
 

※ お直し例 古着のスカジャンをアレンジしたショート丈ジップアップブルゾン。思い切った裾10cmカットにて新鮮なビジュアルにアップデート。残したボケット袋のレイヤード感もポイント。また、裾はほつれ止めも兼ねるトリプルステッチ仕様に。段違いになったファスナーテープも◎。ほぼ着丈の調節だけで、スタイリングのビジュアルを一新させるお気軽な提案です。
 

※ 混み合う時間帯もございます。少々お待ち頂くこともありますので、時間にゆとりを持ってご来店下さい。
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 


 


 

という内容です。
 

1階と2階を行き来する新体験をお楽しみ下さいませ。初日、2日目は万全の態勢で臨みますね。
 

では、ご来場をお待ちしております。
 

本日の入荷(2017.07.14)

2017年7月14日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

現在、1階では”古着とものさし展”、2階では”UNUSED Sample Preview”とイベントを重ねて展開中です。ぜひ、この機会にご来店下さいませ。
 

そして明日7月15日(土曜日)より、Sasquatchfabrix. 2017/18 AUTUMN WINTERが立ち上がります。新作秋物商品を駆け足にてご紹介致しますね。
SASQ17SSPOP
「Sasquatchfabrix.」 2017/18 AUTUMN WINTER “ethos”

「Sasquatchfabrix.」 COCOON TWEED JKT/BROWN 税抜き60000yen+税
「Sasquatchfabrix.」 TWEED HAKAMA PANTS/BROWN 税抜き34000yen+税
古着のようなクラシックな雰囲気と美しいドレープ感が特徴となるツィード素材を使用したジャケット。極端に下げたコージライン、丸みのあるシルエットも◎。第一ボタンを閉めて着れば、ピリッと上品に楽しめる一枚。また同素材にて展開される袴風パンツも同時入荷。トップスをインして着用する事を考え、腰ベルト部分は太めにデザインされています。ぜひ、セットアップ着用をご検討下さいませ。
 


「Sasquatchfabrix.」 SHORT LENGTH RIDERS JKT/BLACK 税抜き136000yen+税
牛シブを使用したショート丈のライダースジャケット。基本に忠実なディティール、適度な厚みとしっとりとした質感が印象的。今季は短ランの様な思い切った着丈の短さを活かし、ハイウエストのパンツとの組み合わせを提唱しています。
 


「Sasquatchfabrix.」 SHORT LENGTH MA-1 JKT/COYOTE 税抜き48000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 SHORT LENGTH MA-1 JKT/BLACK 税抜き48000yen+税
ツヤ感のある高密度ツイルナイロンを使用したショート丈のMA-1。基本に忠実なディティール、袖丈は少し長めに設定しパッカリングもしっかりと入る仕様。こちらも同様に、今季は短ランの様な思い切った着丈の短さを活かし、ハイウエストのパンツとの組み合わせを提唱しています。
 


「Sasquatchfabrix.」 ROSE KNIT CARDIGAN/BEIGE 税抜き38000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 ROSE KNIT CARDIGAN/BEIGE BS
シルクのような上品な光沢とカシミヤに似たやわらかな風合い、優しい肌触りに加え毛玉もできにくいという特徴を持つキャッシュウールを使用したカーディガン。ややジャストめのシルエット。バックスタイルに薔薇をインターシャで表現した一枚です。
 


「Sasquatchfabrix.」 IROHA OPEN COLLAR LS SHIRT/BEIGE 税抜き21000yen+税
人間国宝である染色工芸家の芹沢銈介。世界各地の民芸品蒐集家でもある彼が考案したイロハ文様。現代版にイロハ文様をアップデートするにあたり、現代の民芸とも言えるNYで生まれたグラフィティでイロハ文様をSFX流にリデザイン。その柄をネル生地にプリントし出力されたオープンカラー長袖シャツ。
 


「Sasquatchfabrix.」 YOROSHIKU DAMAGE PARKA/BLACK 税抜き18000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 YOROSHIKU DAMAGE PARKA/WHITE 税抜き18000yen+税
ダメージ加工、毛玉加工を施したスウェットパーカー。両サイドには脇下まで大きく開くZIP付き。フロントにはバイク業界でおなじみのロゴをパロった”ヨロシク”がしっかりと刺繍されています。
 


「Sasquatchfabrix.」 IROHA DAMAGE SWEAT/PURPLE 税抜き16000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 IROHA DAMAGE SWEAT/WINE 税抜き16000yen+税
こちらもダメージ加工、毛玉加工を施したクルーネックすスウェット。袖にはグラフィティで”いろはにほへと”を発泡プリント。ボディのディティールがシンプルな分、エッジな配色が効いています。
 


「Sasquatchfabrix.」 MOCKNECK LS CUTSEWN/WHITE 税抜き16000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 MOCKNECK LS CUTSEWN/WINE 税抜き16000yen+税
極限まで毛羽を削ぎ落とした超長綿の60/2天竺を使用したモックネックの長袖TEE。さらりとした生地感とスーパーワイドなシルエットが特徴的。インナー使いでも1枚で着ても絵になる守備範囲の広い一枚に仕上がっています。
 


「Sasquatchfabrix.」 MISHIMA LS TEE/WHITE 税抜き7000yen+税
見たままの強烈なインパクトが特徴となる長袖プリントTEE。背中にもプリント入り。
 


「Sasquatchfabrix.」 BALLON SARROUEL PANTS/BLACK 税抜き36000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 BALLON SARROUEL PANTS/BEIGE 税抜き36000yen+税
タックを無数に入れた極太シルエットが特徴的なパンツ。ドレープが綺麗に出るポリレーヨン生地を使用。股上もかなり深くデザインされ、気持ち良く快適に履いて頂ける一本。裾にはドローコードが入り、裾口のアレンジも楽しめます。
 


「Sasquatchfabrix.」 BAGGY DENIM PANTS/INDIGO BLUE 税抜き28000yen+税
90年代のスケーターを感じさせるバギーシルエットのデニムパンツ。ワンタック入りのバカっと太めシルエット&USED加工を施したインディゴ色の仕上がりも◎。裾丈を伸ばしたかの様なデザインにも注目です。
 


「Sasquatchfabrix.」 YOROSHIKU JET CAP/3色展開 税抜き8000yen+税
ウール生地を使用したジェットキャップ。こちらもバイク業界ではおなじみのロゴをパロった”ヨロシク”が小さく刺繍で入ります。
 


「Sasquatchfabrix.」 FOOTBALL MUFFLER/BLACK 税抜き14000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 FOOTBALL MUFFLER/WINE 税抜き14000yen+税

「Sasquatchfabrix.」 FOOTBALL MUFFLER/ASH CAMEL 税抜き14000yen+税
ソフトな手触りが特徴となるニュージーランドメリノ糸を使用したフットボールマフラー。ジャガード織りで表現された”健康優良不良少年”は相当なインパクト。玄人向けスマッシュヒットの予感です。
 


「Sasquatchfabrix.」 LEATHER GI BELT/5色展開 税抜き9000yen+税
バックルに金メッキを施したGIベルト。牛ベロアを剥ぎ合わせ、約150cmオーバーのロング仕様に。スタイリングと色合わせして垂らして使う事をお勧めしますが、お好きな長さにカットする事も可能です。
 

アフリカ大陸サハラ砂漠西部を中心に生活する遊牧民族・トゥアレグ族が作るプリミティブなジュエリーが入荷致しました。伝統工芸として代々受け継がれたシルバー細工の技術は高く、純度100%に近い柔軟なシルバーを使用し、丁寧に仕上げられています。時代に左右されない洗練されたデザインと手仕事ならではの個体差が特徴です。

「Touareg Silver」 7 Layered Ring 税抜き12500yen+税
重なり合うボリューム感、バラツキを抑える実用性も兼ね備えた繊細なディテールが特徴となる7連リング。 
 


「Touareg Silver」 Letter Opener 税抜き16000yen+税
全体の優れたバランス、手仕事を感じる美しい装飾が特徴となるペーパーナイフ。印象に残る贅沢な逸品です。
 

という内容です。
 

様々なコンテンツが充実しております。ぜひこの機会にご来店下さいませ。
 

イベントのお知らせ(2017.07.13)

2017年7月13日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

明日、7月14日金曜日より”UNUSED 2017/18 AUTUMN WINTER Sample Preview”を開催致します。
 

閉鎖的な空間内で、ゆっくりと秋冬のイメージを膨らませて頂ければ…そんな想いで会場を準備致しました。今後の7月・8月Sample Previewスケジュールも再度ご確認下さいませ。
















「イベント名」 UNUSED 2017/18 AUTUMN WINTER Sample Preview
 

「開催日程」 2017年7月14日(金曜日)〜 2017年7月17日(祝日・月曜日) の4日間
 

※コレクション全体の空気感や世界観、作り手の気持ちをじっくりと感じて頂ける機会になればという企画です。※当店におけるSample Previewとは一足先に2017-18秋冬商品/サンプルを確認して頂けるフィッティングイベントです。※予約等は一切行っておりません。
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 

今後のSample Previewスケジュールは以下の予定で進行しております。スケジュール等に変更が出た場合もこちらのBLOGにてご報告致しますね。では、皆様のスケジュール調整をお願い致します。
 

「7月」
 

7日(金曜日)〜10日(月曜日) URU Sample Preview
 

14日(金曜日)〜17日(祝日・月曜日) UNUSED Sample Preview
 

20日(木曜日)〜24日(月曜日) NEEDLES・AiE Sample Preview
 

「8月」
 

11日(金曜日)〜14日(月曜日) Sasquatchfabrix. Sample Preview
 

18日(金曜日)〜21日(月曜日) midorikawa Sample Preview
 

そして、、、
 

こちらも、7月17日(月曜日・祝日)までの開催となります。



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

「コンセプト」
 

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマとした継続企画展。ほぼ一年振りに東京町田のTREDICIをゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義致します。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、TREDICIも丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「アバンギャルド」なビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって6回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 

「イベント名」 古着とものさし展 / Used Clothing and Values 
 

「ゲスト」 TREDICI 
 

 194-0021 東京都町田市中町1-18-2-3B 電話 042-728-5323 
 

 http://tredici-blog.blogspot.jp/ 
 

「開催日程」 2017年6月24日(土曜日)~ 2017年7月17日(日曜日・祝日) 
 

「開催場所」 UNEVEN GENERAL STORE (今回は1階店舗での展開となります) 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル1階 
 

※ 今回、”ASANO WORKS”による1階店舗・フロント部分内装リニューアルしての展開。今までと違った見え方・充実した内容となっておりますのでお楽しみに。
 

という内容です。
 

では、皆様のご来店をお待ちしております。
 

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 4
  • uneven events