UNEVEN BLOG

イベントのお知らせ(2020.3.6)

2020年3月6日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

明日、3月7日土曜日より始まるイベント「今日のエディション展」の準備が整いました。
 

やや突き抜け感のある企画・構成となりますが、ぜひファッションとアートを同列にお楽しみ下さい。もちろん、フルクサス ・スピリットもお忘れなく。
 































「コンセプト」
 

“TODAY edition”
 

今日の自分(昨日までの自分に何らかの改良が加えられた状態)
 

今回、TODAY editionのデザイナーでありアーティストでもある川村 貴彦氏のクリエーションを中心に、gallery360°の協力の元、日常と芸術の垣根を取り払った前衛芸術運動・Fluxus (フルクサス)をコンセプトに重ねた企画展を開催する運びとなりました。ファッションとアートを横断するTODAY editionのウェア類、今回のイベント用に製作されたアート作品、フルクサス関連では当時の貴重な印刷物、マルチプルなどを展示・販売致します。難しく考えずに、会場での即興的な出会い・パプニングを純粋に楽しむイヴェント。心をニュートラルな状態にしてご来場下さいませ。
 

「イベント名」 今日のエディション展
 

「ゲスト」
 
川村 貴彦 / Takahiko Kawamura
 

“TODAY edition” Designer / Artist
 

Instagram @todayedition
 

90年代後半よりnepenthes、number nineなど、アパレルにグラフィックを提供。2005年、cystemgallery(旧alleged gallery tokyo)にてアート活動を開始。2014年からはgallery360°を中心に活動中。2017年よりフルクサスの主催者ジョージマチューナス氏の妻ビリーマチューナス氏の許可を得て、フルクサスのグラフィックを使用したアパレルを展開。アートとファッションを楽しむレーベル“TODAY edition”をはじめる契機となった。
 

gallery360°
 

ART IN TO LIFE
 

Instagram @gallery360jp
 

http://360.co.jp/
 

※ Fluxus (フルクサス) 1960年代、グラフィックアーティストであるジョージマチューナスを中心とした芸術運動。ヨーコオノ、ヨーゼフボイス、ジョンケージなど多数の有名無名のアーティストが参加した。
 





















「開催日程」 2020年3月7日(土曜日)〜 2019年3月29日(日曜日) の23日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

改装工事を終えた新2階フリースペースも澄んだ空気感です。ぜひ皆様、スケジュール調整をお願い致します。

イベントのお知らせ(2020.2.24)

2020年2月24日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

来月、3月7日土曜日より始まるイベント「今日のエディション展」の告知をさせて頂きます。
 





















「コンセプト」
 

“TODAY edition”
 

今日の自分(昨日までの自分に何らかの改良が加えられた状態)
 

今回、TODAY editionのデザイナーでありアーティストでもある川村 貴彦氏のクリエーションを中心に、gallery360°の協力の元、日常と芸術の垣根を取り払った前衛芸術運動・Fluxus (フルクサス)をコンセプトに重ねた企画展を開催する運びとなりました。ファッションとアートを横断するTODAY editionのウェア類、今回のイベント用に製作されたアート作品、フルクサス関連では当時の貴重な印刷物、マルチプルなどを展示・販売致します。難しく考えずに、会場での即興的な出会い・パプニングを純粋に楽しむイヴェント。心をニュートラルな状態にしてご来場下さいませ。
 

「イベント名」 今日のエディション展
 

「ゲスト」
 
川村 貴彦 / Takahiko Kawamura
 

“TODAY edition” Designer / Artist
 

Instagram @todayedition
 

90年代後半よりnepenthes、number nineなど、アパレルにグラフィックを提供。2005年、cystemgallery(旧alleged gallery tokyo)にてアート活動を開始。2014年からはgallery360°を中心に活動中。2017年よりフルクサスの主催者ジョージマチューナス氏の妻ビリーマチューナス氏の許可を得て、フルクサスのグラフィックを使用したアパレルを展開。アートとファッションを楽しむレーベル“TODAY edition”をはじめる契機となった。
 

gallery360°
 

ART IN TO LIFE
 

Instagram @gallery360jp
 

http://360.co.jp/
 

※ Fluxus (フルクサス) 1960年代、グラフィックアーティストであるジョージマチューナスを中心とした芸術運動。ヨーコオノ、ヨーゼフボイス、ジョンケージなど多数の有名無名のアーティストが参加した。
 

「開催日程」 2020年3月7日(土曜日)〜 2019年3月29日(日曜日) の23日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

今回のイベントの為に、2階フリースペースを補修・再塗装・新たなカウンター製作し、フォレッシュな空間にて展開致します。ぜひ皆様、スケジュール調整をお願い致します。

イベントのお知らせ(2019.12.30)

2019年12月30日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

新年・1月3日金曜日から始まる・2020年・年始イベントの準備が整いました。
 

皆さま、ぜひご来場下さいませ。
 



















「ストーリー」
 

2018年、2019年の年始イベントとしてご好評頂いたTouareg Silverの企画展。2020年も年始イベントとしてBijoux Touareg du Sahara 03を開催する運びとなりました。
 

アフリカ大陸北部に位置し世界最大の砂漠であるサハラ砂漠を遊牧しながら生活している青い民トゥアレグ族。彼らの銀細工は伝統工芸として代々受け継がれて来た重要な文化です。ヨーロッパの国々(特にフランス)では、ネイティブジュエリーと言えばトゥアレグシルバーの名が挙がり、フランスを代表するブランドHERMESよりコレクションが発表される等、非常にポピュラーな存在です。
 

「コンセプト」
 

”今日と明日では同じ物は出来ない”
 

現代は厳しく精密に製品管理され、完璧に同じ物が次々と産み出される大量生産・大量消費の時代。しかし、遠くアフリカにて純銀(ほぼ100%に近いシルバー)を使用し、鏨(タガネ)を使って繊細な柄を生み出すトゥアレグ族のプリミティブなアクセサリーは作り手個々のアイデンティティーを感じることが出来ます。それはひとりの職人が同じ製品を複数製作しても、その時々の気持ちが製品に入り込み、一つ一つの面構えや出来栄えに現れるピュアなクリエーション。今回のイベントでは長年丁寧に取り扱われアンティークとなった銀細工と現代の職人が製作したアクセサリー、約120点が二階フリースペースに集まります。
 

ぜひ、その即興的な出会いをお楽しみ下さい。
 

















「イベント名」 Bijoux Touareg du Sahara 03
 

「開催日程」 2020年1月3日(金曜日)〜 2019年1月19日(日曜日)の17日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

2020年の年始イベントという事で、しっかりと企画・準備して参りました。ぜひこの機会にご来場下さいませ。スタッフ一同、お待ちしております。

イベントのお知らせ(2019.12.16)

2019年12月16日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

本日、古着とものさし展の追加商品を50点ほど店頭に投入致しました。
 

引き続き、即興的なモノとの対峙をお楽しみ下さい。
 



















「イベントコンセプト」
 

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマとした企画展。東京町田のTREDICIをゲストに迎え、古着の良さと選ぶ楽しみ、見つけた喜び、着こなせた充実感を体感するイベント。新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる事こそが本当の個性だと定義致します。それは「ファッションにおけるヨコ幅の拡張工事」と言えるでしょう。
 

私たちの立ち位置は新品商品を取り扱い、その時代を反映したファッショナブルでコンテンポラリーなファッションを提案する立場。一方、TREDICIも丁寧に古着を扱いながら、ピックされた1つ1つの商品に「なぜ今それを選んだのか?」という意思や思想を感じるものばかり。古着を使用しつつも古さを感じさせない、そして決して懐古主義ではなく前を向いた「アバンギャルド」なビジュアル提案。この部分では2者に大きな違いはなく、重なりを認め合う事で両者にとって9回目となる試み「古着とものさし展」開催の運びとなりました。
 

また、私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントなのかもしれません。
 
「イベント名」 古着とものさし展 (FURUGI TO MONOSASHI Exhibition) 
 

「ゲスト」 TREDICI (Tokyo) 
 

194-0021 東京都町田市中町1-18-2-3B 電話 042-728-5323
 

http://tredici-blog.blogspot.jp/
 

Instagram @tredici.13
 

「開催日程」 2019年11月30日(土曜日)〜 2019年12月22日(日曜日) の23日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

では皆様、再度ご来場をお願い致します。
 

イベントのお知らせ(2019.12.13)

2019年12月13日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

来年、2020年初売り(1月3日金曜日)より開催致します恒例のイベントBijoux Touareg du Sahara 03の告知をさせて頂きます。
 

















「ストーリー」
 

2018年、2019年の年始イベントとしてご好評頂いたTouareg Silverの企画展。2020年も年始イベントとしてBijoux Touareg du Sahara 03を開催する運びとなりました。
 

アフリカ大陸北部に位置し世界最大の砂漠であるサハラ砂漠を遊牧しながら生活している青い民トゥアレグ族。彼らの銀細工は伝統工芸として代々受け継がれて来た重要な文化です。ヨーロッパの国々(特にフランス)では、ネイティブジュエリーと言えばトゥアレグシルバーの名が挙がり、フランスを代表するブランドHERMESよりコレクションが発表される等、非常にポピュラーな存在です。
 

「コンセプト」
 

”今日と明日では同じ物は出来ない”
 

現代は厳しく精密に製品管理され、完璧に同じ物が次々と産み出される大量生産・大量消費の時代。しかし、遠くアフリカにて純銀(ほぼ100%に近いシルバー)を使用し、鏨(タガネ)を使って繊細な柄を生み出すトゥアレグ族のプリミティブなアクセサリーは作り手個々のアイデンティティーを感じることが出来ます。それはひとりの職人が同じ製品を複数製作しても、その時々の気持ちが製品に入り込み、一つ一つの面構えや出来栄えに現れるピュアなクリエーション。今回のイベントでは長年丁寧に取り扱われアンティークとなった銀細工と現代の職人が製作したアクセサリー、約120点が二階フリースペースに集まります。
 

ぜひ、その即興的な出会いをお楽しみ下さい。
 

「イベント名」 Bijoux Touareg du Sahara 03
 

「開催日程」 2020年1月3日(金曜日)〜 2019年1月19日(日曜日)の17日間 
 

「開催場所」 赤座ビル2階奥 フリースペース 
 

460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階




という内容です。
 

2020年の年始イベントという事で、しっかりと企画・準備して参りました。ぜひこの機会にご来場下さいませ。スタッフ一同、お待ちしております。