UNEVEN BLOG

イベントのお知らせ(2019.1.11)

2019年1月11日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

皆様、あけましておめでとうございます。2019年も宜しくお願い致します。
 

早速ですが、1月25日(金曜日)からの開催を予定しているイベント告知をさせて頂きます。皆様、スケジュール調整を宜しくお願い致します。




「イベント名」 “Second Touch” MARIEOHIRA
 

「コンセプト」 
 

”思わず、2度触ってしまう靴”
 

現代を反映したスタイル作りの中で、難しさを感じる足元の選択。品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう今日この頃。継続して提案しているMARIEOHIRAのシューズですが、今回も2019SSの流れ・空気感を含んだキーピースをご紹介致します。MARIEOHIRAは工業製品と手仕事の間から生まれるユニセックスシューズブランド。誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒール部分が特徴。今回、新型を含むコンテンツを、素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式でご提案致します。
 

「ゲスト」 MARIEOHIRA・大平麻理恵 
 

武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ科にて靴作りの基礎を学ぶ。その後、ダンスシューズメーカーへ就職。既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学ぶ。2017年に独立。既成の靴に持つ不満を解消できる靴づくりを目指している。
 

「開催日程」 2019年01月25日(金曜日)〜2019年02月04日(月曜日) の11日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階


という内容です。
 

新作の発表&定番商品に対して、素材の選択、カラーの選択が可能な受注会形式という一歩踏み込んだアプローチにてお楽しみ下さい。
 

では、お待ちしております。
 

イベントのお知らせ(2018.12.30)

2018年12月30日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

新年・1月3日木曜日から始まる・2019年・年始イベントの準備が整いました。
 

皆さま、ぜひご来場下さいませ。
 

















「ストーリー」
 

2018年の年始イベントとしてご好評頂いたBijoux Touareg du Saharaに続き、さらに充実させた企画展として2019年の年始イベント・Bijoux Touareg du Sahara 02を開催する運びとなりました。
 

アフリカ大陸北部に位置し世界最大の砂漠であるサハラ砂漠を遊牧しながら生活している青い民トゥアレグ族。彼らの銀細工は伝統工芸として代々受け継がれて来た重要な文化です。ヨーロッパの国々(特にフランス)では、ネイティブジュエリーと言えばトゥアレグシルバーの名が挙がり、フランスを代表するブランドHERMESよりコレクションが発表される等、非常にポピュラーな存在です。また、今回の企画展ではモロッコ原住民族で山岳地帯の遊牧民・ベルベル人の女性達によって織られるベニワレン、マルムーシャと呼ばれる伝統的な絨毯・ラグも展示販売致します。近年ヨーロッパでの評価も高く、ミッドセンチュリーを代表する数々のデザイナー達からも愛された逸品を、冬の自宅・お部屋作りの主役としてご提案致します。
 

「コンセプト」
 

”今日と明日では同じ物は出来ない”
 

現代は厳しく精密に製品管理され、完璧に同じ物が次々と産み出される大量生産・大量消費の時代。しかし、遠くアフリカにて純銀(ほぼ100%に近いシルバー)を使用し、鏨(タガネ)を使って繊細な柄を生み出すトゥアレグ族のプリミティブなアクセサリーや、寒暖差の激しい高地・山岳地帯で羊と共に生活し、沢山の羊毛をグッと目を詰めて丈夫に・丁寧に織り込んだオールドベニワレン、オールドマルムーシャには作り手個々のアイデンティティーを感じることが出来ます。それはひとりの職人が同じ製品を複数製作しても、その時々の気持ちが製品に入り込み、一つ一つの面構えや出来栄えに現れる純粋なクリエーション。今回のイベントでは長年丁寧に取り扱われアンティークとなった銀細工、現代の職人が製作したアクセサリー類、モロッコのオールドラグ類、合わせて約150点が二階フリースペースに集まります。
 

ぜひ、その即興的な出会いをお楽しみ下さい。
 

「イベント名」 Bijoux Touareg du Sahara 02
 

「開催日程」 2019年1月3日(木曜日)〜 2019年1月20日(日曜日)の18日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

2019年の年始イベントという事で、しっかりと企画・調整期間を設けて、準備して参りました。ぜひこの機会にご来場下さいませ。スタッフ一同、お待ちしております。

イベントのお知らせ(2018.12.17)

2018年12月17日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

来年、2019年・年始イベントの告知をさせて頂きます。
 

















「ストーリー」
 

2018年の年始イベントとしてご好評頂いたBijoux Touareg du Saharaに続き、さらに充実させた企画展として2019年の年始イベント・Bijoux Touareg du Sahara 02を開催する運びとなりました。
 

アフリカ大陸北部に位置し世界最大の砂漠であるサハラ砂漠を遊牧しながら生活している青い民トゥアレグ族。彼らの銀細工は伝統工芸として代々受け継がれて来た重要な文化です。ヨーロッパの国々(特にフランス)では、ネイティブジュエリーと言えばトゥアレグシルバーの名が挙がり、フランスを代表するブランドHERMESよりコレクションが発表される等、非常にポピュラーな存在です。また、今回の企画展ではモロッコ原住民族で山岳地帯の遊牧民・ベルベル人の女性達によって織られるベニワレン、マルムーシャと呼ばれる伝統的な絨毯・ラグも展示販売致します。近年ヨーロッパでの評価も高く、ミッドセンチュリーを代表する数々のデザイナー達からも愛された逸品を、冬の自宅・お部屋作りの主役としてご提案致します。
 

「コンセプト」
 

”今日と明日では同じ物は出来ない”
 

現代は厳しく精密に製品管理され、完璧に同じ物が次々と産み出される大量生産・大量消費の時代。しかし、遠くアフリカにて純銀(ほぼ100%に近いシルバー)を使用し、鏨(タガネ)を使って繊細な柄を生み出すトゥアレグ族のプリミティブなアクセサリーや、寒暖差の激しい高地・山岳地帯で羊と共に生活し、沢山の羊毛をグッと目を詰めて丈夫に・丁寧に織り込んだオールドベニワレン、オールドマルムーシャには作り手個々のアイデンティティーを感じることが出来ます。それはひとりの職人が同じ製品を複数製作しても、その時々の気持ちが製品に入り込み、一つ一つの面構えや出来栄えに現れる純粋なクリエーション。今回のイベントでは長年丁寧に取り扱われアンティークとなった銀細工、現代の職人が製作したアクセサリー類、モロッコのオールドラグ類、合わせて約120点が二階フリースペースに集まります。
 

ぜひ、その即興的な出会いをお楽しみ下さい。
 

「イベント名」 Bijoux Touareg du Sahara 02
 

「開催日程」 2019年1月3日(木曜日)〜 2019年1月20日(日曜日)の18日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

2019年の年始イベントという事で、しっかりと企画・調整期間を設けて、準備して参りました。ぜひこの機会にご来場下さいませ。スタッフ一同、お待ちしております。

イベントのお知らせ(2018.12.12)

2018年12月12日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

お待たせ致しております。
 

本日、会場の設営・準備が整いました。明日12月13日木曜日より、”Extension:HELLO TOKAI”がスタート致します。少々タイトな会期となりますが、ぜひご来場下さい。














「イベントコンセプト」
 

灯台下暗し(人は身近なことには案外気がつかないものだというたとえ)
 

継続的に取り組んでいる「地域性」という問題。今回、当社イベント・HELLO TOKAIの拡張版として「Extension : HELLO TOKAI」を開催致します。東海地区を拠点とし、現在進行形でクリエイティブな活動をされているブランド・プロダクツにスポットライトを当てる企画展です。
 

「イベント名」 Extension : HELLO TOKAI
 

「ゲスト」
 

※ TAION EXTRA UTILITY PAERFORMANCE WEAR(Apparel) 愛知県名古屋市 
 

TAIONは2016年にスタートした機能的で品質にこだわったインナーダウンブランド。そのハイエンドラインであるTAION EXTRAは、上質なダウン(ホワイトグース95%フェザー5%の850flp以上)を中材に、表地には超撥水加工素材を、また裏地にはカーボン繊維+静電防止加工素材を使用。脱着式の袖デザインにより3通り(インナーダウンベスト、半袖インナーダウン、インナーダウンジャケット)のスタイルに変化し、様々な環境・状況に適応します。また独自ヒーティングシステム(カーボンシートに微量の電流を流すことにより加熱)の導入により、胸のボタンを押すことでダウン中に搭載されたカーボン製ヒート板が加温し、ダウン内の温度が上昇。三段階の温度調節(60℃、50℃、40℃)も可能なハイテックウェアです。
 





※ ヒーティングシステム商品の特徴 
 

胸元の電源温度調整スイッチで温度調整ができるインナーダウンウェア。スイッチは温度によって色が変化し、目視して希望温度に設定しながら着用できます。熱源であるヒート板は炭素繊維から作られており、放たれる遠赤外線効果により体を暖めます。 ヒーティングシステムは充電バッテリーを本製品のUSBプラグと繋げて作動するシステムです。 ヒーティングシステム動作時間は充電バッテリー容量や設定温度によって変動がございます。 家庭で手洗いも可能。別売りの充電バッテリーが必要になります。(USB出力ポート:出力電圧5V 出力電流2A以上) 
 

「開催日程」 2018年12月13日(木曜日)〜 2018年12月19日(水曜日) の7日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階 




という内容です。
 

今後、一般的なファッションという概念が拡張される過程で、避けては通れないハイテクノロジーとの重なりをご体感下さいませ。
 

では皆様、スケジュールの調整を宜しくお願い致します。
 

イベントのお知らせ(2018.12.01)

2018年12月1日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

本日は、12月13日木曜日より開催を予定しているイベントの告知をさせて頂きます。














「イベントコンセプト」
 

灯台下暗し(人は身近なことには案外気がつかないものだというたとえ)
 

継続的に取り組んでいる「地域性」という問題。今回、当社イベント・HELLO TOKAIの拡張版として「Extension : HELLO TOKAI」を開催致します。東海地区を拠点とし、現在進行形でクリエイティブな活動をされているブランド・プロダクツにスポットライトを当てる企画展です。
 

「イベント名」 Extension : HELLO TOKAI
 

「ゲスト」
 

※ TAION EXTRA UTILITY PAERFORMANCE WEAR(Apparel) 愛知県名古屋市 
 

TAIONは2016年にスタートした機能的で品質にこだわったインナーダウンブランド。そのハイエンドラインであるTAION EXTRAは、上質なダウン(ホワイトグース95%フェザー5%の850flp以上)を中材に、表地には超撥水加工素材を、また裏地にはカーボン繊維+静電防止加工素材を使用。脱着式の袖デザインにより3通り(インナーダウンベスト、半袖インナーダウン、インナーダウンジャケット)のスタイルに変化し、様々な環境・状況に適応します。また独自ヒーティングシステム(カーボンシートに微量の電流を流すことにより加熱)の導入により、胸のボタンを押すことでダウン中に搭載されたカーボン製ヒート板が加温し、ダウン内の温度が上昇。三段階の温度調節(60℃、50℃、40℃)も可能なハイテックウェアです。
 





※ ヒーティングシステム商品の特徴 
 

胸元の電源温度調整スイッチで温度調整ができるインナーダウンウェア。スイッチは温度によって色が変化し、目視して希望温度に設定しながら着用できます。熱源であるヒート板は炭素繊維から作られており、放たれる遠赤外線効果により体を暖めます。 ヒーティングシステムは充電バッテリーを本製品のUSBプラグと繋げて作動するシステムです。 ヒーティングシステム動作時間は充電バッテリー容量や設定温度によって変動がございます。 家庭で手洗いも可能。別売りの充電バッテリーが必要になります。(USB出力ポート:出力電圧5V 出力電流2A以上) 
 

「開催日程」 2018年12月13日(木曜日)〜 2018年12月19日(水曜日) の7日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階 




という内容です。
 

今後、一般的なファッションという概念が拡張される過程で、避けては通れないハイテクノロジーとの重なりをご体感下さいませ。
 

では皆様、スケジュールの調整を宜しくお願い致します。
 

  • UNEVEN
  • BLOG

  • Postmodernist 8
  • uneven events