UNEVEN BLOG

重要なお知らせ(2020.07.06)

2020年7月6日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)



「店舗営業に関する重要なお知らせ」
 

弊社社員研修に伴う臨時休業日につきまして、下記の通りお知らせいたします。
 

※ 休業日 2020年7月8日(水曜日) 
 

ご来店を予定されておりましたお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
 

イベントのお知らせ(2020.07.03)

2020年7月3日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

明日7月4日(土曜日)、7月5日(日曜日)の二日間にて開催致します。
 



「タイトル」 atelier rei 出張お直し相談室
 

「ゲスト」 atelier rei
 

2015年9月オープン。お洒落を楽しむ大人の人達、洋服を大切に想う人達を対象に、洋服のお直しやメンテナンスを通じて、新たな洋服との関わりを提案。より豊かに楽しむ事ができるアトリエ併設のショップをスタート。現在ではリメイク商品、オリジナルプロダクツも手掛けています。
 

「開催日程」 2020年7月4日(土曜日)、7月5日(日曜日)の二日間
 

「コンセプト」 今、もっとこうだったら…を実現するクリエイティブな玄人向けお直し相談室。着丈や身幅、全体のシルエット調整やディテールの追加等、幅広いご要望に対応致します。現代のファッションシーンの中で、ファッション好きとして避けては通れないワンオフの魅力と、現代的でファッショナブルなカスタマイズのご提案。まさにレディメイドとオーダーメイドの狭間。そんな自由(選択)もファッションにおける楽しみ方の一つ。ぜひ皆さま、着なくなったお洋服を手にご来店下さいませ。

※ 過去のお直し例もご確認下さいませ。



着古した長袖プルオーバーを思い切ってスリーブレス・ベストにアレンジ。首元のレッド・パイピングに合わせて袖口も同じパイピング仕様に。肩の落ち方を意識したシルエット調整も。裾のパイピング部分にドローコードを仕込み、新しい着こなしにも挑戦できるフレッシュな一枚に仕上がりました。
 




同じく、着古したスラックスのライトカスタム。裾から高さ15cmまでをコンシールファスナーで開閉可能にした一本。もともと付いていた側章・ラインを上手くアレンジし、比翼仕立てライクな仕様にアップデート。ディティールの収め方は流石。気持ちを一新できる、お気軽な提案です。
 




着古した半袖プリントTEEと長袖プリントTEEをバランス良く組み合わせた一枚。それぞれのプリント位置をポイントに、カットオフ、ダブルステッチ、ロックミシン、三本針を駆使して制作。裾の段差やレザーテープ使いもお好みで。誰もがお持ちのスタンダードなアイテムを上手く組み合わせる事で、フレッシュな一枚に仕上がりました。
 


古着のポリエステル素材・トラックパンツを再構築した一本。前後センタークリース部分で一度カットオフし、膝部分を細く&裾にかけてフレアーする美しいシルエットに調整済み。脇の三本ラインは生かしつつ、フロント裾にはスリット+メッシュ裏地のレイヤードというお湯加減。古着のガチモノを上手くアレンジし、今の時代性にフィットさせたファッショナブルなアプローチに仕上がっています。
 


古着のスカジャンをアレンジしたショート丈ジップアップブルゾン。思い切った裾10cmカットにて新鮮なビジュアルにアップデート。残したボケット袋のレイヤード感もポイント。また、裾はほつれ止めも兼ねるトリプルステッチ仕様に。段違いになったファスナーテープも◎。ほぼ着丈の調節だけで、スタイリングのビジュアルを一新させるお気軽な提案です。
 

※ 混み合う時間帯もございます。少々お待ち頂くこともありますので、時間にゆとりを持ってご来店下さい。
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 


 


 

という内容です。
 

では皆様、スケジュールの調整を宜しくお願い致します。
 

イベントのお知らせ(2020.06.29)

2020年6月29日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

リメイク・カスタマイズファンの皆様、お待たせ致しました。
 

定期的にご提案しているイベント・atelier rei 出張お直し相談室を以下の日程で開催致します。


「タイトル」 atelier rei 出張お直し相談室
 

「ゲスト」 atelier rei
 

2015年9月オープン。お洒落を楽しむ大人の人達、洋服を大切に想う人達を対象に、洋服のお直しやメンテナンスを通じて、新たな洋服との関わりを提案。より豊かに楽しむ事ができるアトリエ併設のショップをスタート。現在ではリメイク商品、オリジナルプロダクツも手掛けています。
 

「開催日程」 2020年7月4日(土曜日)、7月5日(日曜日)の二日間
 

「コンセプト」 今、もっとこうだったら…を実現するクリエイティブな玄人向けお直し相談室。着丈や身幅、全体のシルエット調整やディテールの追加等、幅広いご要望に対応致します。現代のファッションシーンの中で、ファッション好きとして避けては通れないワンオフの魅力と、現代的でファッショナブルなカスタマイズのご提案。まさにレディメイドとオーダーメイドの狭間。そんな自由(選択)もファッションにおける楽しみ方の一つ。ぜひ皆さま、着なくなったお洋服を手にご来店下さいませ。

※ 過去のお直し例もご確認下さいませ。



着古した長袖プルオーバーを思い切ってスリーブレス・ベストにアレンジ。首元のレッド・パイピングに合わせて袖口も同じパイピング仕様に。肩の落ち方を意識したシルエット調整も。裾のパイピング部分にドローコードを仕込み、新しい着こなしにも挑戦できるフレッシュな一枚に仕上がりました。
 




同じく、着古したスラックスのライトカスタム。裾から高さ15cmまでをコンシールファスナーで開閉可能にした一本。もともと付いていた側章・ラインを上手くアレンジし、比翼仕立てライクな仕様にアップデート。ディティールの収め方は流石。気持ちを一新できる、お気軽な提案です。
 




着古した半袖プリントTEEと長袖プリントTEEをバランス良く組み合わせた一枚。それぞれのプリント位置をポイントに、カットオフ、ダブルステッチ、ロックミシン、三本針を駆使して制作。裾の段差やレザーテープ使いもお好みで。誰もがお持ちのスタンダードなアイテムを上手く組み合わせる事で、フレッシュな一枚に仕上がりました。
 


古着のポリエステル素材・トラックパンツを再構築した一本。前後センタークリース部分で一度カットオフし、膝部分を細く&裾にかけてフレアーする美しいシルエットに調整済み。脇の三本ラインは生かしつつ、フロント裾にはスリット+メッシュ裏地のレイヤードというお湯加減。古着のガチモノを上手くアレンジし、今の時代性にフィットさせたファッショナブルなアプローチに仕上がっています。
 


古着のスカジャンをアレンジしたショート丈ジップアップブルゾン。思い切った裾10cmカットにて新鮮なビジュアルにアップデート。残したボケット袋のレイヤード感もポイント。また、裾はほつれ止めも兼ねるトリプルステッチ仕様に。段違いになったファスナーテープも◎。ほぼ着丈の調節だけで、スタイリングのビジュアルを一新させるお気軽な提案です。
 

※ 混み合う時間帯もございます。少々お待ち頂くこともありますので、時間にゆとりを持ってご来店下さい。
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース
 

 460-0008 愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階

 


 


 

という内容です。
 

では皆様、スケジュールの調整を宜しくお願い致します。
 

本日の入荷(2020.6.25)

2020年6月25日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

早速ですが、スポット的に入荷している提案商品をご紹介致します。

「NEW HATTAN」 LEATHER BUCKET HAT/BLACK 税抜き5800yen+税

「NEW HATTAN」 LEATHER BUCKET HAT/BLACK
クラウンは本革、ブリムは合皮にて構成されるバケットハット。ラフなステッチもアメリカ製の愛嬌ということで。薄着で物足りなく感じるこのタイミング、優しいプライスでフレッシュなスタイリングをお楽しみ下さいませ。
 


「OLIVE & PIQUE」 NECK SCARF/WHITE 税抜き1800yen+税

「OLIVE & PIQUE」 NECK SCARF/NAVY 税抜き1800yen+税
シルクライクなポリエステル生地を使用したプリント入りスカーフ(約70cm×約70cm)。正に今な感じのグラフィックを数種チョイス。同じく、薄着で物足りなく感じるこのタイミングのアクセント出しに。手軽なプライスも◎。
 

こちらのイベントも今週末で終了となります。駆け込み歓迎!!
 

※ 新型コロナウイルスの感染防止の為、ソーシャル・ディスタンスの確保(混雑時には入場制限をさせて頂きます)、消毒および清掃の強化を徹底致します。また、お客様にもマスクを着用してのご来店、入室時に消毒のご協力をお願い致します。発熱や咳等の症状があるお客様のご来店は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
 



















「イベント名」 Keep this party going 02
 

「ストーリー」
 

“Loosejoints”のルーツは、90年代以降のカルチャー誌にあります。東京、NY、ロンドン、ベルリンで、多くの刺激的な雑誌とアーティストたちが共にカルチャーを牽引していた時代に生まれました。そして、雑誌の存在価値が問われる今の時代。同じ時代を過ごしてきた大好きなアーティストたちの作品の素晴らしさ、一緒にものを作る楽しさ、所有する喜びを、“Loosejoints”をクリエイティブなプラットフォームとして、また世界に届けたい。Tシャツでも器でも家具でも作品集でも、その形はなんでもいい。今の時代に生まれたアーティストたちも交え、ゆるやかにカルチャーを繋ぎていきたい。Keep this party going !!!
 

「ゲスト」
 

Loosejoints
 

2005年、編集者の佐藤 俊により東京で設立されたクリエイティブ・レーベル兼プラットフォーム。雑誌編集、広告制作、T シャツレーベル、エキシビジョンの企画から、CD、12インチレコードのリリースなど、その時々に応じて制作・発表するメディアを自由自在に横断。突然の小休止(being stoned…)を経て、2019年から復活した実験的なアートプロジェクト。
 

「参加アーティスト」
 

TOMOO GOKITA・MASAYUKI SHIODA・SHIN MURAYAMA・CLAY ARLINGTON・TURTLEHEADS・SUSUMU MUKAI aka ZONGAMIN・YOSHIROTTEN・AD・BLACKEYEPATCH・NICK WAPLINGTON
 

「開催日程」 2020年05月30日(土曜日) 〜 2020年06月28日(月曜日) 30日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース(UNEVEN GENERAL STOREの2階部分)
 





という内容です。
 

去年に引き続き、アーティストモノ・プリントTEEを中心としたキラーコンテンツ。時期的にもベストタイミングで提案出来る事を非常に嬉しく思います。
 

では皆様、ご来店をお待ちしております。

イベントのお知らせ(2020.5.30)

2020年5月30日

Posted by:
uneven

Trackbacks (0)

今日から始まるイベント「Keep this party going 02」の案内をさせて頂きます。
 

※ 新型コロナウイルスの感染防止の為、ソーシャル・ディスタンスの確保(混雑時には入場制限をさせて頂きます)、消毒および清掃の強化を徹底致します。また、お客様にもマスクを着用してのご来店、入室時に消毒のご協力をお願い致します。発熱や咳等の症状があるお客様のご来店は、ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
 



















「イベント名」 Keep this party going 02
 

「ストーリー」
 

“Loosejoints”のルーツは、90年代以降のカルチャー誌にあります。東京、NY、ロンドン、ベルリンで、多くの刺激的な雑誌とアーティストたちが共にカルチャーを牽引していた時代に生まれました。そして、雑誌の存在価値が問われる今の時代。同じ時代を過ごしてきた大好きなアーティストたちの作品の素晴らしさ、一緒にものを作る楽しさ、所有する喜びを、“Loosejoints”をクリエイティブなプラットフォームとして、また世界に届けたい。Tシャツでも器でも家具でも作品集でも、その形はなんでもいい。今の時代に生まれたアーティストたちも交え、ゆるやかにカルチャーを繋ぎていきたい。Keep this party going !!!
 

「ゲスト」
 

Loosejoints
 

2005年、編集者の佐藤 俊により東京で設立されたクリエイティブ・レーベル兼プラットフォーム。雑誌編集、広告制作、T シャツレーベル、エキシビジョンの企画から、CD、12インチレコードのリリースなど、その時々に応じて制作・発表するメディアを自由自在に横断。突然の小休止(being stoned…)を経て、2019年から復活した実験的なアートプロジェクト。
 

「参加アーティスト」
 

TOMOO GOKITA・MASAYUKI SHIODA・SHIN MURAYAMA・CLAY ARLINGTON・TURTLEHEADS・SUSUMU MUKAI aka ZONGAMIN・YOSHIROTTEN・AD・BLACKEYEPATCH・NICK WAPLINGTON
 

「開催日程」 2020年05月30日(土曜日) 〜 2020年06月28日(月曜日) 30日間
 

「開催場所」 赤座ビル2階 フリースペース(UNEVEN GENERAL STOREの2階部分)
 





という内容です。
 

去年に引き続き、アーティストモノ・プリントTEEを中心としたキラーコンテンツ。時期的にもベストタイミングで提案出来る事を非常に嬉しく思います。
 

では皆様、会場にてお会いしましょう。お待ちしております。